早川恒雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

早川 恒雄(はやかわ つねお、1935年6月25日 - )は、日本の銀行家。千葉銀行頭取、会長を歴任した。2006年(平成18年)、旭日中綬章受章。

来歴・人物[編集]

千葉銀行レインボー事件以来、実に約50年ぶりにプロパーとして頭取に就任した。

頭取在任時は、3度の最終赤字を計上するなど不良債権処理に追われた。その処理を2003年(平成15年)3月期で完了させ、翌期には過去最高の当期純利益である257億円を達成した[1]。それを期に、自身は相談役に退き、会長には石井俊昭副頭取をあて、頭取には一貫して営業畑を歩んできた竹山正取締役・専務執行役員を昇格させた。

略歴[編集]

  • 1955年(昭和30年) - 千葉県立長狭高等学校卒業
  • 1958年(昭和33年)- 東北大学法学部卒業後、千葉銀行入行
    • 以降、志津支店長、企画部副部長、東京事務所所長、人事部調査役、公務部長、大阪支店長、地域開発部長等を歴任する
  • 1988年(昭和63年)- 取締役地域開発部長委嘱
  • 1990年(平成2年)- 常務取締役地域開発部長委嘱
  • 1993年(平成5年)- 専務常務取締役地域開発部長委嘱
  • 1995年(平成7年)- 副頭取地域開発部長委嘱
  • 1997年(平成9年)- 頭取
  • 2004年(平成16年)- 取締役相談役
  • 2005年(平成17年)- 相談役
  • 2010年(平成22年)- 特別顧問

脚注[編集]

  1. ^ 『日本金融通信縮刷版 2004年』日本金融通信社、2005年。