星野敦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

星野 敦(ほしの あつし、Atsushi Hoshino、1953年6月7日 -)は日本彫刻家芸術家

経歴[編集]

日蓮宗の総本山、山梨県身延山久遠寺御用達仏師 である、五代目池上秀昇星野忠雄)の三男として、1953年(昭和28年)6月7日、山梨県甲府市に生まれる。幼少時より木彫り極彩色金箔などの技術を父より学ぶ。山梨県立甲府南高等学校卒業。

彫刻の素材はブロンズに留まらず、コールテン鋼、自然木、ガラスなど多様であり、素材に捕らわれない。 30代半ばから、炸裂する情熱やエネルギーを表現した「情熱発電所」(名前の由来は西武百貨店キャッチコピー 1985 糸井重里)シリーズの制作を開始し、ドローイング、他芸術とのコラボレーションによるパフォーミングアート即興芸術の活動も行い、「エネルギーの塊と炸裂する情熱[1]」と評される作品だけではなく、パブリックコレクションには癒しを表現した「ヒューマン」シリーズの作品も多い[2]蒔絵を施した彫刻、レリーフ、ドローイング、絵画、版画、モザイク、絵皿なども手がけ、近年、山梨県産の素材にこだわった作品も発表している。

また、創作活動だけでなく「情熱発電所と造形の秘密」「造形のおもしろさ」などをテーマにした講演活動も行っている。

主な活動[編集]

  • 1995年
第18回「日・独金属造形作家展」に招待される。(ドイツ文化会館)
「情熱発電所-107」が国際連合に所蔵され国際連合大学に設置される。
制作活動を追ったドキュメンタリー『情熱発電所』(テレビ朝日映像制作・東京都現代美術館所蔵)が一般公開される。
「山梨の現代作家達展」出展(山梨県立美術館

個展[編集]

受賞歴[編集]

作品集[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 山口秦二(2008)「現代彫塑の息吹 星野敦」『花美術館』vol.8pp.50.蒼海出版
  2. ^ 山梨県立中央病院ロビー「情熱発電所ー湧出音形」(山梨県甲府市)、市立甲府病院「虹の架け橋」(山梨県甲府市)、茨城町庁舎前「泉」(茨城県)、相模原市立青野原小学校「森のハーモニー」(神奈川県)、「ふれあい」「語らい」「掛け橋」(神奈川県立総合療育相談センター)など。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]