春よこい (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

春よこい』(はるよこい)は、2008年公開の日本映画佐賀県唐津市を舞台とする。全国公開2008年6月7日。佐賀では5月24日に先行公開された。

あらすじ[編集]

佐賀のある漁港。少年ツヨシは優しい両親と少しボケはじめた祖父とともに、平穏無事な生活を送っていた。だが、ある日父は漁船購入代のことで借金取りと喧嘩をし、誤って殺害、行方を眩ましてしまった。それから4年経っても父を忘れられないツヨシを洋子先生は不憫に思い、兄の新聞記者、利夫に相談した。利夫は指名手配の父の写真を見つめるツヨシを写真にとり、父に出てきて欲しいとの願いを込めて記事にするが、それは家族にとって忘れたい過去の暴露に他ならなかった。償いの意味を込めて、利夫は父の行方を追う。その頃父は、街で日雇い労働者として暮らしていた。

出演者[編集]

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]