春風一刀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
春風はるかぜ 一刀いっとう
.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}春風(はるかぜ) .mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}一刀(いっとう)
春風一刀定紋のひとつ「沢瀉」
本名 おび 将也まさや
生年月日 (1987-12-17) 1987年12月17日(33歳)
出身地 日本の旗 日本東京都世田谷区[1]
師匠 春風亭一朝
名跡 1.春風亭朝太郎
(2014年 - 2017年)
2.春風一刀
(2017年 - )
出囃子 江戸独楽
活動期間 2013年 -
所属 落語協会
公式サイト 春風一刀ブログ

春風 一刀(はるかぜ いっとう、1987年12月17日 - )は、落語協会所属[1]春風亭一朝門下の落語家[1]。本名∶帯 将也

経歴[編集]

2013年4月春風亭一朝に入門[1]2014年8月に前座となる。前座名は「朝太郎[1]。寄席での初高座は8月4日鈴本演芸場夜席、六代目柳亭左龍の主任興行で「子ほめ」。

2017年11月1日林家たま平と共に二ツ目昇進、「春風一刀」と改名[1]

芸歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]