早川鉄冶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
早川鉄冶

早川 鉄冶(はやかわ てつや、文久3年5月25日[1]1863年7月10日) - 昭和16年(1941年6月5日[2])は、日本の衆議院議員立憲政友会立憲同志会)。外交官

経歴[編集]

備前国岡山出身[3]1884年明治17年)に札幌農学校を卒業し、アメリカ合衆国のヘイスティングズ・カレッジやドイツベルリン大学で学んだ[2]。帰国後、外務省に入省し、外務省御用掛、外務書記生、交際官試補を歴任した[2]大隈重信の知遇を得[4]1897年(明治30年)に大隈が農商務大臣に就任すると、大臣秘書官、同省参事官製鉄所事務官を務めた[3]。翌年、大隈が内閣総理大臣に就任すると、内閣書記官兼弁理公使、外務省政務局長に登用された[3]第1次大隈内閣総辞職後は実業界に入り、大小20余りの会社の発起人となるが、芳しい成果を残すことができず、やがて特許弁理士の業務に従事した[4]

1912年(明治45年)、第11回衆議院議員総選挙に出馬し、当選を果たした。

その後は横浜護謨製造株式会社監査役を務めた[5]

栄典[編集]

著書[編集]

  • 『舌弾』(1918年、耕文堂)
  • 『戦後の青年』(1919年、戦後経営調査会)

脚注[編集]

  1. ^ 『第拾壱回改選 代議士銘鑑』、国華新聞社、1912年。
  2. ^ a b c 『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』
  3. ^ a b c 『衆議院要覧』
  4. ^ a b 『財界一百人』pp.22-23
  5. ^ 『人事興信録』
  6. ^ 『官報』第3737号「叙任及辞令」1895年12月11日。
  7. ^ 『官報』第4651号「叙任及辞令」1899年1月4日。

参考文献[編集]

  • 遠間妖星 『財界一百人』 中央評論社、1912年
  • 『衆議院要覧 大正元年十一月』 衆議院事務局、1912年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第7版』 人事興信所、1925年
  • 衆議院・参議院編 『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』 大蔵省印刷局、1962年