明智光秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
明智光秀
Akechi Mitsuhide2.jpg
明智光秀像(本徳寺蔵)
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕

永正13年(1516年[注釈 1]

享禄元年(1528年[2][注釈 4][注釈 5][注釈 6]
死没 天正10年6月13日1582年7月2日[注釈 2][6][7][8][9][10][注釈 7]
改名 明智彦太郎(幼名[11]→光秀→惟任光秀
別名 通称:十兵衛、惟任日向守
雅号:咲庵
あだ名:キンカ[12][注釈 8]
戒名 鳳岳院殿輝雲道琇大禅定門[13]
輝雲道琇禅定門[14][15]
秀岳院宗光禅定門[16]
前日洲条鉄光秀居士[17]
長存寺殿明窓玄智大禅定門[18]
墓所 谷性寺京都府亀岡市
西教寺滋賀県大津市
高野山奥の院(和歌山県伊都郡高野町
山県市中洞岐阜県山県市
官位 従五位下日向守
主君
氏族 源姓土岐氏流明智氏(惟任賜姓)
父母 父:不詳[19]明智光綱とも[20][異説は系譜を参照
母:不詳。お牧の方武田信豊娘、一説に進士信連娘)とも
養父:明智光安または明智頼明
兄弟 光秀信教[異説あり]進士貞連(作左衛門)[異説あり]康秀[異説あり]定明[注釈 9][異説あり]定衡[異説は系譜を参照御ツマキ[注釈 10]
正室:煕子(妻木範煕女)[注釈 11]
光慶細川忠興正室)、ほか系譜を参照
テンプレートを表示

明智 光秀(あけち みつひで)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将大名

美濃国明智氏の支流の人物。一般に美濃の明智荘の明智城の出身と言われているが、他の説もある。

最初は、土岐氏に代わって美濃の国主となった斎藤道三に仕えた。道三と義龍の親子の争い(長良川の戦い)の結果、浪人となり、越前国一乗谷に本拠を持つ朝倉義景を頼り、長崎称念寺の門前に十年ほど暮らし、このころに医学の知識を身に付ける[22]。その後、足利義昭に仕え、さらに織田信長に仕えるようになった。

元亀2年(1571年)の比叡山焼き討ちへ貢献し、坂本城の城主となる。天正元年(1573年)の一乗谷攻略や丹波攻略にも貢献した。

天正10年(1582年)、京都の本能寺で織田信長を討ち、その息子信忠二条新御所で自刃に追いやった(本能寺の変)が、自らも織田信孝羽柴秀吉らに敗れて討ち取られた(山崎の戦い)。

生涯[編集]

出自、生年、出身地[編集]

清和源氏の土岐氏支流[注釈 12]である明智氏に生まれる。父は江戸時代の諸系図などでは明智光綱[24]明智光国明智光隆などと記載されるが、一次史料からは土岐明智氏嫡系の人物に「光」の字を有している者がいないため、江戸時代の創作であると考えられる[19]小林正信は、光秀の父とされる人物を史料上から見出すことはできない、と述べている[25]。そのため、低い身分の土岐支流ともいわれている[26]

光秀は自身の出自に関する証言をほとんど残していないが、『松雲公採集遺編類纂』所収の「戒和上昔今禄」という記録には、天正5年(1577年)に発生した興福寺と東大寺の相論の奉行を務めた光秀が「我、先祖致忠節故、過分ニ所知被下シ尊氏御判御直書等所持スレトモ」と発言したことが記されている。この記述に従えば、光秀の祖先が足利尊氏に仕えてその書状を光秀が持っていたということになる。つまり、光秀の家は、当初は室町幕府御家人に連なる方向にあったが、その後、守護土岐氏に仕える被官になっていった、土岐明智氏の傍流であったととらえた方がよい[27]。明智氏初代の明智頼重は足利尊氏・足利義詮足利義満の足利将軍家に仕えたとされる。

光秀は将軍・足利義昭上洛早々の文禄11年(1568年)11月15日、近衛稙家の子で聖護院門跡道澄公家飛鳥井雅淳連歌宗匠紹巴ら錚々たる人々が出座した格式高い連歌の席に、弘治年間(1555年-1558年)からしばしば連歌会に名を連ね、一流文化人と認められていた細川藤孝に伴われて同座している。このような格式高い連歌会に同座できたことから、光秀が無名時代に相当高いレベルの連歌の素養を身に付けていたこと、および将軍・足利義尚、将軍・足利義材、将軍・足利義澄直臣の奉公衆であり、寛正3年(1462年)に頼宣の名で細川勝元と連歌に同座して以来、細川管領家が毎年催した細川千句に参加するなど、連歌を通じて幕府朝廷・連歌界に幅広い人脈を有し、武家でありながら、延徳元年(1489年)12月に宗祇から連歌宗匠の後任に推薦され、明応4年(1495年)1月6日の『新撰菟玖波祈念百韻』に出座し、『新撰菟玖波集』に9句入集を果たした、当時の連歌界の超有名人である明智玄宣(光高)[注釈 13]曾孫(光秀の父明智光兼、祖父明智光重)の可能性が指摘されている[28]

応仁の乱では、玄宣は幕府奉公衆として東軍に属したが、玄宣の叔父の明智頼弘は西軍に与せず美濃に帰って領地を守った。また、美濃守護の土岐成頼は西軍の主力として戦い、応仁の乱後は、西軍の担いだ足利義視義材父子を文明9年(1477年)から延徳元年(1489年)までの12年間美濃に保護したので、玄宣と成頼や義材との関係は良好でなかったと推測される[29]。玄宣の系統は土岐明智氏嫡流であったが、内部抗争が起こり、明応4年(1495年)に将軍・足利義高(後に義澄)の裁定により、従兄弟頼定美濃の知行が折半となった。文亀2年(1502年)、頼定の子・頼尚が知行の大部分を支配してその正当性を主張し、嫡男頼典義絶して頼明に家督を譲った。玄宣の系統はその後没落した[30]。『明智軍記』などによると、光秀は義絶された頼典の孫となっている。

当時の美濃国守護土岐政房の後継者争いが起こり、嫡男の頼武守護代斎藤利良が担ぎ、次男の頼芸小守護代長井長弘とその家臣の長井新左衛門尉斎藤道三の父)が担いだ為、戦となった。永正14年(1517年)12月、頼武派が勝利して、頼芸は尾張に逃れた。永正15年(1518年)8月、永正9年(1512年)に守護の土岐政房と対立して尾張に逃れていた前守護代の斎藤彦四郎が加勢して、頼芸は美濃に攻め入って勝利し、頼武は越前に逃れた。永正16年(1519年)、頼武は朝倉氏の援護を得て美濃に侵入し、美濃北半分を支配して守護となり、永正17年(1520年)に大桑城を築いた。大永5年(1525年)8月、頼武と頼芸の間で大乱が起こり、頼武は死亡したか、越前へ逃れたと見られる。大永9年(1526年)9月、玄宣の子で奉公衆明智政宣が京から東国に赴いた[31]

生年[編集]

生年は信頼性の高い同時代史料からは判明せず、不詳である[2]。ただし、後世の史料によるものとして、『明智軍記』などによる享禄元年(1528年)説、および『当代記』による永正13年(1516年)説の2説がある[2]。また、近年その存在が広く紹介されるようになった津山藩森家の記録である『武家伝聞録[32] 所収の「古今之武将他界之覚」(巻一)では享年七十と記されており、逆算すると永正10年(1513年)となる。また、江戸時代には大永6年(1526年)生まれとする説もあったという[1]。一方、橋場日月は『兼見卿記』にある光秀の妹・妻木についての記述から、光秀の生年は大幅に遅い天文9年(1540年)以降と推定している[33](この場合、天文3年(1534年)生の織田信長より年下となる)。

生誕地、幼少期の土地[編集]

明智軍記』によると、生地は美濃国の明智荘の明智城(現・岐阜県可児市)と言われる[34][注釈 14]。少なくとも美濃国(岐阜県南部)周辺で生まれたのは事実とみられている[2]。『続群書類従』本「明智系図」や「土岐文書」に見える明智氏の家系は、可児郡明智荘を伝領した形跡がない[37]。光秀の父が土岐頼武に仕えたとしたら、光秀の生地は福光館(現・岐阜市福光東町)近傍か、玄宣の領地、おそらく頼尚所領譲状に半分知行と書かれた駄智村(現・土岐市駄知町)・細野村(現・土岐市鶴里町細野)ということになる。また、1525年に土岐頼武が敗れた際、光秀は越前国に逃れ、そこで幼少期を過ごした可能性が指摘されている[38]。越前国における伝承によると、一乗谷周辺の栃泉町の小字「坊の城」は光秀が幼少期に母とともに居住した場所とされ、同町内の小字「西畦」では光秀が薪割りをしたとの伝承も残る[39]

このほかに、近江国出生説もある[40]。江戸時代前期に刊行された『淡海温故録』には、光秀の2、3代前の祖先が土岐氏に背いて六角氏を頼り、近江国犬上郡で生まれ育ったと記述する。同郡の多賀町佐目(さめ)には「十兵衛屋敷跡」(十兵衛は光秀通称)と呼ばれてきた場所がある。光秀の初期活動は近江で確認され、多賀町説は簡単に除けられないと指摘されている[41]。岐阜県瑞浪市説や、後述する同県大垣市上石津町説を含めて、出生地とされる地域は6ヵ所ある[42]

青年期[編集]

青年期の履歴は不明な点が多い。光秀は美濃国の守護・土岐氏の一族[注釈 15][注釈 16]で、『明智軍記』によると、土岐氏に代わって美濃の国主となった斎藤道三に仕えるも、弘治2年(1556年)、道三・義龍の親子の争い(長良川の戦い)で道三方であったために義龍に明智城を攻められ、一族が離散したとされる。

一方で、年未詳8月22日付で前野丹後守に宛てた光秀書状に、「……仍次郎越州へ罷越候ニ付て、朝倉殿より被進候御状之通被仰下候、令畏存候、……然ニ越州御同心之筋目候之条、致満足候、……」とあり[45]、次郎という人物が越前に行くことや朝倉氏がその人物に味方することについて書かれている。土岐家惣領は代々次郎を名乗っており、光秀は土岐頼純の側近として仕え、土岐頼芸・斎藤道三と対峙していたとされる。この光秀書状は天文13年(1544年)に年次比定されている[46]

天文4年(1535年)8月、頼純は朝倉氏と六角氏の支援を得て、頼芸を担ぐ道三と戦い敗れ、母の兄である朝倉孝景を頼って、越前へ逃れた。天文5年(1536年)9月にも、頼純は道三と戦った。天文6年(1537年)2月、頼芸・道三と頼純・朝倉氏・六角氏が和睦し、天文7年(1538年)8月、頼純は越前から美濃に帰国し、大桑城に入った。天文12年(1543年)末、頼純は道三と大桑で戦い敗れ、織田信秀を頼って尾張へ逃れた。天文13年(1544年)9月、朝倉氏・織田氏の支援を得て、朝倉軍とともに、美濃に攻め込んだが、道三に敗れ越前に逃れた。天文15年(1546年)、頼純は道三と和解し、美濃へ帰国し、道三の娘を娶った。天文16年(1547年)11月、頼純は24歳の若さで急死。道三による暗殺とみられている[46]。光秀は頼純の死後も美濃に留まったとみられ、『美濃明細記[注釈 17]には、弘治2年(1556年)の長良川の戦い斎藤義龍軍に参陣した32人の土岐一族の武将の5番目に、明智十兵衛という名前がある[46][47]

その後、光秀は越前国朝倉義景を頼り、10年間仕え、長崎称念寺門前に居住していたとも言われる[注釈 15]。『武家事紀』には「元濃州明智人也、朝倉義景家臣黒坂備中守所ニツカヘ、後細川藤孝ニ仕ユ、藤孝カ處ヲ出テ、直ニ将軍家義昭ニ奉公ノ列タリ」とあり[48]、黒坂備中守景久は舟寄城主で、舟寄城と称念寺は約500メートルの距離である。越前国に在住していた傍証は、越前地付きの武士の服部七兵衛尉宛の、天正元年8月22日(1573年9月18日)付け光秀書状[注釈 18]がある[49]

光秀の躍進[編集]

2016年時点で判明している限りでは、「米田文書」(個人蔵)に含まれる『針薬方』が光秀の史料上の初見である[50]。これは2014年に熊本藩細川家の家臣で医者だった米田貞能(米田求政)の、熊本市にある子孫の自宅で発見された医学書で[51]、光秀自身が「高嶋田中籠城之時(高嶋田中城に籠城)」に語った内容を含んでいる沼田勘解由左衛門尉[注釈 19]の所持本を、永禄9年10月20日(1566年12月1日[注釈 2])に近江坂本において米田貞能が作成した写本である[50][53]。定説の元となった『明智軍記』には、永禄9年10月9日に光秀は越前から美濃の岐阜に来たと書かれているが、光秀は『針薬方』が書かれた永禄9年10月20日以前に、幕府方として、高嶋田中城に籠城したことになる[46]

その後の調査の結果、明智光秀が若き日に語った医学的知識を、人づてに聞いた米田によりまとめられたものだと推測されており、出産刀傷の対処法など、当時としては高度な医学的知識に関する記述などが見られ、この古文書を一般公開した熊本県立美術館は、光秀が信長に仕える前は医者として生計を立てていた可能性があることを推測させる貴重な資料だとしている[51]

確定はできないものの、光秀の「高嶋田中籠城之時」は、永禄8年5月9日(1565年6月7日[注釈 2])に室町幕府第13代将軍・足利義輝が暗殺された(永禄の政変)直後であると考えられる[50]が、前述の朝倉義景仕官時代と重なる恐れがある。田中城は現在の滋賀県高島市安曇川町にあった湖西から越前方面へ向かう交通の要衝で、かねてからここを拠点に活動していたと見れば、後の元亀2年(1571年)に滋賀郡に領地を与えられるのも理解しやすくなる[54]

義昭は各地に檄文を発していたので、身を持て余していた人々が馳せ参じたかもしれず、光秀もその一人だったと考えられる。そして、琵琶湖の西部に位置する高嶋の地に軍事的緊張が高まった永禄9年8月から10月20日の間に、足利義昭方として、対三好軍戦の防御網の一角である高嶋田中城詰に参加し、その後家臣団の整備の際に足軽衆として正式に編入されたのだろう[52]

一方で、永禄9年に入り、江北の浅井長政は高島郡の山徒土豪を引き入れるかたちで積極的に高島郡への進出を図った。長政は饗庭氏を中心とする山徒「三坊」(西林坊定林坊宝光坊)に、味方に付いたなら、保坂関所・万木の正覚寺跡・河上庄六代官のうち朽木殿分・善積庄八坂名を与えることを約束し、山徒千手坊には「河上六代官之内田中殿分」を与えると約束し、幕府御家人朽木田中氏らの所領押領を図った。その後の在地の状況が具体的にどのようであったかは不明であるが[55]、5月19日付けで義昭申次を務めた奉公衆曽我助乗宛ての光秀書状「高嶋之儀、饗庭三坊之城下迄令放火、敵城三ヶ所落去候て今日帰陣候、然処、従林方只今如此註進候、可然様御披露肝要候、………」があり[56]、近江高嶋で饗庭三坊と呼ばれる西林坊・定林坊・宝光坊の城下に放火し、敵城三カ所を落としたこと、林方よりの注進を義昭に披露してほしいことが書かれている。この光秀書状は、元亀3年(1572年)に年次比定されているが、米田文書の再発見、「来迎寺文書」(4月18日付で長政が西林坊・定林坊・宝光坊の忠節を褒め、知行(朽木氏・田中氏の領地を含む)をあてがう旨の書状)などにより、文禄9年に年次比定されるべきであり、「高嶋田中籠城之時」の同年5月ごろまでに光秀は義昭に加勢していたと指摘されている[46]

足利義昭との関係[編集]

永禄8年(1565年)5月19日、三好三人衆松永久秀らによって、兄の将軍足利義輝、母の慶寿院、弟の鹿苑寺の院主周暠を殺害され(永禄の変)、院内に幽閉されていた南都興福寺一条院門跡であった覚慶(足利義昭)は同年7月28日、大和国から脱出し、翌日近江国甲賀郡和田(現・滋賀県甲賀市)に到着して、和田惟政の屋形に入った[57]。この脱出には、朝倉義景の働きかけもあった[58]。その直後から義昭は織田信長を含む各地の武将に上洛と自身の将軍擁立を促し、和田惟政や細川藤孝が使者に立ち信長は了承したが、当時は美濃国平定前であった。義昭が幕府再興でもっとも期待をよせていたのは、織田信長と上杉謙信の二人であった。8月14日付で朝倉義景の重臣前波吉継が義昭を越前に迎える意思を表明した返書を和田惟政宛てに送っており、光秀が義景から派遣された可能性も考えられる。

同年11月、三好一門の内訌(三好三人衆松永久秀)が起こり、戦火が畿内全域に広がると、同年12月21日、義昭は六角氏(六角義賢)の好意で同じ近江国内の野洲郡矢島(現・滋賀県守山市)の少林寺に移座し、翌年2月17日に還俗して義秋に改めた[57]

「米田文書」の『針薬方』には、「右一部、明智十兵衛尉高嶋田中籠城之時口伝也」という奥書を持つ沼田勘解左衛門尉の所持本を、米田貞能が近江坂本において写したとあり[53]、光秀はこれが書かれた永禄9年10月20日以前に、義昭に加勢し、高嶋田中城に籠城した[46]

永禄9年(1566年)4月、義昭側が織田・斎藤両家の間に和睦を結ばせたので、信長は同年8月29日(1566年9月12日[注釈 2])に美濃の国境へ出兵したが、斎藤龍興によって撃退され、上洛は頓挫した[59][60]

同年8月3日、矢島を襲撃しようとした三好三人衆の兵を坂本で迎撃して、難を逃れ、また同年夏頃、六角氏が松永久秀を圧倒した三好三人衆と手を結んだため、同年8月29日夜半、義昭は妹婿である若狭国守護・武田義統の下に逃れたが、この頃武田氏の家中で騒擾が起き、攪乱していたため、越前の朝倉氏を頼り、同年9月8日、敦賀に至った。しばらくここで過ごした[61]

永禄10年(1567年)11月21日、朝倉氏の本拠地である一乗谷(現・福井県福井市)の安養寺に移座し、永禄11年4月15日に元服して義昭に改めた[61][62]。光秀は安養寺から3キロほど離れた東大味に居住していたとみられる。

義昭が信長に不信を募らせて、いったん見切りをつけ、さらに各地に援助を求め朝倉義景を頼ったことから、光秀は義昭と接触を持つこととなった。しかし、義昭が上洛を期待しても義景は動かない。光秀は「義景は頼りにならないが、信長は頼りがいのある男だ」と信長を勧め、そこで義昭は永禄11年6月23日(1568年7月17日[注釈 2]。『細川家記』)、斎藤氏から美濃を奪取した信長に対し、上洛して自分を征夷大将軍につけるよう、前回の破綻を踏まえて今回は光秀を通じて要請した[63]。2回目の使者も細川藤孝だが、信長への仲介者として光秀が史料にまとまった形で初めて登場する。この記事に「信長の室家に縁があってしきりに誘われたが大祿を与えようと言われたのでかえって躊躇している」と紹介している[64]。光秀の叔母は斎藤道三の夫人であったとされ、信長の正室である濃姫(道三娘)が光秀の従兄妹であった可能性があり、その縁を頼ったとも指摘されている[65]。また、従兄妹でなくても何らかの血縁があったと推定される[66]斎藤利治も末子(弟)で同様との指摘もある[67]。しかしながら、信長は永禄8年(1565年)に上洛の意志があることを表明しており、永禄9年以降、藤孝はしばしば義昭の上使として自ら尾張へ行っている[68]ため、この光秀のすすめによって藤孝が信長との交渉を始めたという『細川家記』の記述は疑わしい。

永禄11年7月頃、美濃国を併呑し、北伊勢を攻略した信長が義昭に「上洛戦のお供をしたい」と言上してきたので、義昭は越前を去り、同年7月22日、美濃国岐阜に到着した[69]

小和田哲男は、将軍・義輝の近臣の名を記録した『永禄六年諸役人附』「光源院殿御代当参衆并足軽以下衆覚」(『群書類従』収載)に見える足軽衆「明智」を光秀と解し、朝倉義景に仕えるまでの間、足軽大将として義輝に仕えていたとする[70]。しかし『永禄六年諸役人附』は、記載された人名から前半の義輝期と後半の足利義昭の将軍任官前の二部に分かれ、「明智」の記載があるのは後半部であり、義昭時代から足軽衆として仕え高位ではなかったとも言われる[注釈 20][23]。 なお、この足軽衆とは雑兵ではなく、行列などの際に徒歩で従うのことであり[72]、戦場で稀有の働きを期待された精鋭部隊の兵士という意味であり[73]、将軍義輝の段階で創設され、出自は多士済々であるが、将軍直臣でない者たちで構成されていたとされる[74]。これは末尾に名字だけで記載され、当時の義昭にとって光秀は取るに足りない存在だとうかがわせる。室町幕府では、土岐氏は三管領四職家に次ぎ諸家筆頭の高い家格で、十余支族も幕府奉公衆となり、土岐明智氏などは将軍家と結んで独自の地位を築いた。その奉公衆や外様衆などの高位に就いてきた「土岐明智氏」の家系に連なる者を、形式的な伝統を重んじ家格に配慮する義昭が、足軽衆に格下げして臣従させたことになり、「土岐明智氏」なのか疑問がもたれている[23]。また、光秀を奉公衆「土岐明智氏」と直接結びつけた現存の系譜の信憑性に疑いを持って「土岐明智氏」が事実だとしても傍流出身であったとする説もある[75]。しかも、光秀が幕府に仕えた頃には、所領を失って領主としての性質は持っておらず、越前の朝倉義景に属していたわけだから、奉公衆ではなく、足軽衆とする幕府の判断も妥当だろう[76]。また、細川家の宿老クラスだった薬師寺たちが、足軽衆に編制されていた以上、「立入左京入道隆佐記」で美濃守護土岐氏の重臣の一人だったとされ、薬師寺たちと同様の立場だった光秀が足軽衆に繰り入れられていたのも、当時の身分編制からすれば、おかしなことではない[52]。ただし、現在残されている番帳(『永禄六年諸役人附』)は原本とは見なされず、足軽衆「明智」は後世の追記と見る説もある[77]

小林正信は、永禄の変で父子とも死亡記録のある室町幕府奉公衆の実力者の進士晴舎の息子・進士藤延が生き残り、改名して明智光秀になり、光秀の妹・御ツマキは義輝の側室小侍従局光慶は小侍従局が産んだ義輝の子である、と主張している[78]

細川藤孝と朝倉家との関係[編集]

本能寺の変後に、ルイス・フロイスの『日本史』や英俊の『多聞院日記』には、光秀は元は細川藤孝に仕える足軽中間(主人の身のまわりの雑務に従事する武士の最下層)であったと記すが、これは両者の地位に大きな差があったということで、当時には何らかの上下関係があったと見てよい[23][2]。信長への仕官の初祿は『細川家記』では500貫文で朝倉家と同額としており、これは雑兵ら約百人を率いて馬に乗り10騎位で闘う騎馬うまのりの身分であり[64]、通説となってきた。しかし、太田牛一の『太田牛一旧記』では、朝倉家で「奉公候ても無別条一僕の身上にて」と、特色の無い部下のいない従者1人だけの家臣だと記述している[79][注釈 21]

足利義昭の家臣から織田信長の家臣へ[編集]

永禄11年9月26日(1568年10月16日[注釈 2])、義昭の上洛に加わる。

同年11月15日、近衛前久の弟で聖護院門跡道澄が主催し、信長の右筆である明院良政を主賓にすえた連歌会で、道澄、雅淳紹巴昌叱藤孝らと同座し、6句詠んだ[81][82][83]

永禄12年1月5日(1569年1月21日)、三好三人衆が義昭宿所の本圀寺を急襲した(本圀寺の変)。防戦する義昭側に光秀もおり、『信長公記』への初登場となる。その翌月から文書発給に携わり始め、2月29日に光秀・村井貞勝日乗上人連署で文書を発給している[84][85]

同年4月頃から木下秀吉(後に羽柴へ改姓)、丹羽長秀中川重政と共に織田信長支配下の京都と周辺の政務に当たり、事実上の京都奉行の職務を行う[86]

同年10月、信長と義昭が意見の食い違いで衝突して信長が突如として岐阜に戻ってしまう。

永禄13年(1570年)正月に信長は義昭の権限を規制する殿中御掟を通告するが、宛先は光秀と朝山日乗で、義昭は承諾の黒印を袖に押し信長へ返している。同日、信長名で「禁裏と将軍御用と天下静謐のために信長が上洛するので、共に礼を尽くすため上洛せよ」との触れが全国の大名に出される。

同年3月1日(1570年4月6日[注釈 2])、信長は将軍から離れた立場で正式に昇殿し、朝廷より天下静謐執行権を与えられる[87]

永禄13年1月26日、公家の山科言継は幕府奉公衆へ年頭の礼に回り、その中に光秀も含まれており、すでに幕府直参の奉公衆となっていた[88]

元亀元年4月28日(1570年6月1日[注釈 2])、光秀は金ヶ崎の戦いで信長が浅井長政の裏切りで危機に陥り撤退する際に池田勝正隊3,000人を主力に、秀吉と共に殿を務めて防戦に成功する[注釈 22]

同年4月30日(1570年6月3日[注釈 2])、丹羽長秀と共に若狭へ派遣され、武藤友益から人質を取り、城館を破壊して5月6日帰京する。またこの頃、義昭から所領として山城国久世荘(現・京都市南区久世)を与えられている(『東寺百合文書』)。

同年6月28日、光秀は姉川の戦いに参加したようだ。『松平記』には、「越前衆に向て、一番柴田明智、二番家康、三番稲葉一鉄」と記されている[90]

同年9月、志賀の陣にも参陣しているが、兵力は300人から400人と大きくなく、戦の小康状態の時に宇佐山城を任され、近江国滋賀郡と周囲の土豪の懐柔策を担当した[91]

元亀2年(1571年)には、三好三人衆四国からの攻め上りと同時に石山本願寺が挙兵すると、光秀は信長と義昭に従軍して摂津国に出陣した。

同年9月12日の比叡山焼き討ちで中心実行部隊として(和田秀純宛「仰木攻めなで切り」命令書)[92]武功を上げ、近江国の滋賀郡(志賀郡:約5万石)を与えられ、間もなく坂本城の築城にとりかかる。柴辻俊六は光秀と他の幕臣及び織田家家臣との文書の連署状況や、滋賀郡の拝領が信長に没収された延暦寺領の処理の一環として佐久間信盛らと同時に与えられていることから、宇佐山城に入った時点の光秀の身分は幕臣であったが、滋賀郡を与えられたのを機に織田家の家臣に編入されたとみる[93]

同年12月頃、義昭に「先の見込みがない」と暇願いを出すが(曾我助乗宛暇書状)、不許可となる[94]。なお、暇願い提出の原因として旧延暦寺領の支配を任された光秀が信長と敵対したことを理由に所領の押領を図り、義昭の怒りを買ったからとする説があり、結果的に信長と義昭の対立の一因を光秀が引き起こした可能性もある[95]。元亀3年(1572年)4月、河内国への出兵に従軍した折では、まだ義昭方とする史料がある[注釈 23]

元亀4年(1573年)2月、義昭が挙兵。光秀は石山城、今堅田城の戦いに義昭と袂を別って信長の直臣として参戦した。信長は将軍を重んじ義昭との講和交渉を進めるが成立寸前で、松永久秀の妨害で破綻する[97]

同年7月、またも義昭が槇島城で挙兵し、光秀も従軍した。義昭は降伏後に追放され、室町幕府は事実上滅亡した。旧幕臣には伊勢貞興ら伊勢一族や諏訪盛直など、その後、光秀に仕えた者も多い[98]。同年、坂本城が完成し、居城とした。

天正元年(1573年)7月、村井貞勝京都所司代になるが、実際には天正3年(1575年)前半まで光秀も権益安堵関係の奉行役をして「両代官」とも呼ばれ連名での文書を出し単独でも少数出している。京都と近郊の山門領の寺子銭(税)も徴収している[99][100]。朝倉氏滅亡後の8月から9月まで、羽柴秀吉や滝川一益と共に越前の占領行政を担当し[101]、9月末から溝尾茂朝三沢秀次)、木下祐久津田元嘉が代官として引き継いだ[102]

天正3年(1575年)7月、光秀は惟任(これとう)の賜姓と、従五位下日向守に任官を受け、惟任日向守となる[103]。同じ日に塙直政は原田、丹羽長秀は惟住の名字を与えられており、光秀は彼らと同格、すなわち織田氏の重臣層に加えられたことを意味していた[104]

丹波攻略と畿内方面軍の成立[編集]

天正3年(1575年)の高屋城の戦い長篠の戦い越前一向一揆殲滅戦に、光秀は参加する[103]。そして、丹波国攻略を任される[103]。丹波国は山続きで、その間に国人が割拠して極めて治めにくい地域であった。丹波国人は親義昭派で、以前は信長に従っていたが義昭追放で敵に転じていた[105]

ただし、丹波国人全てが一致していた訳ではなく、桑田郡宇津荘の宇津頼重船井郡内藤如安は親義昭・反信長の姿勢を早くから示していたが、彼らと勢力争いをしていた船井郡の小畠永明は早くから信長に協力的で光秀とも面識があった。また、桑田郡今宮の川勝継氏も小畠の説得で織田方に転じていた[106][107][108]

7月に入ると、まず光秀は小畠・川勝の協力を得て宇津頼重攻めを始めるが、途中で信長より越前・丹後方面への援軍を命じられて離脱したところ、8月には宇津頼重に織田方の馬路城余部城を攻められるなど苦戦する。また、丹後出兵の背景には信長の丹波攻略に対して曖昧な姿勢を示しながら、山名氏領である但馬の出石城・竹田城への攻略を進める氷上郡の赤井直正に対する牽制の意図があったという[109]

一旦坂本城に戻った光秀は、10月に改めて丹波攻略を開始すると、宇津頼重は戦わずに逃亡し、続いて竹田城攻略を断念して帰還した赤井直正の黒井城を包囲するが、天正4年(1576年)1月15日に八上城主・波多野秀治が裏切り、不意を突かれて敗走する[110][111][112]。この結果、直後に信長から朱印状を与えられている小畠・川勝以外の国人の多くが離反したとみられている[113]

天正4年(1576年)4月、石山本願寺との天王寺の戦いに出動するが、同年5月5日に逆襲を受けて司令官の塙直政が戦死する。光秀も、天王寺砦を攻めかかられ、危ういところを信長が来援し助かる。23日には過労で倒れたため、しばらく療養を続けた[114]

同年11月7日(1576年11月27日[注釈 2])、正室の煕子が坂本城で病死する[115]。この頃、光秀は余部城を丹波の本拠にしていたが、安定した本拠地として亀山に城を築くことを決めて、翌天正5年(1577年)1月より準備を進めている[116]

天正5年(1577年)、紀州雑賀攻めに従軍する。同年10月、松永との信貴山城の戦いに参加して城を落とす。同月に丹波攻めを再開して翌月には籾井城を落とすが一時的なもので、以降は長期戦となる。そして難敵となった八上城を包囲し続け、その後も丹波攻めと各地への転戦を往復して繰り返す。

天正6年(1578年)3月、氷上郡の赤井直正が病死すると、再度丹波に出陣して園部城の荒木氏綱を降伏させる[117]が、4月29日(1578年6月4日[注釈 2])には、毛利攻めを行う秀吉への援軍として播磨国へ派遣され、同年6月に神吉城攻めに加わる。ところが9月に入ると丹波国人の大規模な反乱が発生して亀山城防衛の要地であった馬堀城までも一時占拠され、光秀は急遽亀山城に入ると奪われた城を奪回した[118]

同年10月下旬、信長に背いた摂津の荒木村重を攻めて有岡城の戦いに参加する。ところがこの段階では亀山城は完成しておらず、村重の乱を知った波多野軍は一時八上城を包囲する明智軍に攻勢をかけている[119]

光秀の三女・玉子(洗礼名・ガラシャ)と細川忠興勝竜寺城で結婚する。主君信長の構想に基づく命令による婚姻であったことに特徴がある[120]

同年8月11日、信長が光秀に出した判物があり(『細川家記』)、光秀の軍功を激賛、細川幽斎の文武兼備を称え、細川忠興の武門の棟梁としての器を褒めた内容で、それらの実績を信長が評価したうえで進めた光秀の娘玉子と細川忠興との政略結婚であったことが知られるが、ただ懸念されるのは、この判物の文体が拙劣であり、戦国期の書式と著しく異なっていることである[121]。このことから偽作の可能性が高い古文書とされている[122]

天正7年(1579年)、丹波攻めは最終段階に入っていたが、1月には波多野軍の反撃で丹波の国人では数少ない一貫した親織田派であった小畠永明が討死する。光秀は永明の遺児に明智の名字を与えて、小畠一族には一時的な名代を立てるのは許すが、将来は必ず永明の子を当主に立てることを命じている[123][124][125]。しかし、同年2月には包囲を続けていた八上城が落城。同年8月9日(1579年8月30日)、黒井城を落とし、ついに丹波国を平定。さらに、すぐ細川藤孝と協力して丹後国も平定した[126]

天正8年(1580年)、信長は感状を出し褒め称え、この功績で、丹波一国(約29万石)を加増されて合計34万石を領する。さらに、本願寺戦で戦死した塙直政の支配地の南山城を与えられる[127]亀山城周山城を築城し、横山城を修築して「福智山城」に改名した。黒井城を増築して家老斎藤利三を入れ、福智山城には明智秀満を入れた。同年の佐久間信盛折檻状でも「丹波の国での光秀の働きは天下の面目を施した」と信長は光秀を絶賛した。

また丹波一国拝領と同時に丹後国の長岡(細川)藤孝、大和国筒井順慶等の近畿地方の織田大名が光秀の寄騎として配属される。これにより光秀支配の丹波、滋賀郡、南山城を含めた、近江から山陰へ向けた畿内方面軍が成立する[128]。また、これら寄騎の所領を合わせると240万石ほどになり、歴史家の高柳光寿は、この地位を関東管領になぞらえて「近畿管領」と名付けている[4]

同年10月、信長は光秀らを大和検地奉行として奈良に派遣しており、これと関連する津田宗及の書状が残っていて[129]、光秀と宗及の親しさが確認できる[130]

天正9年(1581年)には、安土左義長爆竹と道具の準備担当をして、それに続く京都御馬揃えの運営責任者を任された[131]

同年6月2日(1581年7月2日)、織田家には無かった軍法を、光秀が家法として定めた『明智家法』[注釈 24]後書きに「瓦礫のように落ちぶれ果てていた自分を召しだしそのうえ莫大な人数を預けられた。一族家臣は子孫に至るまで信長様への御奉公を忘れてはならない」という信長への感謝の文を書く。さらに翌年1月の茶会でも「床の間に信長自筆の書を掛ける」とあり(『宗及他会記』)[注釈 25]、信長を崇敬している様子がある[136]

同年8月7・8日(1581年9月4・5日[注釈 2])に、光秀の実妹か義妹の「御ツマキ」が死去し、光秀は比類無く力を落とした(『多聞院日記』同年8月21日条)[注釈 26]公家等の日記に、ツマキ・妻木は散見する[注釈 27]。これら『多聞院日記』ほかの妻木・ツマキの各自が同一人物なのか全く不明である。『多聞院日記』には御ツマキは信長の「一段ノキヨシ」とあり、歴史学者の勝俣鎮夫は「一段のキヨシ」を「一段の気好し」として、光秀の妹は信長お気に入りの側室で、その死去で光秀の孤立化が進み、本能寺の変の遠因となったとの説を立てている[140]。だが「一段のキヨシ」を安土城の奥向きを束ねる地位にいた、とする見解もある[139][注釈 28]

同年12月4日(1581年12月29日[注釈 2])、『明智家中法度』5箇条を制定。大きくなった家臣団へ織田家の宿老・馬廻衆への儀礼や、他家との口論禁止及び喧嘩の厳禁と違反者即時成敗・自害を命じている[141]

天正10年3月5日(1582年3月28日[注釈 2])、武田氏との最終戦である甲州征伐では信長に従軍する。先行していた織田信忠軍が戦闘の主力で、今回は見届けるものであり、4月21日に帰還する。

本能寺の変[編集]

本能寺焼討之図

天正10年(1582年)5月、徳川家康饗応役であった光秀は任務を解かれ、羽柴秀吉の毛利征伐の支援を命ぜられ、同年6月2日(1582年6月21日[注釈 2])早朝に出陣する。その途上の亀山城内か柴野付近の陣で、光秀は重臣達に信長討伐の意を告げたといわれる。軍勢には「森蘭丸から使いがあり、信長が明智軍の陣容・軍装を検分したいとのことだ」として京都へ向かったという[142]

本城惣右衛門覚書』によれば、雑兵は信長討伐という目的を最後まで知らされておらず、本城も信長の命令で徳川家康を討つのだと思っていた。光秀軍は信長が宿泊していた京都の本能寺を急襲して包囲した[143][注釈 29]。光秀軍13,000人に対し、近習の100人足らずに守られていた信長は奮戦したが、やがて寺に火を放ち自害したとされている。信長の死体は発見されなかった。

その後、二条新御所にいた信長の嫡男・信忠と従兄弟の斎藤利治[注釈 30]が、二条新御所において見事な防戦(奮戦)をしているのを確認し、降伏勧告をしたとされるが、利治は忠死を選んだ(『南北山城軍記』)[注釈 31]、応援に駆け付けた村井貞勝と息子の村井貞成村井清次や信長の馬廻りたちを共に討ち取った。また津田信澄(信長の弟・織田信行の子)は光秀の娘と結婚していたため、加担の疑いをかけられ大坂神戸信孝(信長の三男)らに討たれた。

山崎の戦いと最期[編集]

西教寺にある明智光秀とその一族の墓

光秀は京都を押さえると、すぐに信長・信忠父子の残党追捕を行った。さらに信長本拠の安土城への入城と近江を抑えようとするが、勢多城主の山岡景隆[注釈 32]瀬田橋と居城を焼いて近江国甲賀郡に退転したため、仮橋の設置に3日間かかった。光秀は、まず坂本城に入り同年6月4日(1582年6月23日[注釈 2])までに近江をほぼ平定し、同年6月5日には安土城に入って信長貯蔵の金銀財宝から名物を強奪して自分の家臣や味方に与えるなどした。

同年6月7日には誠仁親王は、吉田兼和勅使として安土城に派遣し、京都の治安維持を任せている。京都市中が騒動し、混乱を憂いてのことと思われるが、この時に兼和は「今度の謀反の存分儀雑談なり」と記し「謀反」としている[144]。光秀はこの後、同年6月8日に安土を発って、同年6月9日には宮中に参内して朝廷に銀500枚を献上し、京都五山大徳寺にも銀各100枚を献納、勅使の兼見にも銀50枚を贈った[145][146]

だが、光秀寄騎で姻戚関係もある丹後の細川幽斎・忠興親子は信長への弔意を示すために髻を払い、松井康之を通じて神戸信孝に二心の無いことを示し、さらに光秀の娘で忠興の正室・珠(後の細川ガラシャ)を幽閉して光秀の誘いを拒絶した。『老人雑話』には「明智(光秀)、始め(は)細川幽斎の臣なり」とあり、両者の上下関係は歴然としていることから、細川幽斎には光秀の支配下に入ることを潔しとしない風があったとされている[147]

また、同じく大和一国を支配する寄騎の筒井順慶も秀吉に味方した。ただし、筒井に関しては秀吉が帰還するまでは消極的ながらも近江に兵を出して光秀に協力していた[148]。また、詳細は後述するが、高山右近ら摂津衆を先に秀吉に押さえられたことが大きいとフロイスが『日本史』で指摘している。

本能寺の変を知り急遽、毛利氏と和睦して中国路備中高松城から引き返してきた羽柴秀吉の軍を、事変から11日後の同年6月13日(1582年7月2日[注釈 2])、天王山の麓の山崎(現在の京都府大山崎町と大阪府島本町にまたがる地域)で新政権を整える間もなく迎え撃つことになった[149]

決戦時の兵力は、羽柴軍2万7千人(池田恒興4,000人、中川清秀2,500人、織田信孝、丹羽長秀、蜂屋頼隆ら8,000人。但し4万人の説もあり)に対し明智軍1万7千人(1万6千人から1万8千人の説もあり、さらに1万人余りとする説[150]もある)。兵数は秀吉軍が勝っていたが、天王山と淀川の間の狭い地域には両軍とも3千人程度しか展開できず、合戦が長引けば、明智軍にとって好ましい影響(にわか連合である羽柴軍の統率の混乱や周辺勢力の光秀への味方)が予想でき、羽柴軍にとって決して楽観できる状況ではなかった。羽柴軍の主力は備中高松城の戦いからの中国大返しで疲弊しており、高山右近や中川清秀等、現地で合流した諸勢の活躍に期待する他はなかった。

当日、羽柴秀吉配下の黒田孝高が山崎の要衝天王山を占拠して戦術的に大勢を定めると勝敗が決したとの見方がある。だが、これは『太閤記』や『川角太閤記』『竹森家記』などによるものであり、良質な史料(『浅野家文書』『秀吉事記』)にはこの天王山占拠が記されていないため、現在では創作とされている[151]。また他には、秀吉側3万5千人に対し、各城にも兵を残したため実数1万人程度で劣勢であり、戦いが始まると短時間で最大勢力の斎藤利三隊3千人が包囲され敗走し、早くも戦いの帰趨が決まった、との見解もある[150]

同日深夜、光秀は坂本城を目指して落ち延びる途中、小栗栖(現・京都府京都市伏見区小栗栖)[注釈 33]において落ち武者狩りで殺害された[注釈 34]とも、落ち武者狩りの百姓に竹槍で刺されて深手を負ったため自害し、股肱の家臣・溝尾茂朝に介錯させ、その首を近くの竹薮の溝に隠した[153]ともされる。『太田牛一旧記』によれば、小栗栖で落ち武者などがよく通る田の上の細道を、光秀ら十数騎で移動中、小藪から百姓の錆びたで腰骨を突き刺されたとする。その際、最期と悟った光秀は自らの首を「守護」の格式を表す毛氈鞍覆(もうせんくらおおい)に包んで知恩院に届けてくれと言い残したという[79]

光秀のものとされる首は、発見した百姓により翌日、村井清三を通じて信孝の元に届き、まず本能寺でさらされた。その後同月17日に捕まり斬首された斎藤利三の屍とともに京都の粟田口(現・京都府京都市東山区・左京区)に首と胴をつないでさらされた後、同年6月24日に両名の首塚が粟田口の東の路地の北に築かれたとされる(『兼見卿記』)[152]。安土城で留守を守っていた明智秀満は、同年14日に山崎での敗報を受けて残兵とともに坂本城へ戻ったが、多くが逃亡。やがて坂本城が包囲され、光秀が集めた財宝が失われるのを惜しみ、目録を添えて包囲軍に渡した(『川角太閤記』)[154]。籠城戦も無理だと判断して、光秀の妻子と自分の妻子を殺し、城に火を放って自害した[155]

人物・評価[編集]

明智光秀の像(坂本城址公園内)
明智光秀首塚、首はこの地に埋められたと伝えられる。のちに五重石塔が作られ首塚として知られる。『兼見卿記』に記録された箇所にも概ねあたる。京都市東山区三条通白川橋下る東側
  • 従来の説では光秀は『天台座主記』[156] に「光秀縷々諌を上りて云う」とあるように、信長の比叡山延暦寺焼き討ちに強く反対し、仏教勢力とかなり親密であったとされてきた。だが信長の命令とは言え延暦寺焼き討ち、石山戦争などの対宗教戦争に参戦しているほか、自領の山門の領地を容赦無く没収(門跡領も含めて)しているため、宗教に対して必ずしも保守的ではなかったとする見方[157]があった。これを補強して従来の諌止説を覆したのが、叡山焼き打ち10日前の9月2日付けの雄琴の土豪・和田秀純宛の光秀書状で、比叡山に一番近い宇佐山城への入城を命じ「仰木の事は、是非ともなでぎりに仕るべく候」と非協力な仰木(現・大津市仰木町)の皆殺しを命じており、叡山焼き打ちの忠実かつ中心的な実行者だと判明した[158]
  • 高柳光寿は、光秀は従来から言われるような保守主義者ではなく合理主義者であり、だからこそ信長に重用されて信任されたとしている[159]
  • 主君・織田信長を討った行為については、近代に入るまでは“逆賊”としての評価が主であった。特に儒教的支配を尊んだ徳川幕府の下では、本能寺の変の当日、織田信長の周りには非武装の共廻りや女子を含めて100名ほどしかいなかったこと、変後に神君・徳川家康伊賀越えという危難を味わったことなどから、このことが強調された。
  • 本能寺の変後、光秀と関係の深い長宗我部元親斎藤利堯姉小路頼綱一色義定武田元明京極高次等が呼応する形で勢力を拡大している。織田政権が崩壊したことで各地に支配の空白が生じ、家康と後北条氏上杉氏らが甲斐国信濃国を争奪した天正壬午の乱紀伊伊賀国人衆蜂起などが起きた。
  • 『フロイス日本史』中には、
    • 「その才知、深慮、狡猾さにより信長の寵愛を受けた」
    • 「裏切りや密会を好む」
    • 「己を偽装するのに抜け目がなく、戦争においては謀略を得意とし、忍耐力に富み、計略と策謀の達人であった。友人たちには、人を欺くために72の方法を体得し、学習したと吹聴していた」
    • 「築城のことに造詣が深く、優れた建築手腕の持ち主」
    • 「主君とその恩恵を利することをわきまえていた」「自らが受けている寵愛を保持し増大するための不思議な器用さを身に備えていた」「誰にも増して、絶えず信長に贈与することを怠らず、その親愛を得るためには、彼を喜ばせることは万事につけて調べているほどであり、彼の嗜好や希望に関してはいささかもこれに逆らうことがないよう心がけ」「彼(光秀)の働きぶりに同情する信長の前や、一部の者が信長への奉仕に不熱心であるのを目撃して自らがそうではないと装う必要がある場合などは、涙を流し、それは本心からの涙に見えるほどであった」
    • 「刑を科するに残酷」「独裁的でもあった」「えり抜かれた戦いに熟練の士を使いこなしていた」
    • 「殿内にあって彼はよそ者であり、外来の身であったので、ほとんど全ての者から快く思われていなかった」
等の光秀評がある。鈴木眞哉藤本正行は共著『信長は謀略で殺されたのか』の中で、『フロイス日本史』での信長評が世間で広く信用されているのに対し、光秀評は無視されていると記し、光秀に対する評価を見直すべきとしている。信長の筆頭家老であった佐久間信盛が失脚し、その軍団は光秀が引きついでいるが、『佐久間軍記』には「誰かの讒言があったのではないか」という意味のことが書かれており、『寛政重修諸家譜』の信盛の子・信栄(正勝)の項には「光秀の讒言があった」と書かれている。
  • 宗教面に関しては「悪魔(≠神道仏教)とその偶像の大いなる友」で、イエズス会に対しては「冷淡であるばかりか悪意を持っていた」とフロイスは書いているが、特にキリシタンに害を加えたという記述はない。また本能寺の変の時、光秀の小姓の1人が宣教師たちを宿泊させている(宣教師に、キリシタンの高山重友を説得させるためではあったが)。
  • 志賀郡で一向一揆と戦った時、明智軍の兵18人が戦死した。光秀は戦死者を弔うため、供養米を西教寺に寄進した[160]。西教寺には光秀の寄進状が残されており、そこに記された18人のうち一名は武士ではなく中間であった。他にも、この戦で負傷した家臣への光秀の見舞いの書状が2通残されていて、家臣へのこのような心遣いは他の武将にはほとんど見られないものであった[161]
  • フロイスは本能寺の変の後、摂津国に軍を向けて諸城を占領し、諸大名から人質を取らなかったことが秀吉に敗北した原因であるとしている[注釈 35]。ただしこれは結果論であり、当時の光秀の立場を無視しているとも言われる[163]。光秀は、近江方面の平定から始めている。これは常識的な判断である。そして秀吉の「中国大返し」という思わぬ事態にそれ以上の展開を阻まれたのである[164]。しかし、4日から8日まで5日間も安土に留まり朝廷工作を優先していたと思われ、これは大きな失敗である[165]
  • 光秀は信長を討った後、味方に付く大名がほとんどいなかったため、なりふりかまわぬ行動をしている。特に縁戚関係にあった細川藤孝・忠興父子に対しては「家老など大身の武士を出して味方してくれれば、領地は摂津か、但馬・若狭を与え、他にも欲しいものがあれば必ず約束を履行する。100日の内に近国を平定して地盤を確立したら、十五郎(光秀嫡男)や与一郎(忠興)に全てを譲って隠居する」などと6月9日付で出された書状「覚」が『細川家記』収載「明智光秀公家譜覚書」にある[166]。しかしながら、この「覚」について、立花京子は「花押の上部の中央線が他に例のないほど太く、しかもそれの延長であるべき下部になると段差的に細くなり、他の花押には決して見られない不自然な筆の運びとなっている。筆跡の鑑定などを必要とする要検討文書と考える」と結論づけている[167]
  • 諸学に通じ、和歌茶の湯を好んだ文化人であった。
    • 光秀の連歌会参加の初見は永禄11年(1568年)だが、詠んだ句は6句と少なく依然未熟であった。しかし勉強したのか2年後の元亀元年(1570年)には8句を詠み、その後の天正2年(1574年)には連句会を初主催して発句と脇句を詠み、それを含め計9回も主催した。他の催した連歌会の参加は11回にも及ぶ。また当時の連歌の第一人者・里村紹巴とその門派たちと交流し、天正9年(1581年)には細川藤孝親子の招きで紹巴たちと9月8日に出発して天橋立に遊び、12日に連歌会を行っている[168]
    • 信長は「許し茶湯」を家臣管理に使用し、茶道具を下付された家臣に茶会主催を許可し、『信長公記』では天正6年(1578年)正月に始められ許可者12名が総覧され、光秀は選ばれている[169]。この時、八角釜を拝領し、津田宗及に師事し、12回も茶会を催している[170]。初回は慣れないのか、主催の亭主の行い事を全て津田宗及が代役している[171]
  • 内政手腕に優れ、領民を愛して善政を布いたといわれ、現在も光秀の遺徳を偲ぶ地域が数多くある。
    • 現代に至る亀岡市[注釈 36]福知山市の市街は、光秀が築城を行い、城下町を整理したことに始まる。亀岡では、光秀を偲んで亀岡光秀まつりが行われている。福知山には、「福知山出て 長田野越えて 駒を早めて亀山へ」と光秀を偲ぶ福知山音頭が伝わっている。
  • 前述のように光秀は江戸時代には謀叛人として非難の対象となっていたが、荻生徂徠は「光秀の本能寺の変の直後に京都での地子銭免除を認めたことが先例となって京都は勿論のこと大坂や伏見、江戸に至るまで地子銭免除の慣例が出来てしまったとし、このため幕府や藩が財政に窮しても豊かに暮らす町の町人からは税が取れず、農村からの年貢の増徴に頼るしかなくなってしまっている」として、光秀は主君を殺しただけでなく、農民を苦しめる悪政をもたらしたと激しく非難している[172]
  • 稲葉一鉄のもとから斎藤利三を高禄をもって引き抜いた。さらに那波直治も引き抜こうとして訴訟沙汰まで起こしていた。光秀の人材登用にかける思い入れの深さと姿勢が見られ、光秀の経営の真骨頂と評価される[173]

江戸期の編纂書・軍記や伝承不明の説話[編集]

  • 光秀は享禄元年(1528年)に父は明智光隆、母は武田義統の妹の間に美濃多羅城で生まれたとの説がある(『明智系図』[注釈 37])。一方、大垣市は、『明智一族宮城家相伝系図書』(東京大学史料編纂所)などを基に、明智光綱(光隆)の妹が美濃国石津郡の多羅(現在の大垣市上石津町多良)を領した進士信周に嫁いで産んだうちの次男を光隆の養子として、長じて光秀となったとしている[175]。(「系譜」「光秀の謎」も参照)
  • 20歳位の頃、芥川で光秀は大黒天の像を拾った。それを見た家臣が「大黒を拾えば1,000人の頭になれるそうです」と述べて喜んだが、光秀は「ならばこれは必要ない」と捨ててしまった。驚いた家臣が尋ねると、「わしは1,000人の頭になることくらいで終わるつもりはない。もっと大きくなる」と述べて大志があることを示したという(山鹿素行『山鹿語類』)。
  • 明智軍記』によれば、弘治2年(1556年)に美濃を出て越前大野に行き、いったん上洛し妻子を寺に預けてから永禄3年(1560年)から2年間で奥州盛岡から薩摩まで日本全国を回り、各地の城構えや民政を見聞したとする。ただし、その内容は吉田郡山城にいた毛利氏が安芸広島城にいたり、永禄3年(1560年)5月に桶狭間の戦いで死んだ今川義元が年末に生存していたり、伊達政宗が当時無関係の陸奥大崎にいたり、でたらめである[26]
  • 流浪時代に毛利元就に仕官を求めた際に、元就は「才知明敏、勇気あまりあり。しかし相貌、おおかみが眠るに似たり、喜怒の骨たかく起こり、その心神つねに静ならず。(光秀の才気は並々ならぬものがあり非常に魅力的ではあるけれども、彼の中にはもう一つのような一面が眠っている。利益と同じだけの災いをもたらす可能性も大きい。)」と言い断ったという(『太閤記』上和編)。
  • 永禄5年(1562年)に加賀で浪人していた光秀は一向一揆と戦う朝倉景行軍師として参戦した。一揆の動きを見た光秀は景行に対して「夜討ちに備えるべき」と進言した。多くの者は飛び入りの光秀を快く思わず意見を聞き流したが、景行のみは半信半疑ながらも夜討ちに備えた。すると光秀の進言どおりに一揆が夜討ちをかけてきたが、備えを布いていた朝倉軍は一揆に大勝した。景行は光秀の慧眼と非凡な器を知り、光秀に義景への仕官を勧めたという(小瀬甫庵『太閤記』)。
  • 鉄砲の名手で、朝倉義景に仕官した際、一四方の的を25(約45.5メートル)の距離から命中させたという。当時の火縄銃弾丸の性能を考えると、驚異的な腕前である。そのほかにも、飛ぶ鳥を撃ち落としたという逸話もある。
    • 「一百の鉛玉を打納たり。黒星に中る数六十八、残る三十二も的角にそ当りける」(『明智軍記』)。
  • 光秀は大力の持ち主であった。馬上で太刀打ちとなった時、光秀は相手の馬の橋を引いて切って捨てた。また、家臣が敵に組み敷かれているのを見た光秀は、敵のの下部をつかんで引き倒したという(『明智軍記』)[176]
  • ある合戦で対陣中の光秀の下に、塩瀬三右衛門という者が陣中見舞いとして光秀の好物を持参した。光秀が喜んで食べていると敵軍の鬨の声が聞こえてきたため、光秀は慌てながら残りを急いで食べると指揮を執った。あまりの急ぎぶりに光秀の口周りは汚れたままで、これを見た家臣は「殿(光秀)ほどの御方でも心遅れされるとは無様なものよ」と呆れたが、心ある者は「名将となる者は軍のことのみを心がけており、寝食など忘れるもの。殿は食事などこだわらず、軍に心を委ねている証である」と述べたという(『太閤真顕記』)。
  • 夫婦仲は非常に良かったとされ、「結婚直前に疱瘡にかかり、左頬にその後が残ってしまった煕子を光秀は気にせずに迎えた」、「弘治2年(1556年)、斎藤義龍によって明智城が落とされると、光秀は身重の煕子を背負って越前へ逃亡した」などの逸話がある[177]
  • 本能寺の変で信長を討った後、光秀は京童に対して「信長は紂王であるから討ったのだ」と自らの大義を述べた。しかし京童や町衆は光秀が金銀を贈与していたから表面上は信長殺しを賞賛したが、心の中では「日向守(光秀)は己が身を武王に比している。笑止千万、片腹痛い」と軽蔑していたという(『豊内記』)。
  • 『信長公記』や秀吉の書簡、日記などの文書史料には無い、光秀を刺したという百姓の名前が江戸時代の随筆に2名(中村長兵衛[178]、小栗栖の作右衛門[179])登場するが、信憑性はない。
  • 辞世[編集]

    西教寺にある
    明智光秀公辞世句の碑
    • 順逆無二門 大道徹心源 五十五年夢 覚来帰一元
      (順逆二門に無し 大道心源に徹す 五十五年の夢 覚め来れば 一元に帰す)『明智軍記[注釈 38]
    • 心しらぬ人は何とも言はばいへ 身をも惜まじ名をも惜まじ[180]

    伝承史跡[編集]

    本能寺の変~山崎の戦い関連[編集]

    • 明智藪
    • 胴塚:明智藪から街道筋を坂本城の方向へ2km北上した京都市山科区勧修寺御所内町にあり、光秀の胴体部分を埋葬したと伝わる。江戸時代に広まった『明智軍記』の載る、で刺され深手を負った光秀がしばらく進んで絶命したという記述に基づき、明智藪から近距離に後世に里人が作った供養塔だと評されている[181]
    • 首塚
    • 大阪府高石市の「光秀(こうしゅう)寺」門前の由来によれば、その助松庵が現在の「光秀寺」の地に移転したと書かれており、門内の石碑には「明智日向守光秀公縁の寺」と書かれている。この地域に残る『和泉伝承志』によれば、本稿「山崎の戦い」に書かれている光秀とされる遺体を偽物・影武者と否定し、京都妙心寺に逃げ、死を選んだが誡められ、和泉貝塚に向かったと書かれている。光秀と泉州地域との関連では、大阪府堺市西区鳳南町三丁にある「丈六墓地」では、昭和18年(1943年)頃まで加護灯籠を掲げての光秀追善供養を、大阪府泉大津市豊中では徳政令を約束した光秀に謝恩を表す供養を長年行っていたが、現在では消滅している。
    • 光秀が愛宕百韻の際に亀岡盆地から愛宕山へ上った道のりは「明智越え」と呼ばれ、現在ではハイキング・コースになっている。
    • 本能寺の変の際、摂丹街道まで行軍していた丹波亀山城からの先陣が京都へ向かって反転した能勢方面へ向かう法貴峠の旧道(亀岡市曽我部町)には多くの大岩があり、これらの巨岩が行軍の障害となり引き返したと「明智戻り岩」と呼ばれた岩が残されている[183]

    出生関連[編集]

    • 岐阜県恵那市の旧明智町には、産湯を汲んだ井戸、幼少期の学問所などの伝承史跡がある[35]

    光秀の謎[編集]

    出自[編集]

    光秀は美濃の明智氏の出身とされるが、前半生が不透明なこともあって以下の出自説が存在する。

    名前[編集]

    光秀の名に関して、小林正信は織田信長によって与えられた名であり、元々の名は将軍・足利義輝の偏諱を受けた「藤」か「輝」を含む名であったと推測している[184]

    伝承や系図では、明智氏は代々「頼」の字を名に使用しており、光秀の父の代から「光」の字を使用するようになったとされるが、この光秀の父とされる人物を史料上から見出すことはできない[25]。「秀」の字に関しては、信長は父・織田信秀の「秀」の字を「秀いた者」という名実一致論の下で家臣に与えていたが、光秀にも同様に名を与え、光秀の「秀」の字もこの字であるいう[25]。そして、他の家臣と違い、「光」の字が「秀」の字の上にくるのは、「光」の字が義輝の諡号「光源院」の一字であるとされ、義輝の遺臣であることやかつての義輝との繋がりが考慮された結果だとされる[25]。そして、「光秀」の名には「今は亡き光源院様より参りし秀いた者」という意味が込められていたという[185]

    戒名[編集]

    光秀の戒名は、本徳寺の肖像画の賛によると、輝雲道琇禅定門(きうんどうしゅうぜんじょうもん)であるが、小林正信はこの戒名を足利義輝に由来するものであると指摘する[186]。義輝の辞世の句は「五月雨は 露か涙か 不如帰 我が名をあげよ 雲の上まで」であるが、この戒名には「義輝の名を雲の上まであげる道(人生)を貫いた光秀(「琇」の字は一字で「光秀」を表す)」という意味が込められているとされる[186]

    肖像画[編集]

    輝雲道琇禅定門の戒名が記された肖像画(本徳寺蔵)の光秀は、明らかに享年のころとは考えられない若かりし頃の光秀である[185]。これは信長に従属する以前、つまり幕臣時代の光秀を描いたものとされる[185]。そして、この光秀没後に描かれた画には、謀反人としての光秀を排除し、世間に定着した人物像に抵抗する意味合いがあったという[185]

    愛宕百韻の真相[編集]

    愛宕百韻とは、光秀が本能寺の変を起こす前に京都愛宕山愛宕神社)で開催した連歌会のことである。

    光秀の発句「時は今 雨が下しる 五月哉」をもとに、この連歌会で光秀は謀反の思いを表したとする説がある。「時」を「土岐」、「雨が下しる」を「天が下知る」の寓意であるとし、「土岐氏の一族の出身であるこの光秀が、天下に号令する」という意味合いを込めた句であるとしている。あるいは、「天が下知る」というのは、朝廷が天下を治めるという「王土王民」思想に基づくものとの考えもある。また歴史研究者・津田勇の説では「五月」は、以仁王の挙兵承久の乱元弘の乱が起こった月であり、いずれも桓武平氏平家北条氏)を倒すための戦いであったことから、平氏を称していた信長を討つ意志を表しているとされる。

    しかし、これらの連歌は奉納されており、信長親子が内容を知っていた可能性が高い(信長も和歌の教養は並々ならぬものがあり、本意を知ればただでは置かないはずである)。また、愛宕百韻後に石見国の国人・福屋隆兼に光秀が中国出兵への支援を求める書状を送っていたとする史料[187][注釈 41] が近年発見されたことから、この時点では謀反の決断をしておらず、謀反の思いも表されていなかったとの説も提示されている。

    なお、この連歌に光秀の謀反の意が込められていたとするなら、発句だけでなく、第2句水上まさる庭のまつ山についても併せて検討する必要があるとの主張もある(ただし、第2句の読み手は光秀ではない)。まず、「水上まさる」というのは、光秀が源氏、信長が平氏であることを前提に考えれば、「源氏がまさる」という意味になる。「庭」は古来、朝廷という意味でしばしば使われている。「まつ山」というのは、待望しているというときの常套句である。したがって、この第2句は、源氏(光秀)の勝利することを朝廷が待ち望んでいる」という意味になるという解釈がある。

    橋場日月は『明智光秀 残虐と謀略』の中で、第23句の「葛の葉の みだるる露や 玉ならん」の葛の葉が「裏見=恨み=不平・不満」を表す言葉であることなどに注目し、信長との方針の違いが歌に込められていると解釈した。

    本能寺の変の原因[編集]

    恵林寺を焼こうとするのを諫めた光秀を打ち据える信長
    八上の城兵、光秀の老母を斬罪にする図(『絵本太閤記』)

    本能寺の変でなぜ光秀が信長に謀反をしたのか、さまざまな理由が指摘されているが、確固たる原因や理由が結論として出されているわけではない。以下に現在主張されている主な説を記す。

    怨恨説
    主君の信長は短気かつ苛烈な性格であったため、光秀は常々非情な仕打ちを受けていたという説。以下はその代表例とされるもの。
    • 信長に七盃入りの大きい盃に入った酒を強要され、下戸の光秀が「思いも寄らず」と辞退すると、信長に「此の白刃を呑むべきか、酒を飲むべきか」と脇差を口元に突き付けられ酒を飲んだとしている(湯浅常山常山紀談』)[注釈 42]
    • 同じく酒席で光秀が目立たぬように中座しかけたところ、「このキンカ頭(禿頭の意)」と満座の中で信長に怒鳴りつけられ、頭を打たれた(キンカ頭とは、「光秀」の「光」の下の部分と「秀」の上の部分を合わせると「禿」となることからの信長なりの洒落という説もある)。
    • 天正7年(1579年)6月、丹波八上城に自身の母親を人質として出して、本目の城(神尾山城か)に招いた八上城主の波多野秀治秀尚兄弟や従者11人を生け捕りにして安土に移送したが、信長の刺客に襲われた秀治は殺害され、秀尚以下残った者は磔にされた。これに激怒した八上城の家臣は光秀の母親を磔にして殺害してしまった。殺害された母親の死体は、首を切断され木に縛られていたと言われる[188]
      しかしこれは他の史料とは一致せず創作である[注釈 43]。『信長公記』では光秀は八上城を前年より一年間包囲して責め立てて兵糧攻めで丹波兵を餓死させ、諦めて最後の出撃に出た敵を悉く討ち取ったとある。捕虜にした波多野兄弟3人は同年6月4日に安土の慈恩寺(現在の浄厳院の付近)の町外れで磔にされたが、既に観念して神妙な最後を遂げたとある[189]
    • 天正10年(1582年)、信長は武田家を滅ぼした徳川家康の功を労うため、安土城において家康を饗応した。この時の本膳料理献立は「天正十年安土御献立」として『続群書類従』に収録されている。光秀は家康の接待を任され、献立から考えて苦労して用意した料理を「腐っている」と信長に因縁をつけられて任を解かれ、すぐさま秀吉の援軍に行けと命じられてしまう。この時の解釈にも諸説あり、安土大饗応の時、実は信長は光秀に対して徳川家康を討てと命じたが光秀がそれを拒否した為に接待役を免ぜられたという説、「魚(肴)が腐っている」というのは毒を入れろと言ったのになぜ入れなかったのかという信長の怒りという説、信長自らがわざわざ鷹狩の途中に立寄って材料の魚鳥を吟味したが、肉が腐っていると草履で踏み散らし、光秀が新たに用意していたところ「備中へ出陣せよ」と下知されたが、忍びかねて叛いたとしている(『常山紀談』)。
    • 中国2国(出雲国石見国)は攻め取った分だけそのまま光秀の領地にしてもいいが、その時は滋賀郡(近江坂本)・丹波国は召し上げにする、と伝えられたこと。(『明智軍記』)
    • 甲州征伐の際に、信濃の反武田派の豪族が織田軍の元に集結するさまを見て「我々も骨を折った甲斐があった」と光秀が言った所、「お前ごときが何をしたのだ」と信長が激怒し、小姓森成利(森蘭丸)に鉄扇で叩かれ恥をかいた(『明智軍記』)。
    • フロイスは、「人々が語るところによれば密室で信長が口論の末光秀を1、2度足蹴にした」と記している(『フロイス日本史』)。これを元に桑田忠親は著書『明智光秀』で、面目を失ったためと「本能寺の変 怨恨説」を唱えた。
    野望説
    光秀自身が天下統一を狙っていたという説。この説に対しては「知将とされる光秀が、このような謀反で天下を取れると思うはずがない」という意見や、「相手の100倍以上の兵で奇襲できることは、信長を殺すのにこれ以上ないと言える程の機会であった」という意見がある。高柳光寿著『明智光秀』はこの説を採用している。
    恐怖心説
    長年信長に仕えていた佐久間信盛林秀貞達が追放され[注釈 44]、成果を挙げなければ自分もいずれは追放されるのではないかという不安から信長を倒したという説。これは怨恨説など諸説の背景としても用いられる。
    もしくは、今までにない新しい政治・軍事政策を行う規格外な信長の改革に対し、光秀が旧態依然とした統治を重んじる考えであったという説。
    理想相違説
    信長を伝統的な権威や秩序を否定し、犠牲もいとわない手法(一向宗勢力、伊賀の虐殺等)で天下の統一事業を目指したと歴史解釈した上で、光秀は衰えた室町幕府を再興し[191]、混乱や犠牲を避けながら安定した世の中に戻そうとした、と考えたところから発生した説[注釈 45]
    この説は、光秀は信長の命とともにその将来構想(独裁者の暴走)をも永遠に断ち切ったと主張する。そして光秀も自らの手でその理想を実現することは叶わなかったが、後の江戸幕府による封建秩序に貫かれた安定した社会は270年の長きにわたって続き、光秀が室町幕府再興を通じて思い描いた理想は、江戸幕府によって実現されたと主張する。
    なお、光秀は自身も教養人であったが、近畿地区を統括していた関係上、寄騎大名にも名門、旧勢力出身者が多い。特に両翼として同調が期待されていた細川氏(管領家の分流)、筒井氏(興福寺衆徒の大名化)は典型であり、こうした状況もこの説の背景となっている。
    将軍指令説 / 室町幕府再興説
    光秀には足利義昭と信長の連絡役として信長の家臣となった経歴があるため、恩義も関係も深い義昭からの誘いを断りきれなかったのではないかとする説[192]。光秀が義昭を奉じるのは大義名分があるが、直接の指令があったのかどうかも含めて、義昭の積極的関与を示すような証拠は依然として存在しない。ただし、藤田達生は紀州の武将・土橋重治に充てた光秀直筆の書状[193] から、光秀が本能寺の変の後に義昭を京に迎え入れ、室町幕府を再興するという明確な構想があったことを指摘している[194][195]。上記の理想相違説に通じる部分がある。
    朝廷説
    「信長には内裏に取って代わる意思がある」と考えた朝廷から命ぜられ、光秀が謀反を考えたのではないかとする説。この説の前提として、天正10年(1582年)頃に信長は正親町天皇譲位などの強引な朝廷工作を行い始めており、また近年発見された安土城本丸御殿の遺構から、安土城本丸は内裏清涼殿の構造をなぞって作られたという意見を掲げる者もいる。
    立花京子は『天正十年夏記』等をもとに、朝廷すなわち誠仁親王近衛前久がこの変の中心人物であったと各種論文で指摘している。この「朝廷黒幕説」とも呼べる説の主要な論拠となった『天正十年夏記』(『晴豊記』)は、誠仁親王の義弟で武家伝奏の勧修寺晴豊の日記の一部であり、史料としての信頼性は高い。立花説の見解に従えば、正親町天皇が信長と相互依存関係を築くことにより、窮乏していた財政事情を回復させたのは事実としても、信長と朝廷の間柄が良好であったという解釈は成り立たない。三職推任問題等を考慮すると、朝廷が信長の一連の行動に危機感を持っていたことになる。
    朝廷または公家関与説は、足利義昭謀略説、「愛宕百韻」の連歌師・里村紹巴との共同謀議説と揃って論証されることが多く、それだけに当時の歴史的資料も根拠として出されている。ただし、立花説では「首謀者」であるはずの誠仁親王が変後に切腹を覚悟するところまで追い詰められながら命からがら逃げ延びていること、『晴豊記』の近衛前久が光秀の謀反に関わっていたという噂を「ひきよ」とする記述の解釈など問題も多い(立花は「非挙(よくない企て)」と解釈しているが、これは「非拠(でたらめ)」と解釈されるべきであるとの津田倫明、橋本政宣らの指摘がある)。
    一時期は有力な説として注目されていたが、立花が「イエズス会説」に転換した現在、この説を唱える研究者はほぼいない。
    四国説
    比較的新しい説とされ、野望説と怨恨説で議論を戦わせた高柳・桑田の双方とも互いの説を主張する中で信長の四国政策の転換について指摘している。信長は光秀に四国の長宗我部氏の懐柔を命じていた。光秀は斎藤利三の妹を長宗我部元親に嫁がせて婚姻関係を結ぶところまでこぎつけたが、天正8年(1580年)に入ると織田信長は秀吉と結んだ三好康長との関係を重視し、武力による四国平定に方針を変更したため光秀の面目は丸つぶれになった。大坂に四国討伐軍が集結する直前を見計らって光秀(正確には利三)が本能寺を襲撃したとする。藤田達生から光秀・元親ラインと羽柴秀吉・三好康長ラインの対立の結果だと主張されている[196]。橋場日月は、四国ルートで九州に進む光秀の構想が、秀吉の中国ルート構想に敗れたことが変を呼んだとする四国説のバリエーションを唱える。
    イエズス会説
    信長の天下統一の事業を後押しした黒幕を、当時のイエズス会を先兵にアジアへの侵攻を目論んでいたキリスト教会、南欧勢力(スペインポルトガル)とする。信長が、パトロンであるイエズス会及びスペイン、ポルトガルの植民地拡張政策の意向から逸脱する独自の動きを見せたため、キリスト教に影響された武将と謀り、本能寺の変が演出されたとする説[197]。この説には大友宗麟豊臣秀吉の同盟関係が出てくるが、他にイエズス会内の別働隊が、キリシタン大名と組んで信長謀殺を謀ったとする説も出てきている。いずれも宗教上の問題以外に硝石、新式鉄砲等の貿易の利ざやがあったとされる。しかし、イエズス会の宣教師が本国への手紙で「日本を武力制圧するのは無理です」と書いている事柄からすると、「商業主義」を政策として行っていた信長政権をイエズス会が倒すのはデメリットになる。
    この説を唱える立花京子の史料の扱い方や解釈に問題があり、歴史学界ではほとんど顧みられていない。キリシタン大名との関係では、朝廷と同じように関係を継続していこうとする光秀の考えと、信長の武力による天下統一の考え方に大きなズレが生じたとする傾向の説が出ている。

    生存説[編集]

    山崎の戦いの後、竹藪で竹槍に刺されて死んだのは影武者の荒木山城守行信あり、光秀は美濃国中洞まで落ち延びたという説がある。落武者となった明智光秀は姓名を荒深小五郎に改めて生きながらえたが、関が原の戦いで東軍に参戦する途中で洪水に遭い死去した、と尾張藩士・天野信景が随筆集『塩尻』に記述している。この説によると享年は75才。岐阜県山県市中洞には明智光秀の供養塔の桔梗塚があり、明智光秀の末裔も存在している[198][199]

    南光坊天海説[編集]

    日光東照宮 陽明門 随身像

    光秀は小栗栖で死なずに南光坊天海になったという異説がある。天海は江戸時代初期に徳川家康の幕僚として活躍したで、その経歴には不明な点が多い。

    異説の根拠として、

    1. 日光東照宮陽明門にある随身像の袴や多くの建物に光秀の家紋である桔梗紋[注釈 46]が象られている事や、東照宮の装飾に桔梗紋の彫り細工が多数ある。
    2. 日光明智平と呼ばれる区域があり、天海がそう名付けたという伝承がある[注釈 47]
    3. 童謡かごめかごめ』の歌詞に隠された天海の暗号が光秀=天海を示すという説[注釈 48]

    系譜[編集]

    明智氏は「明智系図」(『続群書類従』所収)によれば、清和源氏の一流摂津源氏の流れを汲む土岐氏の支流氏族であるとされており、おおよそ伝記・系図類ではこの見解は一致している。ただしその詳細な系譜や近親者については史料によって相違が甚だしく、並列に扱うことが難しい。

    発祥の地は、美濃国明智庄(現在の岐阜県可児市または恵那市の旧明智町)とされる。『土岐文書』[202] では、美濃国土岐郡妻木郷(現在の岐阜県土岐市妻木町下石町駄知町曽木町鶴里町、土岐郡笠原町(現・多治見市笠原町))になっている[30]

    系図[編集]

    続群書類従』所収の「土岐系図」による。『続群書類従』所収の「土岐系図」は美濃国守護の土岐家の系図で、そこには土岐支族の系図も書かれており、明智家の系図も含まれる。頼尚以前と土岐定政の系統は『上野沼田 土岐家譜』とも共通する。

    土岐頼貞
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    頼清
     
    頼遠
     
    頼基
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    明智頼重1
     
     
     
    頼篤2
     
    国篤3
     
    頼秋4
     
    頼秀5
     
    頼弘6
     
    頼定7
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    頼尚8
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    頼典9
     
    頼明
     
     
     
     
     
     
     
     
    光圀10
     
    定明
     
     
     
     
     
     
     
     
    光秀11
     
    土岐定政
    • 系図纂要』所収の「明智系図」では土岐頼清の系譜とされている。頼清の嫡男である頼康の子・頼兼を明智氏初代とする。その7代目の子孫が明智光継であり、その子を光綱、そしてその子が光秀とある。
    • 『明智氏一族宮城家相伝系図書』では頼清の子・頼兼を明智氏初代とし、頼重は頼兼の養嗣子であったとする。また頼弘の子が頼典となっており、頼典は後に光継と改名したという。欠落した頼定と頼尚は、それぞれ頼典の弟とその長男となっており、頼明は頼尚の弟とされる。
    • 続群書類従』所収の「土岐系図」には、異本として、頼秀の子は頼高であり、その子は光高(始め頼久)、光高の子は光重、その弟は政宣、光重の子は光兼、光重は文明期の人という系譜が載っている[203]。『連歌辞典』には政宣は玄宣の子で幕府奉公衆とある[204]延徳2年(1490年)ごろ、兵庫頭入道玄宣と兵部少輔頼定の間に内部抗争が発生し、明応4年(1495年)、玄宣は総領としての地位を無視され、頼定と知行折中で和睦を結ぶ。この和睦を機に、玄宣の本宗家が没落し、頼定の庶流が台頭して、文亀2年(1502年)には頼尚が知行の大部分を支配し、その正当性を主張。そして嫡子頼典を義絶し、所領はすべて彦九郎頼明に譲る[30]

    父母・兄弟等[編集]

    • 父親の名は、光綱・光隆・光国と諸説ある。『明智氏一族宮城家相伝系図書』によると光隆から光綱と改名したとされる。『明智物語』[205] では、光秀の養父は明智頼明とある。
    • 母親は若狭武田氏の出身で、名はお牧の方と伝わる[注釈 49]。『総見記』などの軍記物では、光秀が老母を敵方へ人質に差し出す話が伝わっているが、事実ではない[207]
    • 光秀に兄弟がいたとする、『鈴木叢書』収録の「明智系図」によると、次弟・信教は後の筒井順慶、三弟・康秀三宅左馬助と号し、後に左馬助を称したという。いずれも別人の存在が明らかであり、事実との相違が甚だしい。『明智物語』では、光秀には定明定衡の義兄がいたとある。
    • 光秀の出自を明智氏としない俗説も多い。
      • 『明智氏一族宮城家相伝系図書』では母を光綱の妹とし、実父を山岸信周(進士信周)としている。熊本県菊池市の安国寺蔵「土岐系図」でも、光秀を信周の四男としている。
      • 『若州観跡録』では、若狭国の刀鍛冶・藤原冬広の次男としている。
      • 『明智光秀の乱』(著者:小林正信)では、明智光秀の前半生がわからないのは名前を改姓した事によるものだとして、明智光秀になり得る者を室町幕府の奉公衆の中にいる人物と断定し、僧体から還俗した進士知法師に注目した。進士氏は鎌倉時代より続く名門であり、包丁式進士流を伝える家柄で、御膳奉行を務めることでも知られている。永禄の変で死んだ足利義輝の側室・小侍従局の父が進士晴舎であった。そして、永禄の変で殉死した筈の進士晴舎の嫡子である進士藤延こそが明智光秀になった人物だと特定し、明智光秀の家臣で進士貞連は実弟で進士氏の家督を継いだとした。また、永禄の変で死んだ筈の妹の小侍従局は明智光秀の妹である御ツマキなり、小侍従局の身籠った子供は明智光慶になったとしている[78]。ただし、同書の説はあくまで著者による憶測である。

    妻室[編集]

    正室は『明智軍記』などに記載のある糟糠の妻・妻木氏(煕子)。俗伝として喜多村保光の娘、原仙仁の娘という側室がいたともある。本室の前に、山岸光信(進士光信)の娘(千草)に未婚で庶子を産ませたとする説もある[208]。後年には「側室を儲けなかった愛妻家」と一般に伝わる。

    子女[編集]

    史料のしっかりした定説が存在せず、確たる証拠のある男系子孫は存在しないが、「光秀の子孫」と伝わる家は複数系統ある。本能寺の変後の混乱や光秀への悪評を考えれば、世間に隠して生活するうちに詳細が伝わらなくなるのも無理からぬことではある。光秀の書状などにより確認できる男子は「十五郎」であり、当時の史料の上で十五郎の諱は明らかではない。

    縁戚[編集]

    叔父叔母
    • 『明智軍記』では光安光久光廉の3人の叔父と、その家族の名がある。
    • 『明智氏一族宮城家相伝系図書』によると、上記に加えて叔父・光広、叔母に岸信周の室、岸信周の後室、斎藤道三の室・小見の方[注釈 57]など5女があったという。
    従兄弟
    • 『明智軍記』では、光安の子に光春(秀満)、光久の子に光忠、光廉の子に光近があるとする。
    • 『明智氏一族宮城家相伝系図書』によると、上記に加えて光安の子に光景柴田勝定の室、ほか二女があったという。

    子孫[編集]

    山崎の戦い明智家は滅んだとされるため、確証のある光秀の子孫は他家へ嫁いだ光秀の娘たちの女系子孫たちである。細川忠興へ嫁いだ珠(細川ガラシャ)の子孫は細川家の他、令和皇室にもつながる。

    細川家[編集]

    光秀の娘、珠(細川ガラシャ)と細川忠興の間に忠隆忠利、多羅(稲葉一通室)などが生まれる。

    皇室[編集]

    明智光秀の9代後の子孫である仁孝天皇と10代後の子孫である正親町雅子の間に孝明天皇が生まれている。

    竹田家(旧皇族竹田宮家)[編集]

    織田家信勝系昌澄流[編集]

    光秀の娘と津田信澄の間に昌澄などが生まれる。昌澄は大坂の陣で豊臣方に加わるが助命され、のちに旗本となり家を残す。

    その他[編集]

    伝承 [注釈 58]、落胤説、系統不明の子孫
    • 坂本龍馬 - 坂本城に由来するという坂本家の家紋は組み合わせ角に桔梗だが、総合的にみて明智氏との関係はない可能性が高いとみられ、明智後裔説は後世の作家の創作と考えられている[211]
    • クリス・ペプラーALAN J - 兄弟どちらもタレント。母方の祖母が明智光秀の実子説がある土岐頼勝[注釈 59]の子孫。一次史料での確認はできていないが、歴史番組での検証結果などを受け、歴史研究家や日本家系図学会も「末裔と言って構わない」という見解を示した[212]
    • 明智ハナエリカ - 歌手。母はイタリア系メキシコ人。
    • 三宅艮斎 - 祖父玄碩、父英庵を初め、代々医者の家系であった蘭方医。お玉ケ池種痘所(現・東京大学医学部の起源)の開設に携わる。
    • 三宅秀 - 三宅艮斎の長男。東京大学医学部初代学部長。帝国大学医科大学長。日本初の医学博士の一人。
    • 三宅鑛一 - 三宅秀の長男。東京大学医学部教授。
    • 三宅仁 - 三宅鑛一の長男。東京大学医学部教授。
    • 明智滝朗明智憲三郎 - 明治時代になってから、残党狩りを逃れた光秀の子?の於隺丸(おづるまる)なる人物の子孫と自称し明田性から明智性に改姓。主な著書に前者は『光秀行状記』、後者は『本能寺の変 431年目の真実』。ただし於隺丸なる人物は現時点では史料上で一切確認できず、学術的には実在が否定されている架空の人物である。

    家臣[編集]

    祭礼・イベント[編集]

    知行地[編集]

    出生伝承地[編集]

    • 光秀まつり(岐阜県恵那市の旧明智町、5月3日)[35]

    明智光秀を主題とした作品[編集]

    人形浄瑠璃歌舞伎
    戯曲
    小説
    書籍(ノンフィクション)
    • 信原克哉 『明智光秀と旅』ブックハウスHD、2005年
    映画
    テレビドラマ
     NHK大河ドラマで初めて主人公として描かれたが、制作決定までには関連自治体などによる誘致運動が行われていた[213][214][215][216]。番組の時代考証を担当した小和田哲男は「(長谷川博己演じる光秀により)光秀像が一新された」と発言した[217]
    漫画
    アニメ
    楽曲
    テレビ番組
    舞台
    ゲーム

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]

    注釈[編集]

    1. ^ 寛永年間(1624 - 1645年)の成立と推測される『当代記』の享年67歳説が、成立時期や史料の性格から最も信が置けるとみられるが、断定はできない[1]
    2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u ユリウス暦による。
    3. ^ 森乱丸の弟の家系である美作森家津山藩)家臣・木村昌明が記した史料。岡山大学附属図書館所蔵池田家文庫に収められている。
    4. ^ 『明智軍記』では没年が天正10年6月14日(1582年7月3日[注釈 2])の享年55。『武家聞伝記』[注釈 3] では享年70。『明智系図』(『続群書類従』第5輯下)では生年月日が享禄元年3月10日(1528年3月30日[注釈 2])、『明智一族宮城家相伝系図書』では享禄元年8月17日(1528年8月31日[注釈 2]))。これ以外の説には『細川家記』の大永6年(1526年)、また『当代記』の付記に記された67歳から逆算した永正13年(1516年)などもある[3]
    5. ^ 生年を1528年とするのは確かな根拠があるものではなく、光秀の年齢はわからないとする説もある[4]
    6. ^ 『明智物語』では天文18年(1549年)に光秀は元服前であったことが書かれている[5]
    7. ^ 徳永真一郎『明智光秀』(PHP研究所、1988年)363頁に言及あり。
    8. ^ 漢字で書けば金柑頭(「ん」は通例読まない)で、金柑のように禿げた頭をさす一般的な表現で、特に光秀を指すわけではない。また、金華頭ともあてられることもあり、いわゆる藤原病でもある。
    9. ^ 土岐定政の父。
    10. ^ 実妹とは考えにくく、妻の妹であろう[21]
    11. ^ 前室・側室があったとの説もあり。
    12. ^ 土岐氏は建武の新政から美濃国で200年余り守護を務め、数十家の支族を輩出した[23]
    13. ^ 始め頼久と名乗り、頼宣、頼連と改名し、出家して玄宣を名乗る。明応9年(1500年)以降に還俗して光高を名乗ったと見られる。玄宣(光高)の子は光重と奉公衆の政宣、政宣に子はなく、光重の子は光兼。玄宣の父は頼高、祖父は頼秀。
    14. ^ 他に、明知城(現・岐阜県恵那市明智町[35] や、山県市美山出身などの伝承もある。前者は遠山氏の築城した城でもあり、後者は20世紀を下る記録は無い[36]
    15. ^ a b 『遊行三十一祖 京畿御修行記』(遊行同念の天正8年(1580年)7-8月の旅行記、随行者が記述)天正8年正月24日(1580年2月9日[注釈 2])条に、阪本城の光秀へ南都修行のために筒井順慶への紹介状を称念寺僧を使者にして依頼し、知人として「惟任方はもと明智十兵衛尉といって、濃州土岐一家の牢人であったが、越前国朝倉義景を頼り、長崎称念寺門前に十年居住していた。そのため称念寺使者僧とは旧情が深くて坂本にしばらく留め置かれた」と記述[43]
    16. ^ 同時代の朝廷の武士との連絡役の役職者である立入宗継の『立入左京亮入道隆左記』にも、光秀を「美濃の住人とき(土岐)の随分衆也」と記述[44]
    17. ^ もともと斎藤利良の書であったものを、一族の花村利房永禄12年(1569年)、花村利昌文禄3年(1594年)、不明の人物が元和3年(1617年)に様々な資料から書き加え、最終的に伊東實臣元文3年(1738年)に作製したものである
    18. ^ 「朝倉氏滅亡時の混乱の中で光秀と縁の深い、越前にいた竹という者の面倒を見て命を救った様子の感謝と服部七兵衛を百石加増した」内容。
    19. ^ 沼田清長、奉公衆を務めた沼田家の庶流の人物と考えられ、義昭の側近として仕えていた[52]
    20. ^ 前半に永禄6年(1563年)正月〜翌年2月頃の奉公衆、後半に永禄9年(1566年)8月〜翌年10月頃の奉公衆を列挙したもので、後半は足利義昭が編纂を命じたものという説がある[71]。後半部分は永禄10年2月から永禄11年5月までの間に追加して作成されたことが明らかにされた。さらに義昭はたどり着いた一乗谷で永禄11年4月に元服しており、その前後に作成された可能性が挙げられている[52]
    21. ^ 「一僕の身」は中世から江戸時代にかけての慣用句で、小身の「一人奉公」の侍を貶めた言い方である[80]
    22. ^ 武家雲箋』所収一色藤長書状による[89]
    23. ^ 『年代記渉節』に公方衆として記載している[96]
    24. ^ 『明智家法』については長く福知山の御霊神社にしか伝えられておらず偽文書説が有力であったが、平成8年(1996年)に同じものが尊経閣文庫から発見されたことから真書説が有力となり、確定したと断定する記述もある[132]。しかし、その一方で『明智家法』に書かれた軍の編成が江戸時代のものに酷似していることから、山本博文堀新のように依然として偽文書説を採る研究者もおり、その根拠として「戦国期の主要な兵器である弓に関する編成の規定がない」「当時の軍法の基本的な規定である『(戦闘時の)抜け駆け禁止』や家臣の従者の統制に関する規定がない」「制定日が本能寺の変のちょうど1年前という不自然さ」などを挙げている。堀は光秀の名誉回復の動きがあり『明智軍記』が編纂された17世紀後半の制作の可能性を指摘している[133][134]
    25. ^ 茶室の床の間は貴人の座の象徴である[135]
    26. ^ 「御ツマキ」が、実妹か義妹かは、論が分かれる。また苗字ならなぜ「御」が付くのか、「妹御」の誤りか[137]、名前と間違えたのか、などの疑問も言われる [138]
    27. ^ 『兼見卿記』天正6年(1578年)6月14日、信長祇園会見物の日に「妻木所」へ「台の物、肴色々・2つの瓶を使者に持ち遣わした」。天正7年4月18日条に、「妻木惟向州(光秀)妹が参詣するときの生理事のことを、書状で尋ねてきたので回答した」。また、同年9月25日条には「惟任姉妻木が在京の時に双瓶と食物を籠に入れて持参したが他の用で不在で「女房館」へ渡し帰る」とある[139]。さらに『言経卿記』天正7年5月2日条で「父言継の死去に伴う信長への挨拶の際に近所の女房衆のツマキ・小比丘尼・御ヤヽへ帯2本を進物する」。
    28. ^ 妹がもしも妻木なら、光秀の本姓も土岐明智でなく土岐妻木であった可能性がある[137]。妻木家から明智家に養子入りした仮説もありうる[138]
    29. ^ 『惟任謀反(退治)記』という史料によると、斎藤利三ら重臣が本能寺の宿所を取り巻いた際、光秀は途中で控えたと記されていたり、文献『乙夜之書物』によると、「斎藤利三と、光秀重臣の明智秀満が率いた先発隊2千余騎が本能寺を襲い、光秀は寺から約8キロ南の鳥羽に控えていた」と記されていたりと、攻撃に参加せず後方に控えていた説もあるが、実際に光秀が重臣らとともに本能寺の攻撃に加わっていたのか、あるいは後方に控えていたのかは、明確にまだわかっていない。
    30. ^ 利治は病で加治田城において静養していると考えていたようである。
    31. ^ 「班久勇武記するに遑あらず且諸記に明らけし、終に忠志を全ふして天正十壬午六月二日未刻、京師二条城中において潔く討死して、君恩を泉下に報じ、武名を日域に輝かせり」
    32. ^ 実弟・山岡景猶が光秀の寄騎近江衆の一員であった。
    33. ^ 場所については、小栗栖あるいは本経寺付近の竹薮、または醍醐か山科と当時の各日記でも情報が分かれている。
    34. ^ 8日浅野長政宛て秀吉書状でも「明智め山科の藪の中へ逃れ入り、百姓に首をひろわれ申し候」としている(『浅野家文書』)[152]
    35. ^ 「明智が信長を殺した頃、津の国の殿たちや主だった武将らは毛利との戦いに出陣していたから、同国の諸城の占領をすぐに命じなかったのは、明智が非常に盲目であったからで、彼の滅亡の発端であった。それらの諸城は、信長の命令によってほとんど壊された状態にあり、しかも兵士がいなかったので、500名あまりの兵をもって、人質を奪い、彼らを入城せしめることは、彼にとって容易な業だったはずである」「明智は勘違いして、(高山)右近殿は中国から帰って来れば自分の味方になるに違いないと考えていたからである。そこで彼はジュスタ(右近の妻)に対して、心配するには及ばない、城はあなたのものだ、と伝えさせた。高槻の人たちは、彼に美辞麗句をもって答えた。それは時宜に処した偽りのものであったが、明智はそれを聞いて無上に喜び、人質を要求しようともせず、また同様の目的で、我々(イエズス会員)に手出しすることもなかった。しかもジュストが敵になった後においてさえ、その態度は変わらなかった。彼は、信長がかつて荒木(村重)に対して行ったことを知っていたし、そのようなことを彼はなすことができ、高槻の人々をなんら苦労しないで捕らえ得たはずであった。彼の都地方の全キリシタンが明智が死ぬまで抱いていた最大の苦悩と心配の一つは、もしかすると、明智は、我々を人質として捕らえはしまいかということであった」[162]
    36. ^ 亀岡市は亀山城の城下町。伊勢亀山との混同を避けるため、明治2年(1869年)に改称した。
    37. ^ この系図は江戸時代の物で、しかも美濃多羅(現・岐阜県大垣市)が、まったく明智に縁が無い土地で、しかもこの系図の人物は研究が進んでいるが「明智」の土地を伝領した形跡がなく、信用できないとの指摘がある[174]
    38. ^ 江戸時代に起きた「越後騒動」で自害した小栗美作の辞世の偈「五十余年夢 覚来帰一元 載籤離弦時 清響包乾坤」を真似た偽作との説もある。
    39. ^ 天野信景の随筆集。元禄元年(1688年)刊。
    40. ^ 土岐琴川著、宮部書房、大正4年(1915年)。
    41. ^ 支援を求める内容ではなく、「光秀は信長の上洛の日程をあらかじめ把握していた」と読み解くことができる、すなわち突発的な襲撃ではない、と推測することもできる、そのような史料である。また、この数日後に同じ使者が美濃の西尾氏に送られている。この距離の移動は現実的ではないため、どちらかの書状が日付に誤り、もしくは偽文書である可能性がある。
    42. ^ 『フロイス日本史』およびフロイスの書簡には「信長は酒は飲まない」と記されている事や、この逸話を記している『柏崎物語』では本能寺l変の1ヶ月前の出来事としており、柴田勝家が同席している描写があるのだが、当時、勝家は北陸前線で釘付けの状態であり、酒宴に参加できる状態ではなかった。こうした事などから、疑問視する声もある。(二木謙一など)
    43. ^ 前の話は『絵本太功記』などによる創作とされる。
    44. ^ 光秀の讒言であったとの説がある[190]
    45. ^ この説には信長の大艦隊による海外進出計画も根拠として用いられる。
    46. ^ 内側の花が桔梗で明智光秀を表していると解釈して、光秀=天海説の根拠の一つとされることがある。ただし、桔梗紋の花弁と木瓜紋等に用いられる唐花とは花弁先の尖り具合が異なり、随身像の紋は桔梗紋というよりは木瓜紋の唐花に近い。
    47. ^ 天海が「ここを明智平と名付けよう」と言うと「どうしてですか?」と問われ、「明智の名前を残すのさ」と呟いたと日光の諸寺神社に伝承がある[200]
    48. ^ 光秀の出身地である岐阜県可児市から天海の廟所がある日光の方向を向くと「後ろの正面」が日本で唯一明智光秀の肖像画を所蔵している本徳寺(元は現在の大阪府貝塚市鳥羽にあった海雲寺が、岸和田藩主岡部行隆の命で現地に移され、寺号も本徳寺と改められた。)がある大阪府岸和田市貝塚市)になる[201]
    49. ^ 「牧」という名の典拠は不明[206]
    50. ^ 『明智軍記』では当初より光春の室としているが、『綿考輯録』では元は荒木村安の室で、荒木氏没落の際に離縁し、光春に再嫁したという。
    51. ^ 愛宕百韻」でも名前が見られ、実在の人物であると言われる。
    52. ^ 光秀滅亡の際に死亡したとされているが、岐阜県山県市に伝わる伝承では荒深氏を称し、荒深小五郎と名を変え生き延びた光秀とともにこの地に土着したという。
    53. ^ 一説に織田信長の三女・秀子と同一人物とされる。
    54. ^ 『明智軍記』における光慶と同人とする説もある。また安国寺蔵「土岐系図」では、進士晴舎(同系図では光秀の実兄)の後身とする。
    55. ^ 経歴は『明智軍記』における十次郎と、明智光春のものを混同している。
    56. ^ 『明智軍記』における十次郎の幼名。
    57. ^ 濃姫姉小路頼綱の室の生母。
    58. ^ 伝承も重要な資料の一種であることには留意する必要がある。
    59. ^ 史料によれば土岐頼次の長男。頼次の玄孫である高家旗本土岐頼泰が泥酔傷害事件を起こし改易配流処分し断絶。
    60. ^ 複数の主君に仕えたが、山崎の合戦では明智方の将として福島正則の隊に捕縛された記録が残る。
    61. ^ シェイクスピアの『マクベス』を翻案とし、本邦初の歌舞伎新劇の合同公演にて上演。四幕七場。初演は1957年8月、東横ホール。出演は八世松本幸四郎一座と文学座
    62. ^ 池波正太郎のオリジナル脚本による映画化で、『絵本太功記』や『明智軍記』の数々のエピソードを組み入れて構成した大作。
    63. ^ タイトルに『太閤記』となっているが、主人公は光秀。光秀と秀吉(間寛平)が幼馴染で、出世を重ねる秀吉に信長(オール巨人)が自らの地位を脅かされる危惧し、秀吉を夜襲する計画を立てる。最後は、事前にその計画を察知した光秀が秀吉を守るために信長を討つという新たな設定・展開に基づく喜劇。

    出典[編集]

    1. ^ a b 柴(総論) 2019, p. 8.
    2. ^ a b c d e 早島 2016, p. 173.
    3. ^ 谷口克広『信長と消えた家臣たち』中央公論新社、2007年。ISBN 978-4-12-101907-3
    4. ^ a b 高柳 1958.
    5. ^ 関西大学中世文学研究会編 『明智物語』 和泉書院、1996年、13頁。 
    6. ^ 『横河堂舎並各坊世譜』延暦寺叡山文庫所蔵
    7. ^ 『「異説」日本人物事典』三省堂、1983年。
    8. ^ 明智滝朗『光秀行状記』中部経済新聞社、1966年。
    9. ^ 神沢貞幹翁草』歴史図書社、1970年(安永5年〈1776年〉序文)。
    10. ^ 『美濃雑事紀』大衆書房、1969年(江戸後期)。
    11. ^ 続群書類従』 明智系図
    12. ^ 近藤瓶城編 国立国会図書館デジタルコレクション 『義残後覚』 第7巻 近藤出版部〈続史籍集覧〉、1930年、24頁https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1259252/17 国立国会図書館デジタルコレクション 
    13. ^ 本徳寺の光秀位牌
    14. ^ 本徳寺の光秀肖像画
    15. ^ 小林 2019, p. 137.
    16. ^ 西教寺
    17. ^ 盛林寺(京都府宮津市喜多)
    18. ^ 天竜寺(日本一184mの位牌)、首塚石碑
    19. ^ a b 木下聡「明智光秀と美濃国」『現代思想第四十七巻第十六号 総特集 明智光秀』青土社、2019年、81頁。
    20. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ)』(小学館)および『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』(ブリタニカ・ジャパン)および『美術人名辞典』(思文閣出版)、「明智光秀」の項、コトバンク版。2021年2月28日閲覧。
    21. ^ 渡邊 2020, p. 20.
    22. ^ 一次資料があり、2014年に熊本県で新たに発見された『針薬方』(しんやくほう)という医学書に「明智十兵衛(光秀)」の名があり、そこで解説されているセイソ散が「越州朝倉家之薬」つまり朝倉家の傷薬であると書いてあり、医学書の奥書には「明智十兵衛(光秀)が近江国高嶋郡の田中城(滋賀県高島市)に籠城したときの医薬の秘伝をまとめたもの」と明記されている。[1]
    23. ^ a b c d 谷口研 2014, pp. 15, 30–33, 82–83.
    24. ^ 上田正昭、津田秀夫、永原慶二、藤井松一、藤原彰『コンサイス日本人名事典 第5版』三省堂、2009年、20頁。
    25. ^ a b c d 小林 2019, p. 136.
    26. ^ a b c d e 桑田 1983.
    27. ^ 柴(総論) 2019, p. 9.
    28. ^ 明智憲三郎『光秀からの遺言』河出書房新社2018年
    29. ^ 明智憲三郎『光秀からの遺言』河出書房新社2018年
    30. ^ a b c 三宅 2019, pp. 64–82.
    31. ^ 明智憲三郎『光秀からの遺言』河出書房新社2018年
    32. ^ 編者は津山藩士の木村昌明とされる。後に『森家先代実録』の原史料にもなった。
    33. ^ 橋場日月『明智光秀 残虐と謀略』祥伝社祥伝社新書〉、2018年。ISBN 978-4-396-11546-3
    34. ^ 小和田 1998, pp. 20–21.
    35. ^ a b c 明智光秀公ゆかりの地 公益財団法人日本大正村(2019年1月20日閲覧)。
    36. ^ 小和田 1998, pp. 19–21.
    37. ^ 谷口研吾『明智光秀』洋泉社2014年、p.22
    38. ^ 明智憲三郎『光秀からの遺言』河出書房新社2018年
    39. ^ 新谷和之「越前国における明智光秀伝承の創出」『民俗文化』 (32) 2020年10月、pp.189-205
    40. ^ 明智光秀、出生地の通説に異論 鍵を握る一族の口伝とは 来年大河ドラマで注目 2019年12月28日京都新聞(2018.12.28access)
    41. ^ 千田嘉博『城郭考古学の冒険』幻冬舎新書、2021年 pp.136-138
    42. ^ 多賀町説 井上優・滋賀県教育委員会文化財保護課主幹 【be report】明智光秀、出生地伝説が続々/産湯の井戸は4ヵ所も、深まる謎『朝日新聞』be(土曜日朝刊別刷り)2019年4月27日・4面、2019年6月17日閲覧。
    43. ^ 谷口研 2014, pp. 34–35.
    44. ^ 谷口研 2014, p. 14.
    45. ^ 藤田 & 福島 2015, p. 139.
    46. ^ a b c d e f 明智憲三郎『光秀からの遺言』河出書房新社、2018年
    47. ^ 伊東實臣・間宮宗好著、平塚正雄編纂『美濃明細記』一信社出版部、1932年、167頁。
    48. ^ 山鹿素行『武家事紀』原書房、1982年、471-472頁。
    49. ^ 高柳 1958, pp. 14–16.
    50. ^ a b c 早島 2016, pp. 173–174.
    51. ^ a b NHK NEWS WEB - “明智光秀は医者だった?” 古文書公開 熊本県立美術館 2020年1月9日 18時59分”. 2020年1月10日閲覧。
    52. ^ a b c d 早島 2019.
    53. ^ a b 村井 2014, p. 90.
    54. ^ 細川ガラシャ展実行委員会編 『細川ガラシャ展』 熊本県立美術館、2018年8月4日、34頁。 
    55. ^ 西島太郎『戦国期室町幕府と在地領主』八木書店、2006年、179-180頁。
    56. ^ 藤田 & 福島 2015, p. 47.
    57. ^ a b 山田 2019, pp. 150–160.
    58. ^ 久野雅司『足利義昭』戒光祥出版、2015年、10-12頁。
    59. ^ 村井 2014.
    60. ^ 久野 2017, pp. 42–48.
    61. ^ a b 山田 2019, pp. 150–165.
    62. ^ 久野 2017, pp. 46–48.
    63. ^ 小和田 1998, pp. 49–50.
    64. ^ a b 高柳 1958, pp. 6–9, 20.
    65. ^ 小和田 1998, pp. 47–48.
    66. ^ 桑田 1983, p. 47.
    67. ^ 富加町史編集委員会 『富加町史 下巻 通史編』 富加町、1980年、227頁。 ASIN B000J871OG
    68. ^ 谷口研吾『明智光秀』洋泉社2014年、p.36
    69. ^ 山田 2019, pp. 164–165.
    70. ^ 小和田 1998, p. 46.
    71. ^ 長節子「所謂『永禄六年諸役人附』について」『史学文学』4巻1号。
    72. ^ 藤本 2010, p. 48.
    73. ^ 土山光仁『光秀を追う』岐阜新聞社、2020年、57-58頁。
    74. ^ 柴(総論) 2019, pp. 10.
    75. ^ 柴(総論) 2019, pp. 8–9.
    76. ^ 渡邊 2020, pp. 28–30.
    77. ^ 小林 2014, p. 154.
    78. ^ a b c 小林 2014, p. 134.
    79. ^ a b 金子拓『『信長記』と信長・秀吉の時代』 P.214 収載『太田牛一旧記』P.310-312 勉誠出版 2012年
    80. ^ 藤木久志『雑兵たちの戦場 中世の傭兵と奴隷狩り』朝日新聞社〈朝日選書〉、2005年、116-117頁。
    81. ^ 廣木 2010, p. 267.
    82. ^ 『連歌総目録』明治書院、1997年、453頁。
    83. ^ 柴(年表) 2019, p. 362.
    84. ^ 早島 2016, p. 174.
    85. ^ 芝辻俊六『織田政権の形成と地域支配』戒光祥出版、2016年、176-180頁。
    86. ^ 谷口克 2005.
    87. ^ 谷口克 2002, pp. 78–82.
    88. ^ 山科言継著、山田安栄ほか校『言継卿記』4、1915年、381頁。
    89. ^ 藤本 2010, p. 51.
    90. ^ 諏訪勝則『明智光秀の生涯』吉川弘文館2019年、p.40
    91. ^ 谷口研 2014, pp. 69–72.
    92. ^ 小和田 1998, pp. 74–76.
    93. ^ 柴辻俊六「明智光秀文書とその領域支配」『織田政権の形成と地域支配』戎光祥出版、2016年、181-187頁。ISBN 978-4-86403-206-3
    94. ^ 小和田 1998, pp. 69–70.
    95. ^ 柴 2018, pp. 32–34.
    96. ^ 高柳 1958, p. 69.
    97. ^ 谷口克広『信長と将軍義昭』中央公論新社、2014年、136-149頁。
    98. ^ 歴史読本編集部 2014, 早島大祐「第1部「徹底追跡!明智光秀の生涯」"幕府官僚伊勢家を家臣団におさめる"」.
    99. ^ 谷口克広『信長の天下所司代』中央公論新社、2009年、53-54頁。
    100. ^ 谷口研 2014, pp. 113–117.
    101. ^ 谷口研 2014, p. 100.
    102. ^ 『福井県史』通史編3 近世1「織田信長と一向一揆 信長と越前支配」信長の本知安堵北庄三人衆「福井県文書館」HP 2015年3月7日閲覧
    103. ^ a b c 早島 2016, p. 178.
    104. ^ 柴(総論) 2019, pp. 19–20.
    105. ^ 藤本正行『本能寺の変 信長の油断・光秀の殺意』洋泉社、2010年、54頁。
    106. ^ 柴(総論) 2019, pp. 20–21.
    107. ^ 大槻(柴) 2019, p. 155-156.
    108. ^ 仁木(柴) 2019, p. 203-207.
    109. ^ 仁木(柴) 2019, p. 207.
    110. ^ 柴(総論) 2019, pp. 22–23.
    111. ^ 大槻(柴) 2019, p. 156.
    112. ^ 仁木(柴) 2019, p. 208-209.
    113. ^ 仁木(柴) 2019, p. 209-210.
    114. ^ 早島 2016, p. 181.
    115. ^ 谷口研 2014, pp. 128–129.
    116. ^ 仁木(柴) 2019, p. 210-211.
    117. ^ 仁木(柴) 2019, p. 213-214.
    118. ^ 仁木(柴) 2019, p. 214.
    119. ^ 仁木(柴) 2019, p. 217.
    120. ^ 田端 2004, p. 88.
    121. ^ 米原 2000, p. 87, 宮本義己「細川幽斎・忠興と本能寺の変」.
    122. ^ 米原 2000, p. 88, 宮本義己「細川幽斎・忠興と本能寺の変」.
    123. ^ 柴(総論) 2019, p. 23.
    124. ^ 大槻(柴) 2019, p. 172.
    125. ^ 仁木(柴) 2019, p. 218.
    126. ^ 谷口克 2002, pp. 188–194.
    127. ^ 谷口克 2005, pp. 204–206.
    128. ^ 谷口克 2005, p. 204.
    129. ^ 永島福太郎「明智光秀と宗及―『天王寺屋会記紙背文書』―」(『淡交』39巻7号、1985年)
    130. ^ 米原正義「文人としての明智光秀」(二木謙一編『明智光秀のすべて』新人物往来社、1994年)
    131. ^ 小和田 1998, pp. 134–136.
    132. ^ 藤田達生「織豊期大名軍制と交戦権」『織豊期研究』10号(2008年)
    133. ^ 山本博文『続日曜日の歴史学』東京堂出版、2013年。
    134. ^ 堀新「明智光秀〈家中軍法〉をめぐって」(初出:山本博文 編『法令・人事から見た近世政策決定システムの研究』(2015年)/柴裕之 編著『シリーズ・織豊大名の研究 第八巻 明智光秀』(戒光祥出版、2019年)ISBN 978-4-86403-321-3) 2019年、P300-319.
    135. ^ 『角川茶道大辞典』
    136. ^ 歴史読本編集部 2014, 桐野作人「"文化人"としての光秀」.
    137. ^ a b 谷口研 2014, p. 217.
    138. ^ a b 桐野作人ブログ「膏肓記」2007年3月15日コメント 2018年5月12日閲覧
    139. ^ a b 谷口研 2014, pp. 215–217.
    140. ^ 勝俣 2003, pp. 3–4.
    141. ^ 歴史読本編集部 2014, 早島大祐「第1部「徹底追跡!明智光秀の生涯」"本能寺の変への道"」.
    142. ^ 谷口克 2007, pp. 42–48.
    143. ^ 「光秀ハ鳥羽ニ」、最期の言葉も 本能寺の変に新情報, 朝日新聞デジタル(2021年1月4日閲覧)
    144. ^ 谷口克 2007, p. 65.
    145. ^ 小和田 1998, p. 214.
    146. ^ 高柳 1958, pp. 223–229.
    147. ^ 米原 2000, p. 95, 宮本義己「細川幽斎・忠興と本能寺の変」.
    148. ^ 高柳 1958, pp. 244–245.
    149. ^ 谷口研語『「地形」で読み解く日本の合戦』PHP文庫、2014年、157-160頁。
    150. ^ a b 小和田 1998, pp. 230–231.
    151. ^ 高柳 1958, pp. 249–250.
    152. ^ a b 谷口研 2014, pp. 202–207.
    153. ^ 高柳 1958, pp. 250–251.
    154. ^ 藤本 2010, p. 222.
    155. ^ 谷口研 2014, pp. 204–205.
    156. ^ 『続群書類従』所収
    157. ^ 高柳 1958, p. 272.
    158. ^ 小和田 1998, pp. 75–76.
    159. ^ 高柳 1958, pp. 272, 287–288.
    160. ^ 小和田 1998, p. 86.
    161. ^ 小和田 1998, pp. 84–86.
    162. ^ 『完訳フロイス日本史3』・第58章(第2部43章)
    163. ^ 高柳 1958, pp. 251–252.
    164. ^ 鈴木眞哉; 藤本正行 『信長は謀略で殺されたのか 本能寺の変謀略説を嗤う』 洋泉社〈新書y〉、2006年。 
    165. ^ 小和田 1998, pp. 210–211.
    166. ^ 高柳 1958, pp. 243–244.
    167. ^ 立花京子「明智光秀花押の経年変化と光秀文書の年次比定」、『古文書研究』46号、1997年。
    168. ^ 谷口研 2014, pp. 217–220.
    169. ^ 歴史読本編集部 2014, 桐野作人「"文化人"としての光秀」(研究引用元は竹本千鶴『織田政権における茶の湯』)
    170. ^ 谷口研 2014, pp. 320–324.
    171. ^ 桑田 1983, pp. 230–231.
    172. ^ 桑原三郎「明智光秀の民政」(初出:『社会経済史学』7-11(1938年)/柴裕之 編著『シリーズ・織豊大名の研究 第八巻 明智光秀』(戒光祥出版、2019年)ISBN 978-4-86403-321-3) 2019年、P241-245.
    173. ^ 宮本義己「絶頂期への軌跡-天下の面目をほどこし候-」『俊英 明智光秀』学習研究社〈歴史群像シリーズ【戦国】セレクション〉、2002年。
    174. ^ 谷口研 2014, pp. 18–19.
    175. ^ 「明智光秀生誕の地 上石津」PR事業について 岐阜県大垣市(2018年11月16日)2019年1月20日閲覧。
    176. ^ 『俊英 明智光秀』学習研究社〈歴史群像シリーズ【戦国】セレクション〉、2002年、74頁。
    177. ^ 柴 2018, p. 116.
    178. ^ 天野信景随筆集『塩尻』
    179. ^ 山口幸充『嘉良喜随筆』、中山三柳『醍醐随筆』
    180. ^ 真書太閤記』六編巻之十五「明智光秀坂本へ帰る事」
    181. ^ a b 歴史読本編集部 2014, 室井康成「明智光秀の「首塚」- その伝承が語る人間像」
    182. ^ 谷性寺
    183. ^ 亀岡市観光協会HP「明智戻り岩」2018年2021年10月26日閲覧
    184. ^ 小林 2019, pp. 135–138.
    185. ^ a b c d 小林 2019, p. 138.
    186. ^ a b 小林 2019, pp. 137–138.
    187. ^ 「福屋金吾旧期文書」『阿波国古文書 三』
    188. ^ 湯浅常山国立国会図書館デジタルコレクション7 『常山紀談』 巻之1-8巻 三教書院〈袖珍文庫 ; 第30編〉、1911年、205頁https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/778092/119 国立国会図書館デジタルコレクション7 
    189. ^ 『信長公記』 巻12 天正7年 6月4日
    190. ^ 佐久間軍記』『寛政重修諸家譜
    191. ^ 密書の原本発見 本能寺の変直後、反信長派へ”. 『毎日新聞』 (2017年9月12日). 2017年9月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月13日閲覧。
    192. ^ 藤田達生『本能寺の変の群像』雄山閣出版、2001年。
    193. ^ 『土橋重治宛光秀書状』美濃加茂市民ミュージアム所蔵
    194. ^ 本能寺の変、目的は室町幕府の再興だった? 明智光秀直筆の書状から分析”. ねとらぼ (2017年9月12日). 2017年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月13日閲覧。
    195. ^ 本能寺の変後、光秀の直筆手紙 紀州の武将宛て”. 『朝日新聞』 (2017年9月12日). 2017年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月13日閲覧。(有料記事のため全文閲覧は出来ません)
    196. ^ 藤田達生 「織田信長の東瀬戸内支配」、小山靖憲編 『戦国期畿内の政治社会構造』 和泉書院、2006年。 
    197. ^ 立花京子『信長と十字架 ―「天下布武」の真実を追う―』集英社、2004年。
    198. ^ 岐阜県観光連盟. “明智光秀の墓(桔梗塚)” (日本語). ぎふの旅ガイド. 2021年5月11日閲覧。
    199. ^ 山崎の戦いで死去したのは影武者!? 明智光秀生存伝説の謎を追う【麒麟がくる 満喫リポート】”. サライ公式サイト. 2021年5月11日閲覧。
    200. ^ 日光観光協会編 「明智平」 『日光パーフェクトガイド』 下野新聞社、1998年3月30日。ISBN 4-88286-085-6http://www.nikko-jp.org/perfect/chuzenji/akechidaira.html2012年4月19日閲覧 
    201. ^ 西塚裕一『陰謀と暗号の歴史ミステリー』笠倉出版社、2008年。
    202. ^ 岐阜県編『岐阜縣史 史料編 古代・中世四』岐阜県、1973年、878-890頁。
    203. ^ 『続群書類従 第五輯下 系図部』続群書類従完成会、1979年、172頁。
    204. ^ 廣木 2010, p. 262.
    205. ^ 関西大学中世文学研究会編 『明智物語』 和泉書院、1996年、134頁。 
    206. ^ 光秀の母に迫る(下) 「はりつけ」謀反の原因探し創作? 名の出典は不明”. 丹波新聞. 丹波新聞社 (2019年8月4日). 2021年2月12日閲覧。
    207. ^ 大槻(柴) 2019, p. 174; 仁木(柴) 2019, pp. 219–220.
    208. ^ 黒川真道 国立国会図書館デジタルコレクション 『美濃国諸旧記・濃陽諸士伝記』 国史研究会〈国史叢書〉、1915年https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/948838/96 国立国会図書館デジタルコレクション 
    209. ^ 西教寺の『實成坊過去帳』による
    210. ^ 番組公式サイトより
    211. ^ 坂本家について”. 高知県立坂本龍馬記念館. 2021年5月10日閲覧。
    212. ^ クリス・ペプラーは明智光秀の末裔 TBS番組で判明”. スポニチアネックス (2016年11月19日). 2021年5月6日閲覧。
    213. ^ “20年大河、長谷川博己さんが明智光秀役「麒麟がくる」”. 朝日新聞. (2018年4月19日). https://www.asahi.com/articles/ASL4M4WB4L4MUCVL01R.html 2019年5月13日閲覧。 
    214. ^ “大河ドラマわが町に 誘致準備会発足 長岡京など7市”. 京都新聞 (京都新聞社). (2010年11月20日). オリジナルの2010年11月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101122223325/http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20101120000042 
    215. ^ “光秀とガラシャの大河ドラマ実現へ 7市町が協議会”. 『京都新聞』 (京都新聞社). (2011年3月29日). オリジナルの2011年4月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110401150553/http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20110329000054 
    216. ^ NHK大河ドラマ誘致推進協議会ホームページ 2015年1月24日確認
    217. ^ 長谷川博己「麒麟」光秀役、最後まで葛藤「これで正しかったのか」(デイリースポーツ)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年2月7日閲覧。

    参考文献[編集]

    外部リンク[編集]