明瀬川傳四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
明瀬川 傳四郎 Sumo pictogram.svg
基礎情報
四股名 明瀬川 傳四郎
本名 我妻 傳四郎
生年月日 1918年3月23日
没年月日 (1989-10-20) 1989年10月20日(71歳没)
出身 宮城県宮城郡七ヶ浜町
身長 173㎝
体重 86㎏
BMI 28.73
所属部屋 伊勢ヶ濱部屋
得意技 左四つ、寄り切り
成績
現在の番付 引退
最高位 東前頭13枚目
生涯戦歴 104勝88敗37休(24場所)
幕内戦歴 24勝30敗7休(5場所)
優勝 序ノ口優勝1回
データ
初土俵 1938年1月場所
入幕 1947年11月場所
引退 1950年1月場所
引退後 年寄・間垣
備考
2014年5月14日現在

明瀬川 傳四郎(あきせがわ でんしろう、本名:我妻 傳四郎(あがつま でんしろう)、1918年3月23日-1989年10月20日)は、宮城県宮城郡七ヶ浜町出身で、1940年代後半に活躍した大相撲力士伊勢ヶ濱部屋に所属していた。最高位は東前頭13枚目(1949年1月場所)。現役時代の体格は173cm、86kg。得意手は左四つ、寄り。

来歴[編集]

19歳の時に伊勢ヶ濱部屋へ入門し、1937年5月場所で初土俵を踏んだ。

「明瀬川」の名で序ノ口に付いた1939年1月場所では、7勝0敗という好成績を残していきなり優勝を果たしている。その後も順調に出世し、1945年6月場所で新十両に昇進。

最盛期でも173cm、86kgという体格の、小兵であった。

左四つからの寄りを得意とする相撲巧者で、千賀ノ浦親方(元関脇・幡瀬川)からの教えを受けた前捌きも上手かった。

1947年11月場所にて新入幕を果たすも、幕内では体力不足や軽量であった事が祟って苦戦し、上位には進出できなかった。

巡業先では、初っ切りを担当した事もある。

西十両14枚目の地位で初日より休場した1950年1月場所を以って31歳で引退し、以降は年寄間垣として後輩達を指導していたが、翌年5月場所後に角界を去った。

その後は大阪府内に移住し、運転手の仕事に従事したという。

1989年10月20日、病により逝去。71歳没。

主な戦績[編集]

  • 幕内成績:24勝30敗7休(5場所、勝率.444)
  • 通算成績:104勝88敗37休(24場所、勝率.542)
  • 各段優勝:序ノ口1回(1939年1月場所=7勝0敗)

場所別成績[編集]

明瀬川傳四郎
春場所 夏場所 秋場所
1938年
(昭和13年)
(前相撲) (前相撲) x
1939年
(昭和14年)
東 序ノ口 #7
優勝
7–0
西 序二段 #2
4–4 
x
1940年
(昭和15年)
東 三段目 #59
5–3 
西 三段目 #28
5–3 
x
1941年
(昭和16年)
西 三段目 #8
4–4 
東 幕下 #42
3–5 
x
1942年
(昭和17年)
東 幕下 #56
7–1 
西 幕下 #8
5–3 
x
1943年
(昭和18年)
西 幕下 #1
4–4 
東 幕下 #1
3–5 
x
1944年
(昭和19年)
東 幕下 #10
4–4 
東 幕下 #8
3–2 
東 幕下 #5
4–2 
1945年
(昭和20年)
x 西 十両 #9
3–4 
東 十両 #13
5–5 
1946年
(昭和21年)
x x 東 十両 #11
8–5 
1947年
(昭和22年)
x 西 十両 #3
6–4 
西 前頭 #15
4–7 
1948年
(昭和23年)
x 東 前頭 #19
5–6 
西 前頭 #21
8–3 
1949年
(昭和24年)
東 前頭 #13
1–5–7 
東 前頭 #21
6–9 
東 十両 #2
休場
0–0–15
1950年
(昭和25年)
西 十両 #14
引退
0–0–15
x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

年寄変遷[編集]

  • 間垣 傳四郎(まがき でんしろう、1950年1月-1951年5月(廃業))

関連項目[編集]