明全

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

明全(みょうぜん、元暦元年(1184年)- 嘉禄元年5月27日1225年7月4日))は、伊賀国出身の鎌倉時代前期の臨済宗。号は仏樹房。

初め延暦寺の椙井房明融に師事し、その後栄西に師事して法を継いだ。1223年貞応2年)道元高照廓然らを伴って中国のに渡り、景福寺の妙雲、ついで栄西の師でもある太白山景徳寺無際了派の下で学んだ。太白山にいること3年、病に倒れ、景徳寺了然寮で遷化してしまった。

道元は明全との師弟関係9年の間に、天台教学・臨済宗黄龍派の禅・戒律などを学んだが、明全の遺骨を持ち帰り「舎利相伝記」を表し、明全の戒牒に奥書を記して永平寺に納めた。

関係論文[編集]

参考文献[編集]

先代:
栄西
臨済宗黄龍派
次代:
道元