日隆 (本門法華宗)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日隆(にちりゅう、1385年11月17日(至徳2年10月14日) - 1464年4月1日(寛正5年2月25日))は、室町時代法華宗日蓮宗)の僧。幼名は長一丸。号は深円・慶林坊・精進院。本門法華宗法華宗本門流の祖[1]本門佛立宗では「門祖」と称えられている。

略歴[編集]

1385年(至徳2年)桃井尚儀の子として越中国射水郡(現・富山県射水市)に生まれる。1396年(応永3年)遠成寺・日深を師として出家。名を深円と称す。1402年(応永9年)妙本寺(現・妙顕寺)4世・日霽に師事して修学。名を日隆と改める。1410年(応永17年)法華経に対し、妙本寺5世・月明と対立。日隆は本迹勝劣を主張し、妙本寺を退出。五条西洞院の像師堂(現・妙蓮寺)で研鑚。1415年(応永22年)小袖屋宗句の寄進により、本応寺(現・本能寺)を建立。1420年(応永27年)細川満元の寄進により、本興寺を建立。1464年(寛正5年)本興寺で入滅。享年81。日隆は生涯に渡り、3千余帖(363巻)の著述を残し、16箇寺の寺院を建立した。1451年(宝徳3年)に大阪堺の錺屋、木屋の篤信者により顕本寺を建立[2]

脚注[編集]

  1. ^ 日本仏家人名辞書
  2. ^ 中外日報(2013年4月27日)