春日雅人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

春日 雅人(かすが まさと、1948年2月4日[1] - )は、日本医師医学者医学博士

東京大学医学部附属病院の第3内科に入局した後の米国留学中に、インスリン受容体チロシンキナーゼが内在することを発見。その後もインスリン作用機序の解明とその異常について研究。

経歴[編集]

東京都出身[1]麻布中学校・高等学校を卒業後、

  • 昭和48年(1973年)3月 - 東京大学医学部医学科 卒業
  • 昭和50年(1975年)6月 - 東京大学医学部第三内科入局
  • 昭和54年(1979年)7月 - 米国留学 (Diabetes Branch, National Institutes of HealthならびにJoslin糖尿病研究所)
  • 昭和58年(1983年)7月 - 東京大学医学部第三内科 文部教官 助手
  • 平成2年(1990年)4月 - 神戸大学医学部第二内科 文部教官 教授
  • 平成16年(2004年)10月 - 神戸大学医学部附属病院
  • 平成20年(2008年)4月 - 国立国際医療センター 研究所長
  • 平成22年(2010年)4月 - 独立行政法人 国立国際医療研究センター 理事、 研究所長、糖尿病研究センター長
  • 平成24年(2012年)4月 - 独立行政法人 国立国際医療研究センター 理事長、総長
  • 平成30年(2018年)4月 - 公益財団法人 朝日生命成人病研究所 所長[2]

受賞歴[編集]

など受賞多数

脚注[編集]

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.363
  2. ^ 所長あいさつ”. 朝日生命成人病研究所 附属医院. 2018年4月28日閲覧。

外部リンク[編集]

  • 略歴 - 国立国際医療研究センター理事長あいさつ