明故宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

明故宮(みんこきゅう)は、中華人民共和国南京東部に位置する、宮殿跡である。

永楽帝の時代に北京遷都されるまでと明末に小朝廷の皇宮として使用されて以来600年以上のも間、風雨に耐えてきた。現在は明故宮広場として整備されている。金陵新四十景之一と称されており、地元住民の憩いの場となっている。

入場料[編集]

  • 1元(2004年現在)

座標: 北緯32度02分17秒 東経118度49分03秒 / 北緯32.03806度 東経118.81750度 / 32.03806; 118.81750