明智平ロープウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロープウェイと男体山

明智平ロープウェイ(あけちだいらロープウェイ)は、栃木県日光市にあるロープウェイ(索道)である。

概要[編集]

明智平駅と展望台駅を結ぶ路線で、東武グループ日光交通が運行している。展望台駅からは華厳滝中禅寺湖男体山などを望むことができる。

かつては国鉄東武日光駅から路面電車東武日光軌道線)とケーブルカー東武日光鋼索鉄道線)で明智平まで乗り継ぐことができたが、 国道の渋滞などの理由で1968年に路面電車が廃止されると、その影響で1970年にケーブルカーも廃止されてしまい、このロープウェイのみが残される形となった。

かつては明智平駅の駅舎に大規模なレストハウス(ケーブルカーの駅舎跡でもある)が併設され、ドライブインの機能を有していたが、後述の通り営業を終了し、駅舎部分を残して、建物が解体された。2019年現在は、駅舎内で小規模な売店機能があるほか、軽食販売店とトイレを併設した小規模な新棟が設置されている。また、駅舎と新棟の間は、更地のままになっており、日光市街やケーブルカーの線路跡を眺められる展望スペースとなっている[1]

路線データ[編集]

  • 全長:0.3km
  • 高低差:86m
  • 最急勾配:30°
  • 最高速度:9km/h
  • 走行方式:交走式
  • 定員:16人
  • 運転時分:3分
  • 駅数:2駅

歴史[編集]

  • 1933年11月3日 日光登山鉄道により開業。
  • 1943年 不要不急線として撤去・営業休止。同時に日光登山鉄道による運営は終了。
  • 1950年10月5日 東武鉄道により営業再開。不要不急線として撤去されたロープウェイでは唯一再開した。
  • 1985年4月1日 日光交通へ営業譲渡(不動産所有等は東武鉄道が維持)
  • 2016年4月1日 建物老朽化のため、明智平パノラマレストハウスの食堂営業を休止。レストハウスの売店とロープウェイは営業継続[2]
  • 2017年11月 - 2018年1月 明智平パノラマレストハウスを解体[3]
  • 2021年7月1日 - 駐車場有料化(ロープウェイ利用者には無料化措置あり)[4]

[編集]

全ての座標を示した地図 - OSM
全座標を出力 - KML
明智平駅(北緯36度44分13.8秒 東経139度31分3.8秒 / 北緯36.737167度 東経139.517722度 / 36.737167; 139.517722 (明智平ロープウェイ明智平駅/地図)
日光市細尾町深沢に位置し、付近を第二いろは坂(中禅寺湖畔方面への山登り専用)が通過する。1932年から1970年にかけては東武日光鋼索鉄道線(ケーブルカー)も発着していた。駅舎はドライブインである明智平パノラマレストハウスと一体化しており、乗り場は地下階に設置されている。レストハウスには食堂・土産物屋があった。
展望台駅(北緯36度44分14.4秒 東経139度30分51.4秒 / 北緯36.737333度 東経139.514278度 / 36.737333; 139.514278 (明智平ロープウェイ展望台駅/地図)
栃木県日光市細尾町に位置する。駅舎は2階建てで、2階が展望台となっている。展望台近くから茶ノ木平へのハイキングコースが整備されているが、冬季は閉鎖される。

アクセス[編集]

日光駅方面より、第二いろは坂を経由し、明智平駅へアクセスできる。かつては中禅寺湖方面より、第二いろは坂を明智平駅までを逆走可能だったが、渋滞対策の為、2019年10月より第二いろは坂ほぼ全線が日光駅方面→中禅寺湖方面片道専用に固定されため、利用時は注意が必要[5]

なお、明智平駅の駐車場は無料開放されていたが、2021年7月1日より有料化されたが、ロープウェイ乗客には無料券が配布される[6]。ただし、バイクは無条件で無料。また、道路の反対側の県営駐車場は完全無料のままとなっている。

東武バス日光
明智平駅付近への路線バスを運行している。日光駅東武日光駅より中禅寺温泉日光湯元温泉行きで「明智平」下車(前述の通り道路構造上、明智平駅から日光駅方面及び中禅寺温泉・湯元温泉方面から明智平駅への乗降はできないので注意が必要)。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]