星槎中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
星槎中学校・高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人国際学園
校訓 労働・感謝・努力
設立年月日 2005年
創立者 宮澤保夫
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型(外部混合有)
課程 全日制
単位制・学年制 学年制
学期 2学期制
高校コード 14584A
所在地 241-0801
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
星槎中学校・高等学校の位置(神奈川県内)
星槎中学校・高等学校

星槎中学校・高等学校(せいさちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、神奈川県横浜市旭区に所在し、中高一貫教育を提供する私立中学校高等学校である。

概要[編集]

高等学校において、中学校から入学した内部進学の生徒と高等学校から入学した外部進学の生徒との間では、第1学年から混合してクラスを編成する併設混合型中高一貫校である。

内閣府および文部科学省から教育特区に指定されており、カリキュラムの編成に学校独自の裁量を盛り込むことが認められている。

中学卒業生の多くはそのまま高校に進学するが、一部には系列の学校である星槎国際高等学校や、星槎学園技能連携校)に入学する者もいる。

沿革[編集]

1972年4月、私立高校の教員だった宮澤保夫(現・星槎グループ会長および理事長)が同市旭区鶴ヶ峰にある小さなアパートの1部屋内に鶴ヶ峰セミナー(現・ツルセミ)を開塾したことから始まる[2]

1982年12月に緑区十日市場町にある十日市場駅前の小さなビル内に株式会社オルビスツルセミ十日市場校として、移転・開校した。

1984年12月に設立し、1985年4月に科学技術学園高等学校提携校通信制)として、星槎中学校・高等学校(星槎学園中等部・高等部も含む)の前身である4年制の男子高等専修学校として「宮澤学園高等部」が開校した。

1994年以降は3年制となり、男女共学に変更された。
1999年に自前の連携校として星槎国際高等学校を開校し、2003年に科学技術学園高等学校と提携を解消して、翌2004年文部科学省および神奈川県知事から正規の私立学校として認証された。

宮澤学園高等部以来の専修学校で培った教育ノウハウを生かし、2005年4月に星槎中学校が、2006年4月に星槎高等学校が全日制高校として開校し、中高一貫校「星槎中学校・高等学校」として開校された。

建学の精神など[編集]

建学の精神

社会に必要とされることを創造し、常に新たな道を切り開き、それを成し遂げる。

教育理念

必要とする人々のために新たな道を創造し、人々が共生できる社会の実現を目指し、それを成し遂げる。

教育目標

困難な場面において相手を思い、笑顔を勇気をもって立ち向かう強い心の育成。

校訓
  • 労働 - 人のために働くこと
  • 感謝 - いつも感謝の気持ちを忘れないこと
  • 努力 - 努力し続け決してあきらめないこと
星槎の三つの約束
  • 人を認める
  • 人を排除しない
  • 仲間を作る

経歴[編集]

  • 1972年4月 - 創立者の宮澤保夫鶴ヶ峰セミナー(現・ツルセミ)を開塾。
  • 1978年4月 - セミナー出版会が発足される。
  • 1980年10月 - 鶴ヶ峰セミナーが有限会社鶴ヶ峰セミナーとして発足する(鶴ヶ峰セミナーを教育事業部「ツルセミ」セミナー出版会を出版事業部に名称を変更)。
  • 1982年12月 - 株式会社オルビスツルセミ十日市場校が開校する。
  • 1984年12月 - 文部大臣指定の宮澤学園高等部が設置が認可される。
  • 1985年4月 - 宮澤学園高等部が科学技術学園高等学校と提携し、4年制男子技能連携校として開校する(普通科の普通(進学)・情報・自動車・芸術・体育コースに分かれる)。
  • 1994年4月 - 3年制となり、男女共学に変更される。
  • 1991年5月 - 「LD児の自立を支える親の会」により、フリースクール飛翔(後の宮澤学園中等部飛翔)が開校する。
  • 1996年4月 - 宮澤学園高等部から移管された宮澤学園中等部飛翔(現・星槎中学校)として横浜市青葉区に移転。
  • 1999年4月 - 星槎国際高等学校(通信制)が開校する。
  • 2003年 - 科学技術学園高等学校と提携を解消し、技能連携校を星槎国際高校に一本化する。
  • 2004年
  • 2005年
    • 4月 - 星槎中学校が横浜市緑区十日市場町に開校。
    • 10月 - 星槎高等学校が文部科学省により教育特区の認定を受ける。
  • 2006年
    • 3月 - 神奈川県知事より星槎高等学校の設置が認可される。
    • 4月 - 星槎高等学校が開校。
  • 2011年
    • 4月 - 星槎中学校、星槎高等学校が横浜市旭区若葉台に移転。

交流校[編集]

修学旅行行事として

脚注[編集]

  1. ^ かつては緑区十日市場町1726-4に所在した。
  2. ^ 総合受験予備校ツルセミ 【沿革】を参照。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]