明林堂鶴寿女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
明林堂鶴寿女
NDL-DC 1307807-Meirindō Kakujujo-早野勘平 坂東彦三郎・こし元おかる 沢村田之助-文久2-cmb.jpg
ヒト
性別女性 編集
国籍日本 編集
生年月日不明な値 編集
死亡年月日不明な値 編集
職業浮世絵師 編集
読み仮名めいりんどう かくじゅじょ 編集
師匠歌川貞歌女 編集

明林堂 鶴寿女(めいりんどう かくじゅじょ、生没年不詳)とは、江戸時代の女流浮世絵師

来歴[編集]

歌川貞歌女の門人かといわれる。明林堂鶴寿女または鶴子女と称し、作に文久2年(1862年)に描いた役者絵が知られる。

作品[編集]

参考文献[編集]

  • 吉田暎二 『浮世絵事典(定本)』(上巻) 画文堂、1974年
  • 日本浮世絵協会編 『原色浮世絵大百科事典』(第2巻) 大修館書店、1982年 ※21頁

関連項目[編集]