春記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

春記(しゅんき)は、平安時代公卿藤原資房日記。別名『野房記』。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 増補史料大成刊行会編『増補史料大成 7』臨川書店、1965年。
  • 赤木志津子「藤原資房とその時代」(『日本歴史』116・117号、1958年)。
  • 加納重文「藤原資房ー『春記管見』-」(『古代文化』28巻3・4号、1976年)。
  • 河北 騰「藤原資房と『春記』小考」(『独協大学教養諸学研究』21号、1986年)。
  • 近藤好和「春記」(『古記録と日記』上巻、思文閣出版、1993年)。
  • 角田文衛「藤原資房の『春記』」(『王朝文化の諸相』、法藏館、1984年)。
  • 木本好信・大島幸雄「藤原資房『春記』人名索引」(『京都産業大学日本文化研究所紀要』9号、2004年)。
  • 木本好信「『春記』総索引稿-地名・官位・典籍名・年月日・寺社名編-」(『史聚』20号、1985年)。