星野平壽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

星野 平壽(ほしの へいじゅ、1924年大正13年)4月14日[1] - 2005年平成17年)5月2日)は、第7代東京都小金井市長

来歴・人物[編集]

東京で生まれた[1]。1958年(昭和33年)日本大学法学部を卒業[1][2]。小金井市建設部長[1]ロータリークラブ役員を務めた。

1979年(昭和54年)自民党公明党民社党新自由クラブ推薦で市長に初当選。1981年(昭和56年)女性同伴出張問題で市議会の激しい追及を浴びて、同年2月、市議会を解散したが、同年5月8日付で市長を辞職[1][2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『日本の歴代市長 第一巻』982頁。
  2. ^ a b 『現代政治家人名事典』405頁。

参考文献[編集]

  • 『日本の歴代市長 第一巻』歴代知事編纂会、1983年。
  • 『現代政治家人名事典』日外アソシエーツ、1999年。