早坂吝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
早坂 吝はやさか やぶさか
誕生 1988年????
日本の旗 大阪府
職業 小説家推理作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 京都大学文学部卒業
活動期間 2014年 -
ジャンル 推理小説
主な受賞歴 メフィスト賞(2014年)
デビュー作 『○○○○○○○○殺人事件』(2014年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

早坂 吝(はやさか やぶさか、1988年[1] -)は、日本小説家大阪府生まれ。京都大学文学部卒業[1][2]

経歴・人物[編集]

小中学生の時にアガサ・クリスティの作品を、高校生の時に綾辻行人の作品を、大学生の時にエラリー・クイーン麻耶雄嵩を読んでいる[2]

2014年、『○○○○○○○○殺人事件』で第50回メフィスト賞を受賞し、デビュー。タイトルを当てる小説として話題を呼ぶ。

デビュー作より続く上木らいちシリーズは、性的な要素を推理やトリックに利用しているという特徴がある。一方、その他の作品ではそういった要素を極力排し、ドローン人工知能といった最先端のテーマを扱うことも多い。

文庫化の際は大幅改稿することが多い。例えば『○○○○○○○○殺人事件』の文庫版は、ノベルス版より殺人事件が一つ増えている。

作品リスト[編集]

単著[編集]

援交探偵 上木らいちシリーズ[編集]

  • ○○○○○○○○殺人事件(2014年9月 講談社ノベルス / 2017年4月 講談社文庫
  • 虹の歯ブラシ 上木らいち発散(2015年2月 講談社ノベルス / 2017年9月 講談社文庫)
  • 誰も僕を裁けない(2016年3月 講談社ノベルス / 2018年7月 講談社文庫)
  • 双蛇密室(2017年4月 講談社ノベルス / 2019年6月 講談社文庫)
  • メーラーデーモンの戦慄(2018年9月 講談社ノベルス)

探偵AIシリーズ[編集]

  • 探偵AIアイのリアル・ディープラーニング(2018年5月 新潮文庫nexyom yom』2017年6月号~2018年2月号連載の『人工知能探偵AIのリアル・ディープラーニング』を改稿
  • 犯人IAイアのインテリジェンス・アンプリファー 探偵AI 2(2019年8月 新潮文庫nex)『yom yom』2019年4月号~2019年8月号連載

その他[編集]

  • RPGスクール(2015年8月 講談社ノベルス)
  • アリス・ザ・ワンダーキラー(2016年9月 光文社 / 2020年1月 光文社文庫[3]ジャーロ』2015年秋冬号~2016年夏号連載
  • ドローン探偵と世界の終わりの館(2017年7月 文藝春秋 / 2020年7月 文春文庫別冊文藝春秋』2016年7月号〜2017年3月号連載の『ドローン探偵』を改稿
  • 殺人犯 対 殺人鬼(2019年5月 光文社)『ジャーロ』2017年冬号~2018年冬号連載

アンソロジー[編集]

  • Day to Day(2021年3月 講談社)※エッセイ、無題『tree』連載企画『Day to Day』5月19日掲載

雑誌掲載[編集]

小説
エッセイ
  • どの舞台に血を流すか(光文社小説宝石』2019年6月号)(殺人犯 対 殺人鬼に関する)
  • 未来コトハジメNEWS(日経BPのメールマガジン 2019年5月頃~)

年末ランキングなど[編集]

ランキングの正式名称はリンク先を参照、年度は刊行年月日に対応。

  • ○○○○○○○○殺人事件:文春17位、この23位、本格6位、早川7位(新人賞)
  • 虹の歯ブラシ 上木らいち発散:本格11位
  • 誰も僕を裁けない:文春18位、この15位、本格6位、早川11位、黄金選出、本格ミステリ大賞(小説部門)候補
  • アリス・ザ・ワンダーキラー:本格30位
  • 双蛇密室:文春12位、本格5位
  • ドローン探偵と世界の終わりの館:本格23位
  • 探偵AIのリアル・ディープラーニング:この19位、本格7位、早川11位
  • メーラーデーモンの戦慄:本格16位
  • 殺人犯 対 殺人鬼:文春20位、この17位、本格11位

文学賞受賞・候補歴[編集]

太字が受賞したもの

脚注[編集]

  1. ^ a b 前代未聞の“タイトル当て”! 『○○○○○○○○殺人事件』 (早坂吝 著)|自著を語る|本の話WEB
  2. ^ a b 『○○○○○○○○殺人事件』早坂 吝|講談社ノベルス|講談社BOOK倶楽部
  3. ^ 文庫化時に『アリス・ザ・ワンダーキラー 少女探偵殺人事件』に改題

関連項目[編集]

外部リンク[編集]