早発性痴呆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

早発性痴呆(そうはつせいちほう, Dementia Praecox)とは、支離滅裂な妄想の拡大による人格の崩壊をひきおこす進行性精神障害であり、かつてエミール・クレペリンEmil Kraepelin 1856年 - 1926年)によって提唱された疾病単位である。のちにオイゲン・ブロイラーEugen Bleuler 1857年 - 1939年)は、早発性痴呆に変えてschizophrenia(スキゾフレニア、現統合失調症)という用語を提唱することになる。躁うつ病(現双極性障害)とともに内因性精神病の二大疾病単位を構成する。

クレペリンの分類体系において、破瓜病(エヴァルト・ヘッカー(Ewald Hecker)による)、緊張病(カール・カールバウム (Karl Ludwig Kahlbaum)による)、妄想病という3疾病形態を抱合した。