春風亭柳橋 (8代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
八代目 春風亭しゅんぷうてい 柳橋りゅうきょう
八代目 春風亭(しゅんぷうてい) 柳橋(りゅうきょう)
本名 竹内たけうち 秀男ひでお
生年月日 (1956-05-30) 1956年5月30日(66歳)
出身地 日本の旗 日本茨城県古河市
師匠 七代目春風亭柳橋
弟子 八代目春風亭柏枝
春風亭橋蔵
春風亭弁橋
春風亭かけ橋
名跡 1. 春風亭べん橋
(1982年 - 1986年)
2. 春風亭柏枝
(1986年 - 2008年)
3. 八代目春風亭柳橋
(2008年 - )
出囃子 せり
所属 落語芸術協会
公式サイト 春風亭柳橋 ホームページ
備考
落語芸術協会副会長(2019年6月 - )
栃木市ふるさと大使[1]
いばらき大使
野木町観光大使
古河大使

八代目 春風亭 柳橋(しゅんぷうてい りゅうきょう、1956年5月30日 - )は、茨城県古河市出身・在住の落語家落語芸術協会副会長。本名:竹内 秀男

経歴[編集]

古河市立第三小学校、古河市立第二中学校、栃木県立栃木高等学校東京経済大学経営学部卒業。落語研究会に所属し落語家の道を志し、七代目春風亭柳橋の門を叩くが断られ[2]、一部上場企業で2年間サラリーマンを経験する。1982年5月、七代目春風亭柳橋に入門を許され、春風亭べん橋で初高座。

1986年9月に二ツ目に昇進し、柏枝に改名。

1994年5月、三遊亭右左喜三遊亭遊吉三遊亭とん馬と共に真打に昇進。

2008年9月21日八代目春風亭柳橋を襲名。口上披露はNHK「お好み寄席~花の落語家六人衆~」2008年9月2日放送分(柏枝はこの番組のレギュラー出演者)で行われた。2008年11月16日放送の日本テレビ系「笑点」の演芸コーナーで、「桃太郎」を披露。2009年NHKドラマ白洲次郎で大師匠六代目春風亭柳橋の役を演じた。2011年より東京経済大学コミュニケーション学部客員教授として「日本語ワークショップ」などの授業を担当する[3]

2014年より、落語芸術協会会員によって構成された落語家デキシーバンド「にゅうおいらんず」に加入した。

2019年6月より、落語芸術協会副会長に就任。同時に会長となった春風亭昇太はほぼ同期にあたる。

芸歴[編集]

人物[編集]

同じ落語芸術協会に所属する九代目三笑亭可楽門下の三笑亭可風は、柳橋の姪と結婚した[4]ため、柳橋の姻戚にあたる。

出演[編集]

ラジオ[編集]

テレビ[編集]

弟子[編集]

真打[編集]

二ツ目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 栃木市ふるさと大使の紹介 春風亭柳橋 様(しゅんぷうていりゅうきょう)”. 栃木市 (2020年12月23日). 2021年2月3日閲覧。
  2. ^ 古河市が生んだ落語家/八代目春風亭柳橋と申します”. いばナビ. 2019年8月31日閲覧。
  3. ^ “2011年度 新任教職員紹介” (PDF). 父母の会ニュース (東京経済大学父母の会) (101): p. 5. (2011年5月1日). http://www.tku.ac.jp/fubo/101-fubo_news.pdf 2012年3月29日閲覧。 
  4. ^ sakura(@sakura34035040) (2017年10月22日). “今日は柳橋の姪(二女)の結婚式です”. twitter. 2019年6月15日閲覧。 “お相手は可楽師匠の御弟子さん、可風師匠で~す”
  5. ^ 佐藤友美, ed (2019年1月1日). 東都寄席演芸家年鑑. 東京かわら版. p. 152 

外部リンク[編集]