春風亭栄枝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

春風亭 栄枝(しゅんぷうてい えいし)は江戸東京落語家名跡。代数や詳細が不明な点が多い。現在は空き名跡。


七代目 春風亭しゅんぷうてい 栄枝えいし
Shumpùtei Eishi the 7th
七代目 春風亭(しゅんぷうてい) 栄枝(えいし) Shumpùtei Eishi the 7th
中陰光琳蔦(画像は中陰蔦)は、林家彦六一門の定紋である。
本名 天津あまつ ただし
生年月日 1938年9月16日
没年月日 (2022-02-09) 2022年2月9日(83歳没)
出身地 日本の旗 日本東京府東京市豊島区西巣鴨
死没地 日本の旗 日本東京都
師匠 八代目春風亭柳枝
林家彦六
弟子 春風亭百栄
名跡 1. 春風亭枝二
(1957年 - 1959年)
2. 林家枝二
(1959年 - 1983年)
3. 七代目春風亭栄枝
(1983年 - 2022年)
出囃子 吉原雀
活動期間 1957年 - 2022年
配偶者 あり
所属 落語協会

七代目 春風亭 栄枝1938年9月16日 - 2022年2月9日)は、東京都豊島区出身の落語家落語協会所属。本名∶天津 征出囃子は『吉原雀』。

経歴[編集]

1957年3月に京華高等学校卒業後、1957年10月に八代目春風亭柳枝に入門。前座名は「枝二(えたじ)」。1959年10月、師匠柳枝死去。1959年12月に柳枝が死去したため八代目林家正蔵一門に移籍。「林家枝二」と亭号を改める。

1960年8月に二ツ目昇進。

1973年3月に三升家勝彌橘家圓平三遊亭さん生三代目吉原朝馬柳家小のぶ柳家かゑる三升家勝二桂小益柳家さん吉の十名で真打昇進。1982年1月に師匠彦六が死去。1982年2月、『笑点』(日本テレビ)の師匠彦六追悼特集に、兄弟子二代目橘家文蔵、弟弟子初代林家木久蔵(現:林家木久扇)林家九蔵(現:三遊亭好楽)と共に出演。

1983年7月に七代目春風亭栄枝襲名。

1999年4月に『TXNニュースワイド 夕方いちばん 〜金曜かわら版〜』(テレビ東京)にコメンテーターとしてレギュラー出演。1999年10月、『TXNニュースアイ 〜春風亭栄枝の金曜かわら版〜』(テレビ東京)にレギュラー出演。政治・経済・事件などをテーマに、毎週、世相を斬る狂歌を披露。2000年1月に『TXNニュースアイ 〜春風亭栄枝の狂歌でガツン!〜』とタイトルを変えてレギュラー出演。小泉純一郎田中眞紀子鳩山由紀夫土井たか子ほか多くの政治家や著名人への単独インタビュー取材を行う。

2022年2月9日午後5時25分、急性腎障害のため東京都内の病院で死去[1][2][3][4]。83歳没。

芸歴[編集]

人物[編集]

趣味ロックポップミュージックジャズにも造詣が深い。

逸話[編集]

弟子入りに親を呼んで来いと言われた時に、師匠の前で学校の校長をしていた父親が「落語家風情…」と言ってしまい、後で師匠に笑われたという。

師匠彦六の怪談噺を怖がらない子供達を見て、寄席にハードロックのKISSを呼ぼうとしたが未遂に終わった。若手の頃、花見の席でベイ・シティ・ローラーズの『サタデー・ナイト』を延々とかけていた。

枝二時代は稲荷町の正蔵宅の水撒きが当番。夕立のあとにも水を撒いたという。

新婚旅行で永平寺に出かけ、妻にいいところを見せたくて勝手に鐘を鳴らしたら、たくさんの住職に連れて行かれ3日間お寺の牢に幽閉された[5]

著書[編集]

弟子[編集]

出典[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 春風亭栄枝 訃報”. 落語協会 (2022年2月16日). 2022年2月16日閲覧。
  2. ^ 落語家・春風亭栄枝さんが死去 83歳 「蜀山人狂歌ばなし」」『朝日新聞DIGITAL』、2022年2月16日。2022年2月16日閲覧。
  3. ^ 落語家、春風亭栄枝さん死去 83歳」『サンスポ』、2022年2月16日。2022年2月16日閲覧。
  4. ^ 落語家の春風亭栄枝氏が死去」『産経ニュース』、2022年2月16日。2022年2月16日閲覧。
  5. ^ https://twitter.com/jackcoke21/status/1493877483661578244” (日本語). Twitter. 2022年2月16日閲覧。

外部リンク[編集]