旧磯野家住宅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

旧磯野家住宅の表門
(2015年5月16日撮影)

旧磯野家住宅(きゅういそのけじゅうたく)は、東京都文京区小石川に所在する歴史的建造物(民家)。重要文化財に指定されている。

概要[編集]

茗荷谷駅から春日通りを渡った数分の所に、実業家で政治家の磯野敬(いそのけい)によって建てられた近代和風の住宅である。主屋は1909年明治42年)に着工し、1912年大正元年)に竣工した。明治末期から大正初期にかけての和風建築の粋を凝らし、材料・意匠・技法において伝統的な木造建築の技術と、明治以降の大工技術を見ることができる。現在の所有者はホテルニューオータニの創業者大谷米太郎の子孫が運営する公益財団法人大谷美術館である。

主屋の屋根と外壁に銅板が張りめぐらされている外観から「銅(あかがね)御殿」とも呼ばれている。施主の磯野敬は、千葉県夷隅出身の元衆議院議員で、「山林王」と渾名された人物であった。建築に際して、磯野は若いながらも優れた棟梁であった北見米造を自ら選び、その下に100名超の優れた職人を集めて作業に当たらせた。磯野が大工側に要望した条件は、寺院風で、地震に強く、耐火性のある住宅を建てることという3点のみであり、建築費用や工事工期には制限を設けなかった。そのため、室内の天井、欄間、建具、棚等の造作には、木曽の檜、屋久島の杉、御蔵島の桑等、国内の吟味された木材が、ガラスには当時最高級とされたベルギーからの輸入品が用いられるなど厳選された建築材料が揃えられ、それらをもとに名人技の職人により建てられたが故に、後の関東大震災太平洋戦争といった戦災の被害が及ぶこともなく、現在も竣工当時のままの姿を保っている。

住宅はその後、新潟の石油王・中野貫一が譲り受け、さらに戦後、大谷米太郎の子・大谷哲平の所有を経て大谷美術館に移管された。

主屋

主屋は敷地北寄りに建つ。木造一部3階建、銅板葺きで、外壁にも銅板を張りめぐらしている。平面はL字形を呈し、書院棟、応接棟、旧台所棟、北棟の4部分からなる。ただし、これら4部分は相互に接続しており、建物の棟数としては1棟である(主屋の玄関は南西に面しているが、以下の解説では便宜上、玄関の面している側を「西」として記述する)。書院棟は東西棟の入母屋造、平屋建、銅板葺で、西端に玄関を設ける。玄関の南に8畳、その東に8畳の仏間を設ける。仏間の東には畳廊下を挟んで12畳、12畳、12畳半の室が一列に並ぶ。東端の12畳半は床(とこ)、棚、付書院を設けた座敷である。書院棟の北側から東側にかけて畳廊下と濡縁をめぐらし、南側には板廊下をめぐらす。書院棟西端の北側に接して矩折(かねおり)に南北棟、入母屋造、3階建、銅板葺の応接棟が建つ。前述の玄関の北には内玄関と階段室があり、その北に8畳を設ける。応接棟の2階は12.5畳、3階は10畳の座敷とする。応接棟の北に接して南北棟、入母屋造、平屋建、銅板葺の旧台所棟があり、さらに北に接して東西棟、切妻造、平屋建、鉄板葺の北棟がある。[1]

表門

表門は、1913年(大正2年)に竣工、主屋に劣らず金に糸目を付けず趣向を凝らした門である。四脚門の柱は尾州檜の太い丸太を使い、屋根は美しい曲線を描き、垂木の構造も独特である。門は、7cmもの厚みを持つ楠木の一枚板で作られている。

保存[編集]

大谷家はこの住宅の保存と維持継承を考え、愛着を持って丁寧に使いながら、保存のために技術的に万全を期した。都心の中で、隣接地でのマンション建設等、周辺環境が大きく変わって行く中でもこの建物を守りたいと考えた。そして、建物自体も銅御殿と言われるようにユニークな建物であったこと、技術的、意匠的にもしっかり造られていることなどが今日に生かされている。

保存にかかわった鈴木博之は以下のように述べている。

都心での文化財のあり方、文化財を保存する人の負担と、その文化財から恩恵を請ける人、どうコントロールすればよいか。この住宅保存の成功例から、都心部の建物だけではなく、地方にも明治末から昭和初期にかけての立派な建物が残っている、今後、文化財のあり方も含め十分に検討していかなければならない大きな課題である。 — 鈴木博之『保存言論-日本の伝統建築を守る-』澤崎明治、市ヶ谷出版社、2013年

建築概要[編集]

主屋 - 建築面積547.08m2、木造平屋建て、一部3階建、銅板葺
表門 - 四脚門、切妻造、銅板葺
  • 設計 - 北見米造
  • 施工 - 北見米造
  • 所有者 - 公益財団法人大谷美術館
  • 文化財 - 国の重要文化財2005年平成17年)12月27日指定。指定対象は以下のとおり(土地を含めての指定)。[2]
    • 旧磯野家住宅 2棟 
      • 主屋
      • 表門 南北屋根塀・脇門附属
      • 土地3,086.20平方メートル

見学状況[編集]

  • 見学実施日 - 不定期で春季と秋季の金、土曜日に実施
  • 見学時間 - 午前11時、午後1時の1日2回
  • 所要時間 - 45分程度
  • 申込方法 - 往復葉書にて申込む
  • 見学方法 - 敷地内のみで建物内は未公開
  • 見学費用 - 540円
  • 文化財ウィーク期間中は、建物の公開をする。ただしこれは抽選制。見学費用は800円。

交通[編集]

鉄道

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「新指定の文化財」『月刊文化財』507号、第一法規、2005、pp.21 - 24
  2. ^ 平成17年12月27日文部科学省告示第180号

関連文献[編集]

  • 鈴木博之著『保存言論-日本の伝統建築を守る-』澤崎明治、市ヶ谷出版社、2013年5月30日。
  • 東京人』 - 国立国会図書館デジタルコレクション - 都市出版、特集国宝、文化財-建築を見に行こう「銅御殿-旧磯野家住宅」2010年7月。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度43分8.42秒 東経139度44分17.76秒 / 北緯35.7190056度 東経139.7382667度 / 35.7190056; 139.7382667