星野淳一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

星野 淳一郎(ほしの じゅんいちろう、1960年 - 2017年12月1日)は、日本テレビディレクター

笑っていいとも!夢で逢えたらダウンタウンのごっつええ感じなどのディレクターとして知られ、主にウッチャンナンチャンダウンタウンの番組で演出・監修業務を担当した。

来歴・人物[編集]

高校生の頃からアルバイトとしてフジテレビADを務め、早稲田大学卒業後、1983年にバイト先だったフジテレビにフリーディレクターとして契約。編成局第二制作部(現・編成制作局バラエティー制作センター)で、同期の吉田正樹と共に横澤彪班に所属した[1]。フジテレビとの契約が切れた後は、日本テレビなどでもディレクター・番組演出家として、バラエティ番組中心に演出業務を担当する。

主に、ダウンタウン、ウッチャンナンチャンの番組を担当。日本テレビの「24時間テレビ」に対抗すべく、フジテレビでの24時間番組「1億人のテレビ夢列島FNSの日)」の企画書を、高校生時代に作り上げていた。26歳で第1回放送の全てのコーナー台本を書き上げるだけでなく、チーフディレクターとして取り仕切った。

2017年12月に逝去。葬儀での弔辞は吉田が読んでいる。

手がけたテレビ番組[編集]

フジテレビ[編集]

フジテレビ以外[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 但し、吉田は入社直後に営業局へ配属されたため、AD就任は星野より1年遅れることとなった。

関連項目[編集]