早坂一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
早坂一郎

早坂 一郎(はやさか いちろう、1891年12月6日 - 1977年8月19日)日本の古生物学者島根大学学長日本学術会議会員。

宮城県仙台に生まれる。東北大学理科大学地質学教室の第一期生で、1915年に卒業、同大学講師となる。1918年に理学博士助教授1928年、新設の台北帝国大学理農学部教授に就任する。1940年、同大学理農学部部長に就任。戦後は金沢大学教授、北海道大学教授を経て、1958年島根大学学長に就任。

古生代化石の研究で知られ、朝鮮、中国、台湾等の第3系化石を調査。1952年から1953年に日本地質学会会長を務めた。

参考文献[編集]