春原剛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

春原 剛(すのはら つよし、1961年 - )は、日本ジャーナリスト軍事評論家東京都生まれ。上智大学経済学部卒業、日本経済新聞社入社。米州編集総局ワシントン支局勤務、編集局国際部編集委員。米戦略国際問題研究所(CSIS)客員研究員など。

著書[編集]

  • 『米朝対立 核危機の十年』日本経済新聞社 2004
  • 『誕生国産スパイ衛星 独自情報網と日米同盟』日本経済新聞社 2005
  • 『ジャパン・ハンド』2006 文春新書
  • 『同盟変貌 日米一体化の光と影』日本経済新聞出版社 2007
  • 在日米軍司令部』新潮社 2008 のち文庫 
  • 『甦る零戦 国産戦闘機vs.F22の攻防』新潮社 2009 「零の遺伝子 21世紀の「日の丸戦闘機」と日本の国防」文庫
  • がなくならない7つの理由』2010 新潮新書
  • 『米中百年戦争 新・冷戦構造と日本の命運』新潮社 2012 

:共著

翻訳[編集]

参考[編集]