旧ドレウェル邸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

旧ドレウェル邸(きゅうドレウェルてい)は、兵庫県神戸市中央区にある西洋館

外観

概要[編集]

2階 ベランダ
2階 居間(休憩室)

ラインの館という愛称で知られる。重伝建北野町山本通の伝統的建造物に指定されている。

1915年フランス人J.R.ドレウェル (J.R.Drewell) 夫人の邸宅として建てられたもの。永らくドイツ人が居住していたが、近年神戸市が所有者となって一般に公開されるようになった。

入館料は無料で、1階と2階に各々休憩所が設けられている。

館内[編集]

  • 1階 - 厨房、食堂、居間、応接間、ベランダ、玄関ホール
  • 2階 - 寝室3室、使用人室、浴室、湯沸室、ホール

建築概要[編集]

  • 所有者 - 神戸市
  • 竣工 - 1915年
  • 構造 - 木造、地上2階、寄棟造、桟瓦葺、下見板張り、軒蛇腹、よろい戸
  • 延床面積 - 主屋:415.35m2 (1階 211.00m2、2階 204.35m2)+付属屋
  • 敷地面積 - 903.60m2
  • 所在地 - 〒650-0002 兵庫県神戸市中央区北野町2-10-24
  • 備考 - 北野・山本地区の伝統的建造物 (1979年12月27日認定)

交通アクセス[編集]

ギャラリー[編集]

周辺情報[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度42分04.16秒 東経135度11分28.19秒 / 北緯34.7011556度 東経135.1911639度 / 34.7011556; 135.1911639