桂伸衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
春雨や雷太から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
かつら 伸衛門しんえもん
.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}桂(かつら) .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}伸衛門(しんえもん)
結三柏は、桂文治一門の定紋である。
本名 宮尾みやお たかし
生年月日 (1983-02-10) 1983年2月10日(38歳)
出身地 日本の旗 日本千葉県習志野市
師匠 春雨や雷蔵
3代目桂伸治
名跡 1. 春雨や雷太
(2006年 - 2016年)
2. 桂伸三
(2016年 - 2020年)
3. 桂伸衛門
(2020年 - )
出囃子 玉桂たまかづら
活動期間 2006年 -
活動内容 落語家
所属 落語芸術協会
公式サイト 桂伸衛門オフィシャルサイト
受賞歴
2014年 第13回さがみはら若手落語家選手権本選会出場
2014年 高円寺エトアール寄席 二ツ目芸人グランプリ優勝
2018年 第17回さがみはら若手落語家選手権優勝

桂 伸衛門(かつら しんえもん、1983年2月10日 - )は、日本落語家。本名は宮尾みやお たかし。公益社団法人落語芸術協会所属の真打。

来歴・人物[編集]

千葉県習志野市出身。千葉県立検見川高等学校國學院大學文学部卒業[1]。落語芸術協会二ツ目ユニット「成金」メンバー。出囃子は乗合船。趣味はお節介。

2006年4代目春雨や雷蔵に入門、前座名は、春雨や雷太(はるさめや らいた)。2010年二つ目に昇進。2016年3月、春雨や雷蔵門下から桂伸治門下に移籍し桂伸三(かつら しんざ)となる[2]。本人によれば、「移籍」は「破門」ではなく雷蔵の意向によるものである[3]2020年5月に昔昔亭A太郎瀧川鯉八とともに真打昇進、桂伸衛門を名乗る。同月から予定されていた真打ち昇進披露興行は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、10月中席に延期となった[4]

なお、両親が熊本県八代市の出身であるため、自分の故郷は熊本の八代市だと述べている[5]2011年にはTVドラマ『デカワンコ』に出演した。2014年、第13回さがみはら若手落語家選手権本選会出場。同年、高円寺エトアール寄席二ツ目芸人グランプリで優勝する[6]2018年、第17回さがみはら若手落語家選手権優勝。

略歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 桂伸三さん インタビュー(ミッドナイトよせ太郎)”. 2018年5月18日閲覧。
  2. ^ 桂伸三(落語芸術協会)”. 2016年3月12日閲覧。
  3. ^ 2016年3月8日放送の寄席チャンネル「嗚呼、成金の壁」にて本人談
  4. ^ “昔昔亭A太郎らの真打ち昇進披露興行が秋以降に延期 新型コロナ感染拡大で”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2020年4月6日). https://www.sanspo.com/geino/news/20200406/geo20040623030037-n1.html 2020年4月7日閲覧。 
  5. ^ 落語家 春雨や雷太さん (PDF)”. 八代市役所(広報) (2013年9月1日). 2015年12月25日閲覧。
  6. ^ 春雨や雷太(落語芸術協会)”. 2015年12月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]