春の戴冠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

春の戴冠』(はるのたいかん)は、辻邦生歴史小説イタリアルネサンス期を舞台にしている。新潮社の文芸誌『新潮』に長期間連載され、1977年昭和52年)に同社から出版された。長らく品切の時期が続いたが、1990年代に入り再刊され、著者没後10年近くを経て文庫化された。

概要[編集]

15世紀イタリア・ルネサンス期フィレンツェの栄耀と没落を、メディチ家と画家サンドロ・ボッティチェッリや、人文哲学者マルシリオ・フィチーノ、およびその弟子ピコ・デラ・ミランドラアンジェロ・ポリツィアーノ等の〈プラトン・アカデミー〉との関わりを軸に、パッツィ家との対立サヴォナローラの暗躍などを交えながら描く大作である。

刊行書誌[編集]

  • 春の戴冠 上・下 (新潮社、1977年)
  • 辻邦生歴史小説集成 7~10巻 (岩波書店、1993年)
  • 春の戴冠 (新潮社、1996年)
  • 辻邦生全集 9・10巻 春の戴冠 (新潮社、2004年)
  • 春の戴冠 全4巻 (中公文庫、2008年) 最終巻の解説は小佐野重利