日高孝次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日高 孝次
Hidaka Koji and Tsuyako.JPG
妻・艶子とともに(1954年)
生誕 (1903-11-04) 1903年11月4日
日本の旗 日本 宮崎県宮崎郡広瀬村
死没 (1984-08-15) 1984年8月15日(80歳没)
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 海洋物理学
出身校 東京帝国大学
主な業績 日本海洋学会の設立
主な受賞歴 東宮御成婚記念賞(1934年)
モナコ大公アルベール1世記念メダル(1966年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

日高 孝次(ひだか こうじ、1903年11月4日 - 1984年8月15日)は、日本海洋物理学者である。弟は歴史学者日高次吉

経歴[編集]

1903年に宮崎県宮崎郡広瀬村(現・宮崎市)で出生。第七高等学校造士館卒業後、東京帝国大学理学部物理学科に進学し大正15年(1926年)に同大学を卒業。その後すぐに中央気象台に入庁、海洋気象台で勤務した。

昭和9年(1934年)に「湖沼の振動及び海流に関する海洋物理学的研究」で帝国学士院から東宮御成婚記念賞を受賞した。昭和16年(1941年)にほかの日本の海洋学者らとともに日本海洋学会を設立し、自身も昭和23年(1948年)から昭和41年(1966年)まで同会会長を務めた[1]。昭和17年(1942年)に東京帝国大学地球物理学教室で第一講座教授の担当になった。「結婚は青年男女個人個人が、相手の異性が果たして自分に適当なものか否かを自分の目で観察し、多数の中から最後の一人を選ぶのが最も好ましい」という信念を有しており、昭和21年(1946年)から昭和53年(1978年)まで、自宅を開放するなどして妻とともに若い男女交際の仲介を目的とする日高パーティーを主宰した。日高本人も当パーティーにて4番目の夫人と出会い昭和49年に結婚している。但し当人は海洋学者としての意識が強く、「日高パーティーの日高」と言われることを嫌っていたという。

その後は昭和37年(1962年)に東京大学海洋研究所所長、東海大学教授になどに就任した。昭和41年(1966年)に数々の海洋物理学に対する功でモナコ大公アルベール1世記念メダルを受賞した。昭和53年(1978年)に日高パーティは解散。昭和59年(1984年)8月15日、脳梗塞により死去。

著書[編集]

  • 『海の波・大阪湾の振動』海洋学会 1935
  • 『数値積分法』岩波書店 1936
  • 『積分方程式論』応用数学 河出書房 1941
  • 『海流の話』岩波書店 1941 少国民のために
  • 『海と人』小山書店 1943
  • 『応用積分方程式論』河出書房 1943
  • 『数値積分と数値計算』岩波書店 1949
  • 『海の科学』小峰書店・小学生文庫 1951
  • 『海流』岩波全書 1955
  • 『海の神秘』学生社新書 1956
  • 『海洋学との四十年』日本放送出版協会 1968
  • 『海洋の開発』ポプラ社 1973

共著編[編集]

  • 『地学概論』小林貞一らと共著 朝倉書店 1949
  • 『現代の結婚』日高艶子共著 ダヴィッド社 1957
  • 『エチケット 淑女の資格・紳士の条件』日高艶子共著 光文社カッパブックス 1958
  • 『若い日の愛と交際』日高艶子共著 青春出版社・青春新書 1959
  • 『結婚の手引 愛することと愛されること』日高艶子共著 青春出版社・新書 1961
  • 『デイトから結婚まで そのエチケット』日高艶子共著 紀元社 1961
  • 『少年少女文学風土記 ふるさとを訪ねて 12 宮崎』編 泰光堂 1962
  • 『自分の思うようになる交際術』日高艶子共著 青春出版社・新書 1962
  • 『海洋開発の基礎』共著 ラテイス 1969
  • 『見合のエチケット 良縁への条件』日高艶子共著 潮文社 1972

翻訳[編集]

  • コーニッシュ『海の波』小山書店 1944 のち中央公論社
  • レーチェル・L・カーソン『海 その科学とロマンス』文芸春秋新社 1952
  • サー・ウィリアム・ハードマン『海洋学の創始者達とその業績』東海大学出版会 1971
  • J.E.スミス 編著『トレー・キャニオン号海難による海洋汚染と生物環境 英国海洋生物学協会プリマス研究所報告』宇田道隆共訳 日高海洋科学振興財団 1973

脚注[編集]

関連項目[編集]

先代:
岡田武松
日本海洋学会会長
第2代:1947年 - 1966年
次代:
速水頌一郎