旧サッスーン邸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

旧サッスーン邸(きゅうサッスーンてい)は兵庫県神戸市北野町にある異人館。北野・山本地区の伝統的建造物。

東側(パノラマ)

概要[編集]

1892年明治25年)にチャン氏の自邸として建造された西洋館であるが、1985年まで居住していたユダヤシリア人貿易商デヴィット・サッスーン(1910年-1991年)の名をとり、一般に旧サッスーン邸と呼ばれている。 外観は典型的なコロニアルスタイルで、館の南側に広大な庭園があり、内部は木彫など優れた意匠で飾られている。

現在、一般公開はされておらず、館内に設置されたチャペルと100坪の芝生庭園を使ったウエディングの会場として利用される。

施設[編集]

  • バンケット
  • チャペル
  • ガーデン
  • ゲストルーム

建築概要[編集]

  • 設計 - 不詳
  • 竣工 - 1892年
  • 構造
    • 主屋・付属屋 - 木造、地上2階建、寄棟造、桟瓦葺、外壁下見板張、オイルペンキ塗、洋小屋組、ベイウィンドウ、鎧戸付上げ下げ窓、、ガラス建具入ベランダ
    • 薬医門 - 木造、桟瓦葺
    • 塀 - 尖頭板、オイルペンキ塗
  • 所在地 - 兵庫県神戸市中央区北野町2-16-1

交通アクセス[編集]

周辺情報[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度42分6.9秒 東経135度11分30.8秒