昭憲皇太后基金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
昭憲皇太后

昭憲皇太后基金(しょうけんこうたいごうききん)(: Empress Shoken Fund)は国際赤十字基金

解説[編集]

1912年(明治45年)、アメリカ合衆国ワシントンD.C.にて開催された第9回赤十字国際会議において、昭憲皇太后が国際赤十字に下賜した10万円(現在の3億5000万円に相当)を元に創設された。

第1回から第100回までの配分総額は約11億240万円であり、2015年(平成27年)3月31日時点の基金総額は約18億5730万円(1500万スイスフラン)。

1944年(昭和19年)を除き、1921年(大正10年)から現在に至るまで毎年、昭憲皇太后の命日である4月11日に基金の利子が世界各国の赤十字社と赤新月社に配分され、これまで世界161ヵ国の国や地域の災害感染症に苦しむ人々の救済や福祉の増進、防災病気の予防などの活動に充てられてきた。

その後も貞明皇后香淳皇后、また上皇后美智子からの下賜金、または日本赤十字社の資金協力などもあり、様々な形で基金が増額されている。

100周年を迎えるに当たり、明仁天皇と美智子皇后からの下賜金、明治神宮明治神宮崇敬会からは1000万円の寄付があった。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]