明石散人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

明石 散人(あかし さんじん、1945年 - )は日本の作家

東京都築地生まれ[1]中央大学文学部卒業[2]1990年以降、歴史を主題とする作品を多数発表している。またテレビ番組、美術展等の企画監修を手掛ける。公益社団法人全日本テコンドー協会理事相談役[3]。財団法人日本青少年文化センター評議員[4]日本オリンピック委員会評議員[5]。デビューを控えていた時期の京極夏彦と師弟関係の契約を結んだ(本人曰く、「彼の方がもう格が上だというのに未だに約束を守り続けてくれる」)。

著書[編集]

  • 『二人の天魔王「信長」の真実』(小机種彦共著、講談社 1992)のち文庫〈単著〉
  • 『宇宙の庭 竜安寺石庭の謎』(佐々木幹雄共著、講談社、1992。「竜安寺石庭の謎 スペース・ガーデン」文庫、単著)
  • ジェームス・ディーンの向こうに日本が視える』(講談社、1994年)のち文庫  
  • 『謎ジパング 誰も知らない日本史』講談社、1996年、のち文庫 
  • 『リアルタイム日本史 歴史が見える、現在が見える』講談社、1996年、「真説謎解き日本史」文庫
  • 『視えずの魚』講談社、1997 のち文庫  
  • 鳥玄坊シリーズ
    • 『鳥玄坊先生と根源の謎』講談社ノベルス、1997年、「鳥玄坊 根源の謎」文庫  
    • 『鳥玄坊 時間の裏側』講談社ノベルス、1998年、のち文庫  
    • 『鳥玄坊 ゼロから零へ』講談社ノベルス、1999 のち文庫 
  • 『ゲーム 小説鄧小平秘録』徳間書店、2000(「大老猫の外交術 鄧小平秘録」文庫)
  • 『月とスッポンと日本語 究極の蘊蓄語録』講談社、2000(「日本語千里眼」文庫)
    • 『日本史千里眼』講談社 2012「日本語千里眼」と「真説謎解き日本史」の合本再編集
  • 『アカシックファイル 日本の「謎」を解く!』(講談社文庫オリジナル、2000)
  • 『七つの金印 日本史アンダーワールド』講談社、2001 のち文庫 
  • 『日本国大崩壊 アカシックファイル』(講談社文庫オリジナル、2003)
  • 『日本史快刀乱麻』新潮新書、2003 

共著[編集]

  • 東洲斎写楽はもういない』(佐々木幹雄(1957年 - )共著、講談社、1990年)のち文庫
  • 『日本史鑑定』(高橋克彦共著)徳間書店、1999年、のち文庫 
  • 「日本「宗教」鑑定」池口恵観共著(徳間書店、1999年、「日本史鑑定宗教篇」文庫 
  • 『日本史鑑定 天皇と日本文化』(篠田正浩共著、徳間文庫オリジナル、2004)
  • 『男達(おとこだて)現代が失ったオトコの神髄』(浪川政浩共著)WAVE出版、2007

その他[編集]

  • 『書斎曼荼羅 本と闘う人々(2)』(文と絵:磯田和一、東京創元社、2002年)

テレビ[編集]

企画監修等
  • 謎ジパング あなたの知らない日本
  • 旅列島!夢ある街へ
  • 写楽-200年の旅路(NHK総合テレビジョン、1995年11月2日)
資料提供
  • NHKスペシャル:昭和天皇二つの「独白録」(NHK総合テレビジョン、1997年6月15日)

映画[編集]

世話人

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『京極夏彦画文集 百怪図譜』(講談社、2007年)
  2. ^ 『新訂現代日本人名録2002』(日外アソシエーツ、2002年)
  3. ^ 公益社団法人全日本テコンドー協会公式ウェブサイト
  4. ^ 財団法人日本青少年文化センター - 組織の概要
  5. ^ JOC - JOCについて