旧北海道銀行本店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
旧北海道銀行本店
Former Hokkaido Bank Head Office01s3.jpg
情報
旧名称 北海道銀行本店
用途 飲食店、事務所
旧用途 銀行[1]
設計者 長野宇平治[2][3][1]
施工 加藤忠五郎[1]
管理運営 北海道中央バス[2][4]
構造形式 石造亜鉛ぶき、一部鉄筋コンクリート[3]
延床面積 2,744.59平方メートル[3]
階数 地上2階地下1階、一部地上3階地下1階[2][3]
竣工 1912年(明治45年)7月[2][4]
所在地 047-0031
北海道小樽市色内1丁目8-6[5][4][1]
座標 北緯43度11分48.4秒 東経141度0分2.7秒 / 北緯43.196778度 東経141.000750度 / 43.196778; 141.000750座標: 北緯43度11分48.4秒 東経141度0分2.7秒 / 北緯43.196778度 東経141.000750度 / 43.196778; 141.000750
備考 小樽市指定歴史的建造物第6号[3][1]
テンプレートを表示
石造部分全景
小樽バイン広告の中央バス車両

旧北海道銀行本店(きゅう ほっかいどうぎんこうほんてん)とは、北海道小樽市にある歴史的建造物の名称。

概要[編集]

旧北海道銀行(現存する北海道銀行とは無関係)の本店として1912年明治45年)7月に建てられた。本体は石造り地上2階・一部地下1階で、大正時代に2倍に増築。1931年昭和6年)に鉄筋コンクリート地上3階・地下1階の新館が増築された[2][6]

旧北海道銀行は1944年(昭和19年)に北海道拓殖銀行へ吸収合併され、その後しばらくの間は北海海運局の庁舎として使用。1965年(昭和40年)8月24日北海道中央バス(中央バス)が取得し本社ビルとした[2][3]

1985年(昭和60年)7月23日小樽市指定歴史的建造物(第6号)に指定された[3]

内部は急傾斜の木造階段、鉄製の重い扉、頑丈な金庫などが残されている。吹き抜け部分に2階を造作、窓やドアの鉄枠がアルミサッシに改造されているが、外観上の変化はほとんど見られない[2][3]

小樽バイン[編集]

1996年平成8年)に一部を飲食店に改装し、「ワインカフェ & ショップ 小樽バイン」として営業を開始した。バインはワイン(Wine)のWを中央バス(Chuo Bus)のBおよび銀行(Bank)のBに変えた造語で、ドイツ語でワインを差すWeinの意味も持っている[7]

正面は小樽バインの玄関となり、中央バス本社の玄関は奥側の新館横に設けられている。

交通アクセス[編集]

周辺[編集]

周辺は「北のウォール街」と呼ばれるほど金融機関が密集していた。小樽市により「歴史的建造物および景観地区」として保存されている[3]

参考文献[編集]

  • 『北海道中央バス四十年史』北海道中央バス、1984年。
  • 『北海道中央バス五十年史』北海道中央バス、1996年。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 旧北海道銀行本店”. 小樽市. 2012年2月23日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 『四十年史』 p. 156
  3. ^ a b c d e f g h i 『五十年史』 p. 132
  4. ^ a b c 『五十年史』 p. 131
  5. ^ 『四十年史』 p. 155
  6. ^ 『五十年史』 pp. 131 - 132
  7. ^ サイトマップ”. 小樽バイン. 2012年2月21日閲覧。
  8. ^ a b 交通アクセス”. 小樽バイン. 2012年2月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]