昭和大学病院附属東病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 昭和大学病院附属東病院
昭和大学病院附属東病院外観
情報
英語名称 Showa University East Hospital
前身 昭和大学病院(東病棟)
標榜診療科 糖尿病・代謝・内分泌内科、リウマチ・膠原病内科、神経内科、眼科、皮膚科、麻酔科、精神・神経科、外科
許可病床数

199床


一般病床:199床
開設者 学校法人昭和大学
管理者 河村満(院長)
開設年月日 1999年4月1日
所在地
142-0054
東京都品川区西中延2-14-19
位置 北緯35度36分35秒
東経139度42分20秒
二次医療圏 区南部
PJ 医療機関
テンプレートを表示

昭和大学病院附属東病院(しょうわだいがくびょういんふぞくひがしびょういん)は、昭和大学が設置している8つの附属病院の一つである。

沿革[編集]

当初は昭和大学病院の東病棟として設置されていたが、分離する形で、1999年4月1日に開院。 事実上は昭和大学病院本院の東棟の位置付けであるが、中原街道をはさみ一定の距離があるので法律の要請で別病院となっている。

診療科[編集]

保険医療機関、公費負担医療機関及びその他の病院の種類[編集]

  • 保険医療機関
  • 労災保険指定医療機関
  • 指定自立支援医療機関(更生医療・育成医療・精神通院医療)
  • 身体障害者福祉法指定医の配置されている医療機関
  • 精神保健指定医の配置されている医療機関
  • 生活保護法指定医療機関
  • 公害医療機関
  • 臨床研修指定病院
  • 特定疾患治療研究事業委託医療機関
  • DPC対象病院

アクセス[編集]

外部リンク[編集]