春本富士夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
春本泰男から転送)
Jump to navigation Jump to search
はるもと ふじお
春本 富士夫
本名 井上 喜吉(いのうえ よしきち)
別名義 市川 小蝦(いちかわ こえび)
井上 潔(いのうえ きよし)
マキノ 潔(まきの きよし)
春本 喜好(はるもと きよし)
春本 泰男(はるもと やすお)
生年月日 (1912-06-02) 1912年6月2日
没年月日 (2001-02-19) 2001年2月19日(88歳没)
出生地 日本の旗 日本 大阪府大阪市
職業 俳優
ジャンル 新派劇映画時代劇現代劇剣戟映画サイレント映画トーキー
活動期間 1910年代 - 1990年代
著名な家族 六代目尾上松助(長男)
大谷桂三(三男)
二代目尾上松也(孫)
春本由香(孫)

春本 富士夫(はるもと ふじお、1912年6月2日 - 2001年2月19日)は、日本の新派俳優。本名は井上 喜吉(いのうえ よしきち)。子役時代は市川 小蝦(いちかわ こえび)、井上 潔(いのうえ きよし)、青年時代はマキノ 潔(まきの きよし)、のちに春本 喜好(はるもと きよし)[1]春本 富士夫(はるもと ふじお)、春本 泰男(はるもと やすお)と改名を重ねた。

大阪府大阪市出身。新派の名脇役で、子役時代から120本以上の映画に出演し映画俳優としても活躍した。子に六代目尾上松助大谷桂三が、孫に二代目尾上松也春本由香がいる。

来歴[編集]

1912年(明治45年)6月2日大阪市に生まれる。幼くして市川蝦四郎に入門、子役として初舞台を踏む。1920年(大正9年)9月、市川姉蔵とともに、8歳で日活関西撮影所に入社、「市川小蝦」を名乗る[1]

当時の関西撮影所長・牧野省三は姉蔵を尾上松之助に並ぶスターに育てようと目論んでいたが、1921年(大正10年)4月、姉蔵は急死する。牧野はこれを期に日活を退社して、同年6月、「牧野教育映画製作所」を設立、9歳の小蝦はこれに参加する[1]。主演作『豪傑の一夜』(1922年)などに出演する。

1923年(大正12年)6月、同社のマキノ映画製作所への改組にあたり、旧劇(時代劇)では小蝦、新劇(現代劇)では「井上潔」を名乗ることになる。同年6月1日の設立第1作の市川幡谷片岡市太郎主演の時代劇『弥次と北八 第一篇』、翌週公開の『弥次と北八 第二篇』では小蝦、さらに翌週の6月15日公開の衣笠貞之助監督の現代劇『彼の山越えて』では「井上潔」とつかいわけた。同年11月30日公開の寿々喜多呂九平脚本、沼田紅緑監督の『小雀峠』では小蝦名で主役を務めた。同年末公開の時代劇『或る日の大石』以降は、「井上潔」に一本化した[1]

1924年(大正13年)7月のマキノ映画製作所の東亜キネマへの合併後も、1925年(大正14年)6月のマキノ・プロダクション設立後も牧野のもとを離れず、1927年(昭和2年)、牧野から「マキノ潔」を命名され[1]、同年の中島宝三監督の『万花地獄』以降、同名を名乗る。翌1928年(昭和3年)、マキノ登六らマキノ家に許されて「マキノ」姓を戴いた五人組で、「マキノ青年派」を結成し、その結成第1作『神州天馬侠 第一篇』は同年2月3日に公開され、同年中に全4作が製作された[2]

1929年(昭和4年)7月25日に恩師の牧野が死去。1931年(昭和6年)にマキノ・プロダクション解散後は、関西新派の梅野井秀男一座への参加を経て、花柳章太郎に入門。春本喜好の芸名を名乗る。1939年(昭和14年)には、松竹京都撮影所で溝口健二監督の『残菊物語』に「春本喜好」名で出演している。

第二次世界大戦後、1951年(昭和26年)に大映東京撮影所(のちの角川大映撮影所)に入社、「春本富士夫」を名乗る[1]。同京都撮影所にも呼ばれ、1952年(昭和27年)の『大あばれ孫悟空』では三蔵法師を演じた。東京撮影所では、1956年(昭和31年)の石原慎太郎原作の『処刑の部屋』や溝口健二監督の遺作『赤線地帯』(1956年)にも出演している。1965年(昭和40年)の田中徳三監督の勝新太郎主演作『悪名無敵』に出演を最後に、翌年から「春本泰男」名で1967年まで現代劇に出演した。

その後は再び古巣である新派の舞台へと戻る[1]。名脇役として、新派狂言の要のひとりとして晩年まで活躍を続けた。新派以外の商業演劇へも多数出演している。

2001年(平成13年)2月19日転移性肝がんで死去した。88歳没。

出演[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 『日本映画俳優全集・男優編』(キネマ旬報社、1979年)の「春本富士夫」の項(p.475)を参照。同項執筆は奥田久司。同項の表記は同書に従い「春本富士夫」とした。
  2. ^ 『日本映画俳優全集・男優編』(キネマ旬報社、1979年)の「マキノ登六」の項(p.529)を参照。同項執筆は盛内政志

関連項目[編集]

外部リンク[編集]