星つむぎの歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
星つむぎの歌
平原綾香シングル
リリース
ジャンル J-POP
レーベル ドリーミュージック
チャート最高順位
平原綾香 シングル 年表
今、風の中で
2007年
星つむぎの歌
2008年
孤独の向こう
(2008年)
テンプレートを表示

星つむぎの歌」(ほしつむぎのうた)は、平原綾香の14枚目のシングル

解説[編集]

  • タイトル曲は、宇宙飛行士・土井隆雄国際宇宙ステーション日本実験棟「きぼう」の1便目「きぼう」に搭乗するのに合わせ、彼への応援歌として作られた楽曲[1]
  • 歌詞は、宇宙航空研究開発機構山梨県立科学館が中心となって作成された「宇宙連詩」を参考に、詩人で作詞家・覚和歌子が最初の句をつむぎ、それに続く以降の全国から1行詞を順次公募して組み合わせて歌詞が完成した。総勢2167名から送られてき、2690にも及ぶ歌詞の選定。選考に当たった覚和歌子が補詞作を行い完成させた[2][3]

収録曲[編集]

  1. 星つむぎの歌
  2. 今・ここ・私
    • 作詞:覚和歌子/作曲:財津和夫/編曲:財津和夫、清水俊也
  3. 星つむぎの歌~Vocal-less Track

タイアップ[編集]

星つむぎの歌

その他で使われた例として、第76回NHK全国学校音楽コンクール、全国コンクール(小学校の部)のスペシャルステージで、会場全体で大合唱した例がある。

今・ここ・私

脚注[編集]

  1. ^ 2167人が作詞!平原綾香が宇宙飛行士に捧ぐシングル、ナタリー、2007年12月26日。
  2. ^ 平原綾香、土井隆雄宇宙飛行士へ贈る「星つむぎの歌」、BARKS、2008年1月23日。
  3. ^ 平原綾香の歌声が宇宙で流れる!、エキサイトミュージック、2008年3月21日。