昭和通り (福岡市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
昭和通り (福岡県)から転送)
移動先: 案内検索
天神付近

昭和通り(しょうわどおり)は、福岡県福岡市博多区石堂大橋交差点から中央区荒戸交差点までの市道博多姪浜線3.4kmに付けられた福岡市道路愛称である。

概要[編集]

福岡市中心部を東西に貫く大通りであり、市内でも有数の広さを誇る通りである。名前の由来は、終戦直後の復興土地区画整理事業で整備された道路で、昭和にできた代表的な道路であることからつけられたもので、1969年の福岡市制施行80周年を記念した道路愛称事業により制定された。かつては、天神付近での道路幅員から「50m道路」とも呼ばれていた。

車線数は片側3車線で、天神橋口交差点付近は片側4車線である。荒戸交差点は明治通りの西新方面と連続しているような交差点となっているため、明治通りを西新方面から直進するとそのまま昭和通りに入る。

地理[編集]

通過する自治体[編集]

福岡県福岡市

  • 博多区
  • 中央区

交差する道路[編集]

交差する道路
北←〈昭和通り〉→南
交差する場所
国道3号 石堂大橋 博多区
福岡高速環状線呉服町出入口
大博通り
県道44号博多港線
蔵本
県道554号須崎天神線 西中島橋西詰 中央区
渡辺通り
県道602号後野福岡線
天神橋口
親富孝通り 天神西通り方面[1] 舞鶴1丁目
大正通り 法務局前
- 明治通り 荒戸
明治通り姪浜西新方面

周辺[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 天神西通りの起点は一本南の通りである明治通りとの交差点(天神西交差点)。