早坂忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

早坂 忠(はやさか ただし、1931年9月25日 - 1995年7月10日)は、日本の経済学史・経済思想史学者。

人物[編集]

山形県山形市生まれ[1]東京大学教養学科卒業、大学院社会科学研究科理論経済学専攻博士課程単位取得退学(木村健康に師事)。1958年、東大教養学部助手。外国語部会英語科の講師、助教授を経て、1983年8月、教授。1990年3月、定年を待たずに退職し、4月より学習院大学経済学部教授、1992年5月、退職。1995年、叙正四位、叙勲三等瑞宝章

ケインズを中心に研究を行っていたが、東大では教養学部の英語科に所属しており、経済学ではなく英語の教授だった。

著書[編集]

単著[編集]

  • ケインズ 文明の可能性を求めて 中公新書、1969

翻訳[編集]

編著[編集]

  • 近代経済学再考 稲田献一,岡本哲治と共編 有斐閣選書、1974
  • 戦後日本の経済学 人と学説にみる歩み 正村公宏共著 日本経済新聞社、1974
  • 近代経済学と日本 美濃口武雄と共編 日本経済新聞社、1978
  • 古典派経済学研究 1、3 編著 雄松堂出版、1984
  • ケインズ主義の再検討 編著 多賀出版、1986
  • 経済学史 編著 ミネルヴァ書房、1989
  • ケインズとの出遭い ケインズ経済学導入史 編著 日本経済評論社、1993

脚注[編集]

  1. ^ 大阪工業大学の上久保敏によると、早坂に関する詳細な年譜はないという(上久保敏「早坂忠の日本経済学史研究」大阪工業大学紀要人文社会篇第50巻第1号pp.1-25(NAID 110007605894)の註2)。学習院大学退職までの略歴も上久保論文で確認できる。