昭和62年台風第5号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
台風第5号(Thelma・セルマ)
カテゴリー4の スーパー・タイフーンSSHWS
台風5号
台風5号
発生期間 1987/07/09 6:00 (UTC) - 07/16 6:00 (UTC)
寿命 7日間
最低気圧 915 hPa
最大風速
(日気象庁解析)
100 knots
被害総額  
平均速度 25.5 km/h
移動距離 4,286 km
上陸地点 朝鮮半島
死傷者数 死者138人
被害地域 フィリピン・韓国・日本
プロジェクト : 気象と気候災害
テンプレートを表示

昭和62年台風第5号(しょうわ62ねんたいふうだい5ごう、国際名:Thelma)は、1987年7月に朝鮮半島に上陸した台風である。

概要[編集]

進路図

1987年7月7日にトラック島の北の海上で発生した台風5号は、しばらく西進したのち進路を北に転じ、14日に宮古島の西北西30kmの海上に達した。その後も東シナ海を北上して、15日には朝鮮半島に上陸し、16日に日本海温帯低気圧へと変わって、東北東へ引き続き進んだ[1]

なお、この台風の国際名は「セルマ(Thelma)」であるが、フィリピン大気地球物理天文局(PAGASA)は、フィリピン名「カトリング(Katring)」と命名している。

被害[編集]

この台風の接近により、日本付近に停滞していた梅雨前線が刺激されて活動が活発となり[2]、全国各地で大雨となった。日本だけでも、この台風によって死者・行方不明者9人、負傷者24人の人的被害に加え[3]、全壊・流失14棟、半壊・一部破損37棟、床上浸水242棟、床下浸水3184棟などの被害が発生している[2]。被害総額は155億円に達した[3]。台風が上陸した韓国をはじめ、一時的に台風が接近したフィリピンなどでも台風による大きな被害が発生し、特に韓国国内での被害は甚大であった。死者の数は合計で138人に達し、近年に韓国を襲った台風の中では最悪の被害を出した台風の1つであるといわれる。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 令和元年台風第5号と類似した経路の過去の台風”. mizu.bosai.go.jp. 水土砂防災研究部門. 2020年4月23日閲覧。
  2. ^ a b 水害と治水事業の沿革”. 国土交通省. 2020年4月23日閲覧。
  3. ^ a b デジタル台風:台風198705号 (THELMA) - 災害情報”. agora.ex.nii.ac.jp. 2020年4月23日閲覧。

外部リンク[編集]