明電工事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

明電工事件(めいでんこうじけん)とは、明電工を巡る事件

1989年頃、株の仕手筋で注目を集めていた明電工に脱税が発覚。東京地方検察庁特別捜査部(東京地検特捜部)は、その過程で元証券会社社員ら6人を逮捕

国会議員、通産官僚、大蔵官僚などへの工作疑惑も浮上したが立件されず。矢野絢也公明党委員長が株の売買に関与したとされたが、本人は否定。

事件の中心人物であった明電工のオーナーである中瀬古功に対して、21億円の脱税で起訴懲役3年、罰金4億円の実刑判決が確定した。

参考書籍[編集]