昼飯大塚古墳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
昼飯大塚古墳
Round rear part of Hirui-Ōtsuka Tumulus at Ōgaki city.JPG
後円部。右側の草が生えていない部分は「復元ゾーン」として、葺石や埴輪を並べて古墳がつくられた当時の姿を再現している。
所在地 岐阜県大垣市昼飯町字大塚
位置 北緯35度23分15.29秒
東経136度34分17.49秒
座標: 北緯35度23分15.29秒 東経136度34分17.49秒
形状 前方後円墳
規模 全長約150m、後円部径96m、後円部高さ13m、前方部長約50m、前端幅約80m
築造年代 古墳時代前期末
出土品 石釧、玉類、象形埴輪、土器、鉄製刀剣、鉄製農工具など
テンプレートを表示
前方部(後円部より俯瞰)

昼飯大塚古墳(ひるいおおつかこふん)は、岐阜県大垣市昼飯町字大塚にある東海地方最大級の前方後円墳平成12年(2000年)に国の史跡に指定された。

概要[編集]

  • 所在地:岐阜県大垣市昼飯町字大塚
  • 被葬者:不明
  • 築造時期:古墳時代前期末
  • 墳形:前方後円墳葺石埴輪あり)
  • 規模:全長約150m、後円部径96m、後円部高さ13m、前方部長約50m、前端幅約80m
  • 埋葬部:同一墓壙内に三棺を埋葬する。
  • 出土遺物:明治12~13年(1878年~1879年)頃に盗掘にあう。
    • 石釧(滑石製・緑色凝灰岩製)
    • 石製模造品(坩・刀子・斧)
    • 玉類(滑石製臼玉・勾玉管玉・算盤玉・棗玉・ガラス玉)
    • 象形埴輪(家型埴輪・盾型埴輪・蓋(きぬがさ)型埴輪・甲冑型埴輪)
    • 土器(供献土器)
    • 鉄製刀剣(刀・剣・鎌・斧・柄付縦斧・柄付横斧・蕨手刀子・刀子)
    • 鉄製農工具

2014年に、既指定地の北西側の周濠跡が国の史跡に追加指定された。[1]

出典[編集]

  • 大垣市文化財調査報告書 第41集 大垣の古墳時代(2003年 大垣市教育委員会)

脚注[編集]

関連項目[編集]