春風亭柳朝 (3代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
3代目 春風亭 柳朝しゅんぷうてい りゅうちょう
本名 下村 庄太郎
生年月日 1852年1月25日
没年月日 不詳年
出身地 日本の旗 日本
師匠 桜川芝孝
初代三遊亭圓馬
初代談洲楼燕枝
3代目春風亭柳枝
三遊亭圓朝
初代三遊亭圓遊
名跡 1. 桜川芝橋
2. 三遊亭春馬
3. 春風亭傳枝
4. 春亭燕柳
5. 春風亭右柳
6. 初代桃多楼團語
7. 三遊亭圓玉
8. 三遊亭紫遊
9. 6代目土橋亭里う馬
10. 3代目春風亭柳朝
活動内容 幇間
落語
所属 三遊派
柳派

3代目春風亭 柳朝(しゅんぷうてい りゅうちょう、1852年1月25日 - 大正末期頃)は落語家。本名:下村庄太郎。

芝口一丁目(現在の新橋一丁目)に駕籠屋があってその名が「初音屋」でそこの長男として生まれた。 若年から遊芸を好み年を取るにしたがって度が越し、天狗連で落とし噺で人気者になっていた。

後、幇間に転じ桜川芝孝(飯塚惣七、後に3代目春風亭柳枝の身内で春風亭枝好)の弟子になり芝橋を名乗った。その後噺家になり初代三遊亭圓馬の門で三遊亭?春馬を皮切りに初代談洲楼燕枝の門で春風亭?柳亭?伝枝(傳枝)1879年1月に春亭燕柳3代目春風亭柳枝の門で右柳、明治20年代中ごろに三遊派に出向き三遊亭圓朝の門で初代桃多楼團語三遊亭圓玉となった後初代三遊亭圓遊(ステテコの圓遊)の門で紫遊となり1895年1月に6代目土橋亭里う馬となった。また柳派に戻り1899年5月に3代目春風亭柳朝を襲名。芝居噺を得意とし道具仕立てで演じている。俗に出身の家業から「初音屋柳朝」と呼ばれた。

弟子には5代目三升家小勝、柳朝を継いだ4代目柳家つばめがいる。

落語研究会昔噺洗濯会」発起人の一人で後進の指導に力を注いだ。

息が長い噺家で大正末頃まで消息があるが没年は定かでない。

関連項目[編集]

参考文献[編集]