明田川孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

明田川 孝(あけたがわ たかし、1909年6月22日 - 1958年8月13日)は、日本彫刻家・音楽研究家。

新制作協会彫刻部創立会員。東京美術学校在学中より気鳴楽器オカリーナを研究・制作し、「12穴式オカリーナ」の開発に成功。日本にこの楽器を広め根づかせた「アケタオカリーナ」の創始者であり、「日本のオカリーナの父」と呼ばれている。長男はジャズ・ピアニストの明田川荘之。

来歴[編集]

代表作[編集]

  • 仔山羊(1934年、国画奨学賞受賞)
  • アルプ(1934年、国画奨学賞受賞)
  • 越後の乳くばり(1938年新潟県立近代美術館所蔵)
  • 若き蒙古(1938年、新潟県立近代美術館所蔵)
  • コスキを持つ子(1941年
  • 村の娘(1949年
  • 詩集『スダマ』(造型彫刻家協会より発行、1936年)

参考文献[編集]

  • 明田川孝(著)『オカリーナの本』音楽之友社、1958年
  • 山内壮夫、他(編)『明田川孝作品集』昭森社、1960年
  • 広神村史編纂委員会(編)『広神村史』新潟県北魚沼郡広神村、1980年
  • 明田川オカリーナ&アート記念館実行委員会(編)『明田川オカリーナ&アート記念館カタログ』、2012年
  • Ocarina編集部(編)『Ocarina vol.5』 アルソ出版、2012年

外部リンク[編集]