明日への願い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
明日への願い
リンゴ・スターシングル
B面 1970年代ビートルズ物語
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル アップル・レコード
作詞・作曲 リンゴ・スター
プロデュース ジョージ・ハリスン(A面)
リンゴ・スター(B面)
チャート最高順位
リンゴ・スター シングル 年表
ボークー・オブ・ブルース
(1970年)
明日への願い
(1971年)
バック・オフ・ブーガルー
(1972年)
テンプレートを表示

明日への願い(原題: It Don't Come Easy)は、リンゴ・スター1971年に発表したシングル。本国イギリスでは、リンゴにとって初のソロ・シングルとなった。

解説[編集]

A面「明日への願い」は、リンゴがアルバム『センチメンタル・ジャーニー』(1970年)制作時には書き始めていた曲で[1]ビートルズ時代の盟友ジョージ・ハリスンが、プロデュースと演奏で参加し、曲つくりにも大きく貢献していると言われている。アメリカの『ビルボード』誌では、最高位4位を獲得し、1971年度年間ランキング43位を記録した。また、『キャッシュボックス』誌ではNo.1を獲得し、(1971年度年間ランキング25位)ジョンやポールよりも先に全米No.1を手にした事で大きな話題となった。さらに、イギリスでも最高位4位を獲得し、英米で大ヒットとなった。リンゴのソロ・キャリアを代表する楽曲の一つで、『バングラデシュ・コンサート』や、リンゴ・スター&ヒズ・オールスター・バンドによる1989年以降のツアーでも歌われた。

B面「1970年代ビートルズ物語」(原題: Early 1970)の歌詞は、1番でポール・マッカートニー、2番でジョン・レノン、3番でジョージ・ハリスンのことを歌った内容で、最後は「3人全員に会いたい」と締めくくられる。2年後、リンゴはソロ第3作『リンゴ』(1973年)で、3人全員と共演することとなった。

発表当時は2曲ともオリジナル・アルバム未収録で、ベスト・アルバム想い出を映して』(1975年)に収録されていたが、『リンゴ』(1973年)がCD化された際、ボーナス・トラックとして収録された。

参加ミュージシャン[編集]

下記のミュージシャンはA面のみ参加[2]

脚注[編集]

  1. ^ 『リンゴ』日本盤CD(TOCP-3167)ライナーノーツ
  2. ^ B面「1970年代ビートルズ物語」のピアノとベースに関してはクレジットの記載なし