春田真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
はるた まこと
春田 真
生誕 (1969-01-05) 1969年1月5日(49歳)
日本の旗 日本大阪府奈良県育ち)
国籍 日本の旗 日本
出身校 京都大学法学部
職業 実業家
活動期間 2002年 -

春田 真(はるた まこと、1969年(昭和44年)1月5日 - )は、日本実業家ディー・エヌ・エー(DeNA)前取締役会長。プロ野球横浜DeNAベイスターズオーナー。betaCatalyst代表取締役[1]

来歴・人物[編集]

大阪府出身で奈良県で育つ。少年時代はファンクラブに入るほどの近鉄バファローズファンだった[2]奈良県立奈良高等学校卒業。1988年(昭和63年)京都大学法学部入学。同卒業後、1992年(平成4年)に住友銀行に入行。四条支店勤務などを経験。

2000年(平成12年)2月に住友銀行を退職し、IT企業のディー・エヌ・エー(DeNA)へ転職。同年9月に同社取締役に就任。DeNAでは主に企画管理部門の責任者を務める。2008年(平成20年)7月に常務取締役に就任(総合企画部長兼任)。2009年(平成21年)4月に執行役員最高財務責任者となる。

2011年(平成23年)6月、DeNA創業者の南場智子が経営の第一線を退いた際に、DeNA取締役会長(執行役員)に就任。

2011年12月2日、横浜DeNAベイスターズの誕生と同時にオーナーに就任[3]

2015年1月16日、同年6月に取締役会長からの退任予定と、創業者の南場智子に球団オーナー職を引き継いだ事を横浜市の球団事務所で発表した[4]。取締役会長退任と同時に同社を離れた。

2015年4月、ベータカタリスト設立。遠隔診療プラットホームであるMediplatおよび人工知能のコア技術を持つExaintelligenceを共同設立。

著書[編集]

  • 『黒子の流儀 DeNA 不格好経営の舞台裏』(中経出版、2015年4月12日)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]