エトランゼシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
春風のエトランゼから転送)

エトランゼシリーズ』とは紀伊カンナによる日本のBL漫画。祥伝社発行の「onBLUE comics」にて連載されている。このページでは『海辺のエトランゼ』、及びその続編である「春風のエトランゼ」について説明する。2020年8月現在既刊4巻。キャッチコピーは「心が洗われるようなボーイズラブ」。

概要[編集]

当初本作品は1話限りの読み切りとして掲載された[1]

予想以上の反響により、定期連載されることになった。「全国書店員が選んだおすすめBLコミック2015」で5位もランクイン[2]

あらすじ[編集]

海辺のエトランゼ[編集]

小説家の卵でゲイの橋本駿と、物憂げに過ごす高校生・知花実央。3年前、2人は沖縄の離島の海辺で出会い、日に日に距離を縮めるが、実央が島を離れることに。そして3年後、島に戻ってきた実央は「3年考えた。男でも駿が好き」と迫る。しかし駿はいざ実央と恋人同士に、となると一歩を踏み出せなくて…。

春風のエトランゼ[編集]

小説家の駿は沖縄の離島を離れ故郷・北海道へ向かっていた。 島で出会った年下の恋人・実央を連れて。かつて、幼なじみとの結婚式をゲイだと言って逃げ出して以来、駿は実家とは絶縁状態でいたが、父親が病気と聞き、一度帰ることにした。 迷惑をかけた実家に男の恋人。駿にとっては気まずい帰省だったが、親を亡くした実央には――。

登場人物[編集]

橋本 駿(はしもと しゅん)
声 - 村田太志[3]
27歳、小説家の卵でありゲイ
挙式の最中に婚約者・両親の前で「自分はゲイで男が好き」と言い出し北海道の実家を飛び出し、その後東京を転々とするが遠縁の叔母の家がある沖縄の離島に住み着くことになる。
過去にゲイである事を友達に拒絶された過去があり、実央と出会うまでそれがトラウマになっていた。
知花 実央(ちばな みお)
声 - 松岡禎丞[3]
20歳、フリーター
高校生の頃に両親を亡くし親戚の家に引き取られるもショックから立ち直れずにいてたが、海辺でベンチに座って海を見ている時ふと駿に声をかけられる。それがきっかけで二人は距離を縮めていくが本島の施設に預けられることがきっかけで島を3年離れることになるが、駿と最後の夜に「必ず電話する」と約束して戻ってきた。
桜子(さくらこ)
声 - 嶋村侑[3]
駿とは幼馴染に当たり、彼が故郷を離れてからは連絡を取り合わなかった。とある日に離島にて彼と実央の前に登場する。
絵理(えり)
声 - 伊藤かな恵[3]
鈴(すず)
声 - 仲谷明香[3]
おばちゃん
声 - 佐藤はな[3]

劇場版アニメ[編集]

海辺のエトランゼ
監督 大橋明代
脚本 大橋明代
原作 紀伊カンナ
出演者 橋本駿役/村田太志、知花実央役/松岡禎丞
音楽 窪田ミナ
主題歌 MONO NO AWARE「ゾッコン」
製作会社 海辺のエトランゼ製作委員会
配給 松竹ODS事業室
公開 日本の旗 2020年9月11日
中華民国の旗 2020年11月13日[4]
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2020年9月11日に『海辺のエトランゼ』が公開された[5]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

「ゾッコン」[3]
MONO NO AWARE(SPACE SHOWER MUSIC)による主題歌。

書誌情報[編集]

海辺のエトランゼ
  1. 2014年7月25日発売、ISBN 978-4-396-78348-8
春風のエトランゼ
  1. 2015年7月25日発売、ISBN 978-4-396-78364-8
  2. 2016年7月25日発売、ISBN 978-4-396-78388-4
  3. 2017年7月25日発売、ISBN 978-4-396-78420-1
  4. 2020年8月25日発売、ISBN 978-4-396-78504-8

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 海辺のエトランゼ、巻末作者コメントより
  2. ^ onBLUE編集部公式ツイッターより https://twitter.com/onblue_ed/status/629734958236471296
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y CAST-STAFF”. 映画『海辺のエトランゼ』公式サイト. 2020年8月26日閲覧。
  4. ^ "11/13【海邊的異邦人】台灣版官方正式預告|全台動漫迷引頸期盼 💘 清新浪漫神作登上大銀幕"。國際采昌、2020年10月28日公開。2021年4月23日閲覧。
  5. ^ 「海辺のエトランゼ」村田太志、松岡禎丞らキャストコメント到着、入場者特典も決定”. 映画ナタリー. ナターシャ (2020年8月25日). 2020年8月26日閲覧。

外部リンク[編集]