早見純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
早見純
本名 非公開
生誕 不明
日本の旗 広島県
国籍 日本
職業 漫画家
活動期間 1983年 -
ジャンル エロ劇画
鬼畜漫画
恐怖漫画
テンプレートを表示

早見 純(はやみ じゅん、生年月日不詳)は日本鬼畜系漫画家

来歴・作風[編集]

広島県出身。1978年に『週刊少年サンデー』が主催する「第2回小学館新人コミック大賞少年まんが部門」での佳作に選ばれる[1]。同期の漫画家に同じ新人賞佳作でデビューした高橋留美子がいる。

その後、少年漫画は自分のやりたい世界ではないと思い、5年間作品を発表せず、川手浩次西郷虹星のアシスタントを経て、1983年に現在の早見純スタイルで再デビュー[2]。以後、端正な劇画タッチで猟奇犯罪少女趣味などのタブーを暴き出す作風でカルト的人気を得る。

1989年頃に休筆し、エロマンガの編集などサラリーマン生活を7年ほど送るが、大西祥平による復刻本刊行等による再評価もあり、光彩書房発行のアンソロジーコミック『激しくて変』に発表した新作「復活祭」で2000年に再デビュー。漫画家としての執筆活動を本格的に再開する。

陰惨な描写が多い猟奇的な作風だが、時折突拍子もないギャグを織り交ぜたり、シュール4コマ漫画を描くこともある[3]

著作[編集]

単行本[編集]

  • マドンナのしずく(1984年9月 久保書店
  • 美しき屈折(1985年12月 久保書店)
  • これが芸術だ(1986年4月 一水社
  • あどけない迷宮(1987年7月 久保書店)
  • ピンクの贈り物(1987年7月 司書房
  • 必死の快楽(1988年7月 一水社)
  • 乙女の遺言(1989年1月 一水社)
  • 血まみれ天使(1999年6月 久保書店)
    • 愛蔵版(2011年12月 久保書店)
  • ラブレターフロム彼方(2000年9月 太田出版
  • 地獄のコミュニケーション(2001年2月 太田出版)
  • 純の魂(2002年9月 青林工藝舎
  • 卑しく下品に(2004年6月 一水社)
  • にえたぎる蜜(2004年11月 久保書店)
  • 変態少年―純の幸福な日々(2005年11月 久保書店)
  • 暗黒ロマンス(2009年2月 久保書店)
  • 純のはらわた(2009年7月 久保書店)
  • 性なる死想(2015年8月 あまとりあ社

同人誌[編集]

  • 自薦最低作品集 純にもぬかりはある(ひよこ書房
  • 純の自己嫌悪 自選大失敗作品集(ひよこ書房)

脚注[編集]

  1. ^ 入賞作「雪山の対決」(岡広秋名義)は『週刊少年サンデー増刊』1978年8月25日号に掲載されている。
  2. ^ 早見純『ラブレターフロム彼方』太田出版 2000年 p.201-206、早見純ロングインタビュー「マンガに、命をかけたかったんですよ」(聞き手・構成 大西祥平
  3. ^ 4コマ作品の一部は、単行本『純の魂』(青林工藝舎)巻末に収録されている。

外部リンク[編集]