日龍峰寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日龍峰寺
Nichiryuubuji2008-04.jpg
本堂(岐阜県指定重要文化財)
所在地 岐阜県関市下之保4585
位置 北緯35度32分44.63秒 東経136度58分20.85秒 / 北緯35.5457306度 東経136.9724583度 / 35.5457306; 136.9724583座標: 北緯35度32分44.63秒 東経136度58分20.85秒 / 北緯35.5457306度 東経136.9724583度 / 35.5457306; 136.9724583
山号 大日山
宗旨 古義真言宗
宗派 高野山真言宗
本尊 千手観世音菩薩
創建年 伝・5世紀前期
開基 伝・両面宿儺
中興年 伝・鎌倉時代
中興 伝・北条政子
正式名 大日山日龍峰寺
別称 高澤観音、美濃清水
札所等 美濃三十三観音1番
中濃八十八ヶ所61番
文化財 多宝塔(重要文化財
本堂(岐阜県指定重要文化財)
法人番号 7200005007922 ウィキデータを編集
テンプレートを表示

日龍峰寺(にちりゅうぶじ)は、岐阜県関市下之保にある高野山真言宗寺院である。山号は大日山。高澤観音とも呼ばれる。また本堂が京都の清水寺本堂に似た舞台造り(懸崖造)であることから「美濃清水」との異名がある。本尊は千手観世音菩薩美濃三十三観音霊場第一番札所(かつては第二十五番札所)。中濃八十八ヶ所第六十一番札所。

沿革[編集]

寺伝によれば、5世紀前半の仁徳天皇の時代、美濃国日本書紀にも登場する両面宿儺(りょうめんすくな)という豪族がいた。両面宿儺はこの地方に被害を及ぼしていた龍神を退治し、龍神の住んでいたこの山に祠を建立したのが始まりと伝わる。鎌倉時代北条政子によって再興されたと伝えられている。

室町時代応仁の乱によって多宝塔を残し堂宇の大半を焼失した。その後、江戸時代になって現在の伽藍が整えられた。

伽藍[編集]

  • 仁王門 - 享保3年(1718年)建造[1]
  • 本堂 - 江戸時代前期の寛文10年(1670年)建立。岐阜県指定重要文化財。
  • 多宝塔 - 鎌倉時代後期、北条政子によって建立されたと伝えられる。重要文化財
  • 鐘楼
  • 千本檜
  • 薬師堂
  • 金毘羅堂
  • 庫裡
  • みたらしの霊水

行事[編集]

  • 1月17日:初観音
  • 2月第一日曜:星まつり
  • 4月上旬:桜まつり
  • 8月17日:千日供養
  • 10月17日:紅葉まつり

所在地[編集]

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ お寺の風景と陶芸

外部リンク[編集]