春日敏夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
春日敏夫
生誕 1939年 (昭和14年)
日本の旗 日本 長野県
教育 信州大学医学部
医学関連経歴
職業 医学者、放射線医学
所属 金沢大学名誉教授
専門 放射線医学
研究 放射線技術科学に関する研究
受賞 瀬木賞(日本放射線技術学会)、European Congress of Radiology(銀賞)、Annual meeting of the Radiological Society of North America(銅賞)

春日 敏夫(かすが としお、1939年 - )は日本の医学者。放射線医学者。金沢大学名誉教授。

略歴・人物[編集]

1939年(昭和14年)長野県生まれ。1957年(昭和32年)長野県松本県ヶ丘高等学校卒業[1]1965年(昭和40年)信州大学医学部大学院修了。医学博士(信州大学)。 同年信州大学医学部放射線医学講座 助手、1991年(平成3年)から信州大学医学部附属病院 講師、1995年(平成7年)から信州大学医学部附属病院 助教授を務めた。

1996年(平成8年)より金沢大学医学部保健学科教授。2001年(平成13年)より金沢大学大学院医学系研究科保健学専攻 教授を務めた[2]2010年(平成22年)定年退官[3]

受賞[編集]

所属学協会[編集]

  • 日本医学放射線学会
  • 日本核医学会
  • 日本放射線技術学会
  • 断層映像研究会
  • 放射線学会物理学会
  • 日本肺癌学会
  • 日本超音波学会
  • 脳神経CT研究会
  • 日本ポシトロン医学会
  • コンピュータ支援画像診断学会

著作・共著編・論文[編集]

  • 『X線TV像鮮明化のための新しい試み:高速ディジタルフィルタリング処理と断層像再合成処理』信州医学雑誌 1984年
  • 『DSAによる血管内血流状態の可視化像と相対血流量計測』日本医学放射線学会誌 1988年
  • 『CT/MR対応定位脳手術枠および手術支援soft-wareの開発』機能的脳神経外科 1991年
  • 『放射線肝障害』日本医学放射線学会雑誌 1971年
  • 『タリウム201心筋polarmapによる虚血部および梗塞部における重症度と再分布の定量化』核医学 1989年

出典・脚注[編集]

  1. ^ 高校9回(平林教室)卒(松本県ヶ丘高校同窓会 母校愛のリレー)
  2. ^ 春日敏夫 - 研究者
  3. ^ 2009年度 退職者 退職記念セミナー

外部リンク[編集]