明法 (僧)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

明法(みょうほう、元暦元年(1184年)- 建長3年10月13日1251年11月27日))は、鎌倉時代浄土真宗親鸞直弟二十四輩の一人。元の名を豊前僧都とも、弁円(辯圓、べんねん)とも言う。平清盛の孫ともいわれる。

修験道を学び山伏となり、常陸で布教活動をしていた。同じ時期に常陸にいた親鸞をねたみ、殺害を企てるが失敗。稲田の草庵(西念寺)に押し掛けたところ、親鸞に対面するやいなや懺悔して山伏を捨てて弟子になり、明法と名乗ったという。

末灯鈔には、親鸞が明法の浄土往生を喜んだことが記されている。茨城県の板敷山大覚寺がその旧跡となっており、弁円ゆかりの遺品が残されている他、本堂裏にそびえる板敷山には弁円の護摩壇跡なども残っている。