旭川聖苑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

旭川聖苑(あさひかわせいえん)は、北海道旭川市東旭川町倉沼62番地の33にある、旭川市営の火葬場

概要[編集]

旭川市ではかつて市内台場地区に火葬場が存在したが、1961年(昭和36年)の開業から40年近くが経過し老朽化が激しかったことから[1]2000年(平成12年)2月1日に現在地に新築移転した。

ところが、火葬すべき遺体の数が炉室の数を大幅に上回るキャパシティオーバーの状態が頻発したため、2010年(平成22年)からは前日までの事前予約がある場合に限り、通常火葬を行わない友引日にも火葬を行うようになった(ただし第2友引日のみは、施設点検のため完全休業する)[2]

施設[編集]

  • 火葬炉 13基(他に胞衣炉1基)
  • 待合室 16室(洋室2室、和室14室)
  • 売店 あり
  • 告別室 7室
  • 収骨室 4室
  • 駐車場 乗用車77台、バス15台、身障者2台
  • 敷地面積 65,195m2
  • 延床面積 6,253m2

斎場は併設されていないため、通夜・告別式を行う場合は別途手配が必要である。

火葬炉メーカー[編集]

アクセス[編集]

※旭山動物園が近接している上にアクセス道路が少ないため、観光シーズンには動物園に向かう観光客の車と、火葬のための霊柩車・バス等が入り混じった渋滞が発生しがちである。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]